« 修験道大結集五周年記念平和の祈りの大護摩供を無事終了 | トップページ | 今日から東京へ »

「平和の祈りのメッセージ」

昨日の大結集平和の祈りの大護摩供のはじめに、不肖私の朗読で、4年前に採択し、世界に向けて修験者からの平和の祈りを発信した、平和の祈りのメッセージを再び読み上げました。

以下、添付します。。

○修験道大結集「平和の祈りのメッセージ」

”人が信じる、すべての仏に、神々に、合掌”

私たち人間は、地球の住人です。
その地球、そして大宇宙の森羅万象の中で、私たち人間は特別に優れているとか、
劣っているとか、そういうことはありません。
あらゆる命、あらゆる存在が、全て等しくこの世にあります。

しかし、人間はその真理を忘れ、今に至りました。
欲望を満たすことだけが生きる意味ととりちがえ、森羅万象をないがしろにする。
人間同士、些細な理由で互いをわけへだて、差別する。
宗教、人種、歴史、文化…。互いの価値観のちがいを、ことさらにあげつらい、
蔑み、妬み、争い、ときには殺し合う。なんとあさはかなことでしょう。

歯止めのきかない自然環境破壊、頻発するテロや戦争、すべてが、その結果です。
今、人間はみずから播いた災いの種に苦しめられています。
そして、この苦しみは、私たちの子や孫の世代まで、
そのもっと、ずっと先の世代まで続くのです。

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、
人の心の中に平和の砦を築かなければならない」とユネスコ憲章の中にあります。
禍の根源にあるのは、私たち一人ひとりの心です。
見えざる大きな力が働いているわけではありません。
この心を正すことなくして、地球に平穏は訪れません。

世界自然憲章の前文は「人間は自然の一部である」と語ります。
「自然は人間を癒す」とも語ります。
人間は、自然との深い関わりなしに、その歪んだ心を正すことはできないのです。

山に伏し、野に伏し、自然を、そこに坐す神仏を祈る修験道は、
そうした人間の心に巣食う罪、過ちを戒め、五体を通した修行の中で、
清め、再生することを実践してきました。
大自然の霊気に接することで、
山を、木々を、一切の存在、命を敬い、感謝する心を育んできました。
また釈尊は「すべての生きとし生きるものよ幸いあれ」と述べました。

人と人は、過去にとらわれず、互いを思いやる。すべてを咎めず、許す。
その精神は「恕」の一文字に集約されます。
私たちは、ユネスコ憲章の精神に賛同して行った
「修験道大結集・平和の祈りの大護摩供」結願の証として、
この「恕」の心を、世界に、未来に発信します。
そして、地球上の山川草木、さらには大宇宙のありとしある全存在とともに、
宗教、人種、歴史、文化の違いを超え、すべての人間に、森羅万象の一切に、
「地球平穏・世界平和」への祈りを捧げ続けることを宣言します。

~修験道大結集実行委員会 敬白

« 修験道大結集五周年記念平和の祈りの大護摩供を無事終了 | トップページ | 今日から東京へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

道義的に協力をお願いします
医療法人光臨会荒木クリニック院長松島龍太郎から聞いた事で
松島の子供の為に松島宅の隣住居を買い長女左知に
八丁堀から白島の方角の高層マンション7千万で購入し次女加代子に
詐欺師松島龍太郎の子供2人分の分譲マンション2件分で
1億以上を詐欺師松島龍太郎本人が全額出した事を松島本人から聞いた
多くの人々を騙しお金を出させ
私を洗脳し騙しお金を取り私の大切な子供を守る力を全部奪い取って
私の最低以下の生活を更に出来なくしてやると私を脅した元広島大学歯学部教授松島龍太郎に責任を取らせたい
協力をお願いします
詐欺師松島龍太郎で〜検索を…

医療法人光臨会荒木クリニック院長松島龍太郎は詐欺師です.用心を…
広島大学歯学部教授50代頃から30年間以上長年月間に松島龍太郎は
犯罪詐欺師グループのサクラだったサクラから犯罪詐欺師グループの一員…
オレオレ詐欺同様の役割分担の役目をし
三上照夫本名三上昭夫に霊能力などないのに
霊能力があるように医師松島龍太郎が三上昭夫に協力し
犯罪詐欺師グループから医師松島龍太郎に裏金が流れていた事実
犯罪詐欺師グループの一員で多数を騙し続けている事実
医師松島龍太郎は税金のかからないお金を集めるのが得意
三上昭夫が霊能力があるように協力し続け
三上昭夫の他界後には
三上昭夫がやっていた事と同様に
医師松島龍太郎本人が神おろしと言葉にし詐欺グループ巣で人々を集めてカルトをしていた事実
稲津と金倉や藤井や三上や竹島や松島龍太郎も犯罪盗賊詐欺師グループ
詐欺師松島龍太郎で…検索を…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 修験道大結集五周年記念平和の祈りの大護摩供を無事終了 | トップページ | 今日から東京へ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ