« 正力松太郎賞 | トップページ | 首がぁ・・・ »

高野山開創の道

昨日は役行者霊蹟札所会の役員会。7月14日に今年の総会と定例法要を信貴山朝護孫子寺で開催することが決まりました。

今日は私が提唱をしてはじめた、奈良県と高野山と吉野町や橿原考古学研究所と合同で取り組む「吉野ー高野山開創の道」という大プロジェクトの合同会議を開催します。午後、金峯山寺でやります。

ところで一昨日からクビが痛み出していたのですが、とうとう夕べから全く動かなくなり、どの方向に向いても寝られず、今朝はすごくしんどいです。

会議もしんどいなあ・・・・。

« 正力松太郎賞 | トップページ | 首がぁ・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「高野山開創の道」プロジェクト、すばらしいですね。
 以前からお話は聴いておりましたが、いよいよ発足と思ってよろしいのですね。
 高野山には高野七口という参詣道があった事はよく知られていますが、摩尼峠からの「大峯口」はまさに開創の道です。
 今は車道が出来ていますが、古道も部分的に残っており、私たちも野迫川村までの残存部分は何とかしたいと思っています。
 野川の弁財天から天川弁財天、そして洞川、山上へ、天川には一部ですが、古道も残っていますし本当に楽しみです。
 道が現存していれば世界遺産になっていたかも知れないですね。
 お手伝い出来る事がありましたら、お声をかけて頂ければ嬉しいです。
 来月5日、大淀に行かせて頂きます。

小辺路語り部さん、ども。

先ほど会議は終わりました。高野山から教学部長や高野町の教育委員会、それから奈良県や吉野町、橿原考古学研究所などのメンバーで熱心な議論を繰り広げ、一応、今日で準備会を終えて、次回7月末に正式なプロジェクト実行委員会を発足する運びとなりました。

またPJが正式に決まれば、詳しくご紹介いたします。

吉野山人さま

 楽しみにしています。野迫川村の一部に古道が残っているようです。

立里の荒神さんまでの道は
味気無い車道になってますし、
(でも、途中に三宝荒神さんや豊川稲荷さんとかいらっしゃるからご挨拶してて、そのあたりは楽しみです♪笑)

吉野の方から高野山まで空海さんが歩いていらっしゃった道が少しでも残っていて
あらためて歩かせていただくことが出来たら
嬉しいですね♪(*^_^*)


あ!乱入ごめんなさい!
お参りオタク(お外?笑)の優婆塞BBと申します!
年に1回ですが
高野山から立里の荒神さんまで歩いてお参りさせていただいております!
今後ともよろしくお願いいたします!
(^人^)

高野山から立里まで。冬がいいですね。引き締まった気持ちになります。陣峯にも蔵王権現様の像があるのですよ。
吉野・大峯と高野の接点が次第に見えてくるのが楽しみですね。

なるほど!冬ですね!
私はいつも秋に不思議な色の葉っぱの散華を眺めながら歩いているんですが、
朝は引き締まった空気ですもん
冬はもっと凛としてるでしょうね♪

ええ?蔵王権現様がいらっしゃるんですか?!
私 全く存じ上げませんでした~f^_^;
摩尼峠から奥の院までの道に役行者さん(の石像…笑)
がいらっしゃるらしいですけど、
いまだにお目にかかってません(笑)
というぐらいぼんやりしてます(^。^;)

それはさておき、平成二十七年の高野山の大きな事業に向けて
吉野大峯から高野山への道…
世界遺産に追加登録(笑)されるくらいの
発見があるといいですね!

高野山開創1200年が平成27年ですので、それを目指してのプロジェクトです。

7月には実行委員会が正式に立ち上がります。ご期待ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正力松太郎賞 | トップページ | 首がぁ・・・ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ