« 首尾は・・・ | トップページ | 38度 »

ぎっくり腰。。

Tangka5_2 昨日で吉野の宗務を終え、夜、自坊へ帰山。。

今朝から息子2人をたたき起こして、墓掃除に行ってきました。

ところが朝早くから張り切りすぎたのか、1時間あまりの墓掃除を終えて、一休みしたら、なにやら腰が・・・。

前回の自坊では痛風で苦しみましたが、今回はどうやらぎっくり腰になったもよう。重度ではなく軽度のものですが、しかしうつむくたびに腰に電流が流れ、ぴりって痛みます。

いやはやとんだ盆帰りになってしまいました。

明日は信徒宅への盆参り。明後日は施餓鬼法会です。

*ちなみに写真はチベット旅行の時に撮った写真で文中の内容とは関係ありません。

« 首尾は・・・ | トップページ | 38度 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あらあら・・・
ご自愛なさいませ、忙しいシーズンでしょうから無理をなさいませぬよう。

私も先日お墓参りに実家へ戻ってまいりました。
とは言いましても、出張と出張の谷間の移動休みの日に無理やりの帰省でしたから、ろくにゆっくりも出来ませんでしたけどね(苦笑)

だけど、実家を目指す夕暮れ時の列車の窓から大きな虹がずっとずっと見えていたのは嬉しかったです。
何だか『良く帰ってきたね』って、ご先祖さまに迎えられているような気分でした。

さやのさん、どもです。

>忙しいシーズンでしょうから無理をなさいませぬよう。


そうですね、、。世のお坊さまはお盆は大変忙しいのでしょうね。でも私は葬式専職の僧侶ではなく、檀家もほとんどありませんので、お盆参りは大していきません。

信者寺ですので、信者さんの中で、どーーーーうしてもと、乞われるところだけ行っています。以前はそれでも10軒ほどは廻ったのですが、ホントにこの時期のお参りというのは大変で、最近は本当に行かないといけないという、4、5軒しか行ってないのです。まあ、ちょっとしか行かないので行った先で結構ゆっくりさせて頂きますが…。檀家寺だとそういうわけにはいかないでしょうがねえ。私の場合、一軒あたり平均小1時間は居ますからね。

そんなわけで、私はそう忙しくはないのですよ。

そういう意味では世のお坊様はお仕事とはいえ、お気の毒ですね。

今日は朝9時半から1時半まで4軒のお参りでした。

明日は朝から施餓鬼法要です。これもお参りは5,6人程度ですので。。

お陰様でぎっくり腰は悪化せず、終息しつつあります。お見舞い有り難うございます。

檀家寺と信者寺の区別も良く理解もせず・・・物知らずな言動で、失礼致しました。
しかし、御腰の具合が良好だと聞き安堵いたしました。

昨日は婚家の精霊流しについて参りました。
地域毎にお盆のスタイルは少しづつ違っていて、興味深くおもいました。
(私の実家には精霊流しの習慣は無いのです)
吉野の施餓鬼法要はどんな様子なのでしょう?
想いを馳せつつ、本日からまた出張です。
また、お邪魔致します。

そうですねえ。

先祖供養のやり方は地域によりいろいろありますねえ。
谷一つ違えば風習が違ったのが日本でした。

最近廃れつつありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 首尾は・・・ | トップページ | 38度 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ