« 奈良図書情報館へ | トップページ | 痛風と比叡山サミット »

明日から比叡山サミットに参加

804 明日から「比叡山サミット宗教世界宗教者平和の祈りの集い」である。京都国際会議場で午後から開幕するが、私は午後1時に自坊の月例護摩供があるので、それが終わって、歓迎レセプションから参加の予定。

明後日は午前中国際会議場でシンポがあり、午後に比叡山に会場を移して、平和の祈りを捧げることになる。

ここ10年くらい毎年参加している(写真は昨年の平和の祈り)。

祈りの持つ意味をいつも考えさせられるひとときである。

2007年08月01日の読売新聞に半田座主のお話が出ていた。
ご参照あれ ↓

http://osaka.yomiuri.co.jp/kokorop/kp70731a.htm

« 奈良図書情報館へ | トップページ | 痛風と比叡山サミット »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、肥田と申します。
以前から吉野山人さまのブログがお気に入りで、楽しく拝読させていただいております。
実は今回の宗教サミット、私も裏方でお手伝いさせていただいておりました。夫が中心となり、通訳を務めさせていただきました。
通常はブース内の業務ですが、レセプションは逐次のため、お見苦しい顔(ひげのある国籍不明な感じの・・・)を表にさらしてしまったようで、ご記憶におありかと思います。
私も根本中堂に参りましたが、その折、三宅善信先生とお話なさっていらっしゃる吉野山人様のお姿をお見かけ致しました。
WCRP,ACRP,IARFなどの会議のお手伝いもさせていただいておりますので、またどこかでお目にかかる機会もあるかと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
P.S.
東京大井のお寺のご縁で、えちごやさんや圓眞さまとも時々お会い致します。

同じく、初めてコメントさせていただきます。
足あとを残したことはありませんが、愛読させていただいており、mixiも拝見しております。
世界遺産登録にあたって色々な思いを抱かれていたご様子は大変印象深いものでした。
益々のご活躍を楽しみにしております。

肥田さま、圓眞さま、コメントありがとうございます。

比叡山サミットはここ10年くらいずっと行かせていただいております。今20と17と15になる子供も中学生の時に順番に連れて行きました。

サミットはいつも大変だなあと感心をいたしております。お手伝いは出来ませんが、参加させていただいているのもそういう思いのひとつです。

歓迎レセプションで旧知の谷天台宗総務部長(サミットでは事務局財務部長でしたね)さんと、サミットをどうやって宗内でフィールドバックさせているのか伺ったりしていましたが、さまざまなご苦労の末の20年で会ったと思います。

世界の宗教者の対話はもとより、伝統教団と新宗教との橋渡しの役目も国内的には担っているこの取り組みはかけがえのないモノだと思っております。

まあ、ホントにいろいろ大変でしょうが。。

小さな教団ながら宗務を預かる身としてはそのご苦労がつくづく実感いたしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良図書情報館へ | トップページ | 痛風と比叡山サミット »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ