« 役行者さま昇天の日イブ | トップページ | 今日は大念仏寺晋山式 »

尊徳翁語録2題

「尊徳翁語録二題」

友人から二宮尊徳の語録集(やまと文庫)を紹介され、この間から読んでいる。

尊徳といえば、昔はどの小学校にも、薪を担いで歩きながら本を読んでいる銅像が建っていて、刻苦勉励、勤労倹約の象徴のような人物というイメージである。しかし語録を読み進めるとなかなかどうして、じつに合理的な考えの持ち主であり、仏教の造詣も極めて深く、含蓄と示唆に飛んだ多くの文章に出会った。少し長くなるがその中で特に気に入った一文を紹介したい。

「浄土と書けば、清浄な美しい土地である。静土と書けば、閑静なよい土地である。上土とすれば、この上なくよい土地である。定土とすれば、安居できるよい土地である。常土ならば、常住できるよい土地である。実に、浄土という音もおもしろいものではないか。思うに、一心を悟れば、どのような土地にいても、すべて浄土である。士農工商がおのおの業務を楽しみ、その他のことを顧みないならば、それも浄土である。たとい子孫が多くてもその家に安住できずも、衣食を失ったならば、すなわち地獄である」(浄土ということば・巻三の二四三より) 

刮目させられる文章である。私たちは浄土に生かされている。それは静土でもあり、上土でもあり、定土でも、常土でもある。しかしその浄土はまた地獄にも変わりうる。浄土を作り出すのも地獄を作り出すのも我が一身にある。改めて自分の足元を見つめ直している。

「地獄極楽は十万億土にあると言う。私の考えでは眼前にもある。うぐいすがさえずり人が聞いている、これは極楽だ。人が捕らえようとしてうぐいすが逃げる、これは地獄だ。貧富が互いに譲り合えば極楽だし、奪い合えば地獄だ。地獄極楽は眼前にあるではないか。」(地獄極楽は眼前に・巻五の四三七より)

まさに地獄極楽は眼前にある。我が一身にあるのである。このほか尊徳語録にはまだまだ多くの名文がある。みなさまにも是非一読をお勧めしたい。

« 役行者さま昇天の日イブ | トップページ | 今日は大念仏寺晋山式 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日は秋田事件のコメントありがとうございました。
現代人の生活が“土”から離れてしまい、
生活基盤(根を張るところ)が不安定で
心も落ち着かなくなってしまっているように思えます。

>生活基盤(根を張るところ)が不安定で
>心も落ち着かなくなってしまっているように思えます。

 ホントに今の日本人は帰属するものを喪失しつつありますね。家族、村落共同体、会社共同体、そして国。

 もっというと自然や大地や・・・・。

 どこへ行こうとしてるのでしょうかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 役行者さま昇天の日イブ | トップページ | 今日は大念仏寺晋山式 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ