« 明日も「比叡の光」 | トップページ | OMAの心で行こう! »

夢は砕けて夢と知り、愛は破れて愛と知り…

今朝の読売新聞のコラムに、今年亡くなった作詞家阿久悠さんの詩が紹介されていた。

 夢は砕けて夢と知り
 愛は破れて愛と知り
 時は流れて時と知り
 友は別れて友と知り…

私は思う…人生には学びが多い。楽しいことも哀しいことも。
そしていずれ僕たちはみんな誰でも死んでいく。

…阿久さんの詩を見つめて、そんなことを感じている平成19年の、おだやかな、年の瀬である。

« 明日も「比叡の光」 | トップページ | OMAの心で行こう! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日も「比叡の光」 | トップページ | OMAの心で行こう! »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ