« 全日本仏教青年会理事長から・・・ | トップページ | 心が萎えてきますが、頑張りましょう! »

悲観することなく・・・

次から次へと災害の情報がはいるたびに、悲観的、絶望的になるような話ばかりですが、悲観はしていません。また絶望はしてはいけませんし、まして、絶望的な雰囲気だけで、絶望では決してなく、生きている限りは可能性に充ち満ちています。

神に祈ってナンになるか、とも言われていますが、私が出来る数少ないことのひとつが祈ることなのです。早い災害の終息をこころから念じています。

「明日地球が滅亡をしようと、今日花の種を植える人でありたい」っていうのが私の信条です。地球滅亡って・・・そういう状況というわけでは決してないのだし、顔さえ上げれば、被災した人々も頑張っているし、それを支援する人々を見ているとまさに素晴らしい国だと思えてきます。それこそ、希望に充ち満ちています。

ただ情報を発信するのに、とらえ方はいろいろあるので、十分自戒して臨まなくてはと思っています。

なにかしなければという思いは皆同じです。日本全体でこの苦難に立ち向かえるような、願っています。

今日、金峯山寺で、今この災害に何が出来るか対策会議をしました。仙台市若林区や宮城県沿岸部に住んでいる末葉の教師関係者も何人かいて、連絡がついていない状況もあります。

義援金供出、連絡網の確立、募金の開始、救援活動の出来る範囲・・・それから備蓄の再検討など、冷静に対応をしていきたいと思っています。

« 全日本仏教青年会理事長から・・・ | トップページ | 心が萎えてきますが、頑張りましょう! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全日本仏教青年会理事長から・・・ | トップページ | 心が萎えてきますが、頑張りましょう! »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ