« 怒濤の日々の終焉??? | トップページ | しゃべりすぎ。。 »

平和の鐘を奈良から~平和への祈りの心

「平和の鐘を奈良から」

平和の鐘を奈良から/堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」・・・という催しに関わっている知人から、当日配布する資料として私のコメントがほしいと依頼された。ここひと月半はもう怒濤の日々でじっくりいただいた原作本や講演DVDをみせていただく暇がなく、締め切りだけが迫ってきて、もう泣きながら、コメントを作成した。じっくり見せていただけなかったのでいささか不本意な文章だけど、そのわりには私なりの感想が書けたのではと思っている。 それにしても重い内容だった。簡単に引き受けたことを後悔するほどだったけど、日本人が考えなければならない大切なことだし、宗教に携わる私にとっても避けては通りない、とても学ぶものがあった依頼であった。教えていただいて感謝している。以下ご参照ください。


********************

「平和への祈りの心」  たなかりてん

「朝ちゃん」の劇を見て、あまりの悲しみにいたたまれなくなる人がいるでしょう。 その悲しみってなんなのでしょう…。

「朝ちゃん」の劇を見て、この世には神も仏もいないんだと思う人もいるでしょう。 神や仏って本当にいるのでしょうか…。

「朝ちゃん」の原作『広島の母たち』を書かれた山本真理子さんは「いやしい人間よ、人が人を焼き殺す 愚かさに気づいてください」と言っておられます。

胸を突き刺す言葉です。

人間は愚かな生き物です。だから悲しくて悲しくて仕方がないことをしでかすのです。神や仏などいないんだ…って思ってしまうような、そんな悲惨なことばかりを繰り返すのです。

だからといって私はあきらめたくはありません。たとえ明日地球が滅びようとも、今日、一輪の花を植える人間でありたい。

悲しみから学び、愚かさから学ぶ…そういう人間でありたいと思います。神や仏を信じられる、そういう人間でありたいとも思います。愚かな人間でであるからこそ、神や仏に祈りを捧げたいのです。

平和の鐘を奈良から…。平和の鐘がきっと神仏に届くことを信じて、奈良の地から、平和への思いを込めたいと願います。

*********************

なおこの、平和の鐘を奈良から/堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」の詳細を紹介します。私は先約があり、当日伺えませんが、是非、お時間のある方は観劇ください。心が痛いほど、感じるものがあるはずです。

○奈良から/堀絢子ひとり芝居「朝ちゃん」

開催日:
2010年7月24日
開催時間:
11:00~0:00
備考:
1回目11時開演、2回目14時開演 命の大切さと戦争の非情さを!
「忍者はっとりくん」、「新おばけのQ太郎」で知られる声優であり俳優の堀絢子が、反戦と反核をテーマに、原爆により被爆した少女の物語をひとり芝居で演じる。父を原爆で失った堀さんが、平和への願いをこめて演じ続けているひとり芝居「朝ちゃん」は今年で21年目を迎える。迫真の演技は、命の大切さを伝え戦争の非情さを訴える。

料金 500円 (全席自由)
問い合わせ先 なら100年会館 0724-34-0111
開催地 なら100年会館 中ホール
住所 奈良市三条宮前町7-1
アクセス 公共: JR奈良駅西口すぐ
駐車場: 500台 (地下市営駐車場 30分150円)
備考 1回目11時開演、2回目14時開演
10026350
詳しくは → http://www.nara100.com/

« 怒濤の日々の終焉??? | トップページ | しゃべりすぎ。。 »

講演」カテゴリの記事

コメント

本当に、本当に素敵なメッセージ。
ありがとうございます。

このたびの公演に、奈良の女子中高生達が
多くお越し頂けることになり、
彼女達に何を持ち帰って頂こうかと考えたところ、
山人さまからプレゼントをご用意して頂き、
心から感謝申し上げます。

彼女達が、素敵な日本のお母さんになることを
願い、祈り、そして世界が平和でありますように。

彩さん、がんばってね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒濤の日々の終焉??? | トップページ | しゃべりすぎ。。 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ