« 1月12日の名言 | トップページ | ラフロイグの夜と吉田拓郎 »

我が家の天才君?とセンター試験

今朝の吉野は零下4度。朝から雪が舞っていた。

昨日から始まっているセンター試験。自坊の綾部は今日は雪がすでの20㌢以上積もっていて、センター試験に行くのが大変だそうだ。

我が家の天才君?がそのセンター試験を受けている。

なにしろ小さい頃から勉強をしているのをほとんど見たことがない。ま、私があまり家にいないのだが。。小・中・高と塾には一度も行ったことがない(・・・実は上の兄姉2人とも行っていない。貧乏な親を困らせない親孝行な子供達なのである)。

そんな子供の中で、文系の私の血を引く上の兄姉と違って、天才君は母に似たのか、数学が得意。数学者になりたい・・・らしい。

で、理系を目指しているが、入いろうとしている大学の偏差値が(本人の実力からすると…)べらぼうに高い。昨日今日のセンター試験次第のようだ。試験制度は私の頃とは全く違って何度聞いても余りよくわからないが、いづれにしろ、あれだけ勉強をせずに入れば、大学に入ってからの糊代がたくさん残っているので、お買い得なんだと思うのだがねえ・・・。まあ大学側はそんなこと、関係ないでしょうけど。

天才君といっても所詮親の子。もうちろん、たかが知れているわけで、だめならだめなりに、こつこつやることを覚えるきっかけになればよい。行く先を探すのが大変になるけどねえ。

天才君、ガンバレ。父は遠く吉野の空から祈っています。

« 1月12日の名言 | トップページ | ラフロイグの夜と吉田拓郎 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月12日の名言 | トップページ | ラフロイグの夜と吉田拓郎 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ