« ところで・・・高速千円。 | トップページ | 「落語家 桂枝雀の世界」 »

金木犀のかおり

今朝、5時起きで、まだ夜の明けきらぬうちに車を出しに境内を歩いた。雨気を含んだしっとりとした朝。ミンミンゼミが過ぎゆく夏を惜しむかのように、朝っぱらからやかましい。

そんな中、例年以上に今年は金木犀のかおりが強いなあと感じた。いつもより少し早い秋の訪れを感じた、今朝の綾部だった。

« ところで・・・高速千円。 | トップページ | 「落語家 桂枝雀の世界」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ