« 故郷の哀しい事件 | トップページ | 全打席ヒット »

早起き、すぎる??

夜中の3時に目が醒めた。美味しい豚丼のお店に行って食べはぐれた瞬間に目が醒めた。食い意地の張った情けない目覚めである。

ともかく奥駈にいくわけじゃないんだから、早起きすぎる。

原書房という出版社から予定している朝カル鼎談の新刊書に関係する原稿などを整理するのにそのままおきて今までごそごそしていたが、二度寝しよっと。

今日は自坊の月例護摩である・・・・。常勤の助法者も欠席ばかりで、参拝者はいつも以上に少ないようだが。

早起きは3文の値打ちもない、今朝である。

« 故郷の哀しい事件 | トップページ | 全打席ヒット »

コメント

あら、やだ!(市原〇子風に♪笑)
本日は御自坊の月例護摩の日…
だったんですね?(·_·;)
私ってば三日ぼうず以来そこら辺にかかりっきり(笑)みたいで
あまりに山人様がサクサクとブログ更新していらっしゃるから
大事なお勤めのこと気が付かなくて、申し訳ございません!σ(^-^;)
奈良の方はあんまり良いお天気ではなかったんですけど、
綾部の御自坊の方は如何?
そういえばもうすぐ蓮華会などでまた吉野のお山へUターン(笑)ですね~?f^_^;
事故無く怪我無く、どうぞ お気をつけて!!(^人^)

そう・・・サクサクと更新中です。

わぁ~い!もしかしたら、明日起きたら新ネタ(笑)がズラッと…♪♪♪
ってことになっているのかもしれませんね~?(*^_^*)
ちなみに私は明日は山人様の代わりに(?笑)
3時起きです。(^^ゞ
4日5日は最後の京都グルグル(笑)で、
しばらく音信不通になるかもしれません!(≧▽≦)ゞ
帰ったらまた鬼のよう(笑)にコメント入れさせていただきますので、
よろしくお願いいたします!(^人^)

今日も3時起きでした。BBさんとはほぼ同じ頃に目覚めたのかしら。

千日行者さまの京都大回り随喜ですか・・・。


私も30年くらい前に酒井阿闍梨の大回りや土足参内に随喜したことがあります。学生のころでしたね。

今は阿闍梨さまとなった藤波源信ちゃんが腰押しをしてました。

おきばりやす。

へえ、お~きにぃ♪(*^_^*)
…いえ、私はそのような大層なことしてまへんえ?(笑)
西方尼寺さんで現役の舞妓は~ん(笑)とお話ししてたり
あんまり修行にはなりませんでした。(^^ゞ
最後ぐらい真面目に頑張ってまいります!o(^-^)o

えー!?藤波源信師が、あのつっかえ棒(笑)の係だったんですか!?
人手不足で夜供が終わって そのまま比叡のお山登って行ったり(笑)
それでそのまま横川まで行って行者さまになられたんですね~!?(*^-^)b
と 何故か納得したりして。(笑)

じゃあ、田中利典師はお杖係ですか?
意外に法螺貝担当だったりして。(笑)
ちなみに、本に法螺の音がして行者さまがいらっしゃると街中の人達に知らせて…とか書いてあったんですけど、
静かです。(笑)
こんなことなら金峯山寺さんの法螺検定受けて
法螺貝の練習しとけば良かった…嘘です。(笑)σ(^-^;)

でも大廻りはほとんど誰でも随喜出来ますが
土足参内なんてよっぽど御縁と師僧の推挙(酔狂?笑)が無ければ随喜させていただけないでしょう?
凄いですね~!?
一般パンピー(笑)は例え召集令状(笑)みたいなのが届いても
せいぜいついて行って、御所の お庭で待機(笑)でしょうね~?f^_^;
山人様は阿闍梨様とご一緒にお部屋に上がられて、阿闍梨様のお加持をご覧になったんですね~!?
凄いですね~!!
いろいろいい経験を比叡のお山に積ませていただいたんですね~!!(*^_^*)
私はちょっとだけ かじらせていただいてきます♪(笑)(^-^)/

BBさん、土足参内は受付かなにかのお手伝いをしてただけです。当時は叡山学院の生徒でしたからしたっぱの下っ端でしたからね。

酒井阿闍梨もわたしのことなんぞ、ご存じないと思いますよ。

大回りも大衆の後ろの方からちょこちょことついて回っただけです。ははは・・・。

あ、なんか安心しました!(笑)
もし、田中利典青年(笑)が腰押ししていらっしゃったら、
こんなに気安くブログでお話しなんか出来ないようになっていたかもしれませんね~!?
しかし、修験本宗総本山のお寺の宗務総長様とお話し伺うというのも凄いことですっっっ!!
ありがたやありがたや(^人^)

ちなみに、謙遜して後ろの方を歩いて…とか仰いますが、
後ろが前の方の倍ぐらい体力要るでしょう!?
タイムラグがあって しかもムラのある歩き方する人がいらっしゃると
付き合っているとますます疲れる…f^_^;
自称へなちょこ(笑)だそうですが、
やっぱり根性ありますよ!!
お若い頃からお山に鍛えていただいて(笑)
良かったですね~!?(*^_^*)

この記事へのコメントは終了しました。

« 故郷の哀しい事件 | トップページ | 全打席ヒット »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ