« OMAの心 | トップページ | 再び怒濤の日々・・・ »

おかげさまで・・・

昨日は長女の専門学校の卒業式。
忙しい中、神戸まで出かけて、夫婦で出席してきた。
まあ、親ばかかも知れない。
子どもは4人がいるが、彼女は一人娘の長子ってことで、親ばかも許されるだろう。

長女は高校時代、中学から続けていた吹奏楽部のクラブ活動は熱心だったが、朝が弱い彼女はよく寝過ごしたりで、出席数が危なかったし、進級のたびに担任と親がはらはらさせられた。入学時に入試成績がよかったので、特進クラスの入ったのだが、クラブに一生懸命だった分、勉強が出来る割に、成績では結構、母親に心配もかけていた。ほかにも、いろいろと彼女の責任以外の出来事があって、勉学をおろそかにさせてしまった感もある…。

そんな娘が神戸での一人暮らし…。さてさてちゃんと毎朝学校に行けるのかと危惧したが、2年間、いろんな資格を取って、無事卒業したのは彼女なりにかなり頑張ったのだ。

なにしろ彼女が5歳の時から父親は単身赴任中である。よく立派に育ってくれたのだと思うし、妻にも苦労を掛けたに違いない。

卒業式を終えて、晴れがましく振り袖を着た娘が、嬉々としながら、「とうさん、これ、あとで読んで」って、手紙を渡してくれた(もちろん母親にも渡してましたよ)。

「今まで育ててくれてありがとう。…お父さんの娘で生まれて良かったです。大好き!」

大してなにもしてやれなかったように思うが、それでもちゃんと感謝の言葉を親に言える娘になってくれていたことがとても嬉しかった。なんといっても素直な娘であることがうれしい。親冥利に尽きるとはこのことかもしれない。

ウチの家は誰にも子ども部屋を与えていない。机はそれぞれ買ったが、個室に仕切っていないので、勉強も家族の座るテーブル茶托ですることが多い。今時は珍しいことなのだろうが、寝るのも家族揃って、川の字である。いささか夫婦生活には齟齬もあるし(爆)、年頃になった娘には気の毒ではあったが、そういう家族どおしのふれあいが四六時中とぎれない生活の中で、よい子に育ってくれたのだと思う(貧しいことを自慢してるわけでも、言い訳しているわけでもないのだけれど…)。

勿論高校の時は難しい時期もあった。加えて父親がほとんど家にいなかったにも関わらず、ふつーにすくすく育ってくれたのは、家族のふれあいが彼女を支えてきたのだと思う。

ありがたいことだと思う。本当に 「有り 難い」。今は普通に育つこと、生活することがだんだん難しい世の中のように思うだけに、ふつーに育ってくれた娘に、家族に、そして周りの人々に感謝している。
Sn370302 Sn37

« OMAの心 | トップページ | 再び怒濤の日々・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘さんのご卒業おめでとうございます。
なんともいえないお顔ですね。
私には孫が5人おりまして、孫にベタベタの
状態です。孫が元気なのが何よりでありがたいと感謝しております。

ご卒業おめでとうございます
うちも今年長女が高校3年生
親に似ない子で
今から受験勉強しておりますわ
しかし子供というのは
あっという間に大きくなるもんですね~

ご卒業おめでとうございます
うちも今年長女が高校3年生
親に似ない子で
今から受験勉強しておりますわ
しかし子供というのは
あっという間に大きくなるもんですね~

宏進さん。おひさ~です。

コメントありがとうございます。

盲腸炎は回復しましたか。

オペ後、病院が抗生剤の投薬を失念したらしく
見事な膿瘍ができました
先週まで毎日点滴通いで、小さくなってきたので
経口投与で
今は自宅で療養中です(;;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OMAの心 | トップページ | 再び怒濤の日々・・・ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ