« 桜フォーラムが読売新聞紙上に掲載! | トップページ | 高橋伴明監督vs吉野山人 »

母の病

3月5日に胆嚢摘出手術を母が受け、一応手術は成功したものの、その後、なかなか回復しません。

ま、84歳という年齢を考えると、開腹手術はやはりこたえたようです。

手術には立ち会い、翌日早朝に顔だけ見て、吉野に行ってましたので、昨日久しぶりに病室を訪ねました。順調なら16日に退院予定と、手術前に言われていたのですが、やはり年齢的にそう簡単に回復はしなかったので、まだ病室にいました。久しぶりの顔は、かなり回復してはいても、病人顔で、窶れていました。

どうも朝と夜とを間違えていて、顔を見たときの会話がかみ合わず、ぼけたのかなあと心配しました。病院にいるとそんなものでしょうし、高齢での全身麻酔はちょっとぼけることもあるらしいので、そんなに心配するほどのこともないようです。

私もここ10日ほどはいろいろ身辺で問題もあり、母のことも気に掛かりながら、ほったらかし。今日から少し親孝行をしないといけないなあと思っています。

« 桜フォーラムが読売新聞紙上に掲載! | トップページ | 高橋伴明監督vs吉野山人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつものことながら、いろいろ大変ですね~?(^_^;)

この際、せっかくだから雑事(笑)から離れて
お母様孝行と奥様孝行に勤しんで下さいませ!!
p(^-^)q

母上様の容態が心配でしたが、その後のアップで触れられて無かったので、経過はいいと思っていました。私は母を13年前、父を5年前に亡くしています。親からは
きつーい事を言われました。親孝行とは、
親と同居?近くに住むことだそうです。長男の私だけ大阪住まい、で父が亡くなる
5時間前に病室に行った時など、いきなり
この親不孝者、親の死に目に帰ってくるのが、親孝行とおもっとんか?と、怒られました。そのあと、葬式の写真、お墓のはなし、残した財産、などの話をして、ベットの横で寝たまま、夜中に亡くなりました。
山人様忙しいと思いますが、綾部に帰った
時は母上様との時間をとってあげてください。親は息子が、そばに居るだけで嬉しくて、元気になります。
言い過ぎてる事をお許し下さい。

BBさん、博治さん。。

そうですね・・・親孝行が足りませんです。

いろいろ反省の毎日を送っております。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜フォーラムが読売新聞紙上に掲載! | トップページ | 高橋伴明監督vs吉野山人 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ