« 今日は嵐山で第13回斎宮セミナ-に出演 | トップページ | お見舞い 御礼 »

京都 嵐山・蔵王堂参拝

雨の中を嵐山山中の蔵王権現堂にお参りしてきた。

台風一過で少しは天気も回復するかと思っていたが、嵐山の山麓に着く頃からどしゃぶり。案内役は嵐山のど真ん中で土産物店「大市」を営む早田一郎さん。野宮神社の懸野宮司のご紹介である。

どしゃぶりなので申し訳ないと思ったが快く案内いただいた。

渡月橋から嵐山の登り口はすぐ。道は立ち入り禁止になっているが、事前に役所の許可をいただいていた。許可がなくても道自体は入れるが、許可なく入ってはだめですよ。

で、登り口からの山道は軽自動車が通れるようないい道で、約20分ほと行く。で、途中に蔵王堂へはいる横道があり、そこや道らしい道ではないので、案内がないと見過ごす。でも片道30分もかからなかった。

参拝を終えて、午後6時半からは「らんざん」にて講演会。・・・こんな雨の中、誰が来るもんか、っておもっていたら、今まで以上に人がはいり、80名近い人で会場は満員。

まあ、満員のみなさまの期待を裏切る話だったかも知れないが、「吉野と嵐山の縁」という表題に負けないように話をしたつもりです。

最初の会長さんのご挨拶で「吉野と嵐山の緑」っておっしゃったのと、講師のたなかひでのりさんっておっしゃったのにはずっこけましたが・・・。

それもご愛敬です。

私自身大変に勉強になった今回の講演会。それ以上に嵐山の蔵王権現様にお参り出来たことはありがたい一日でした。

権現様に呼ばれたように気がした、今回の講演会。

ちょんぼを能楽者さまからご指摘いただきましたが、それもご愛敬っていうことで・・・。ありがとうございました。

写真は大雨の中でとった嵐山の蔵王堂。
Dsc_0585

« 今日は嵐山で第13回斎宮セミナ-に出演 | トップページ | お見舞い 御礼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日はいろいろ勉強になりました。嵐山と吉野の縁の深いことが解り修験道山伏として第2の故郷です。今後ともいろいろのお付き合いご指導のほどを。

台風12号の強風により、金峯山寺の蔵王堂のお屋根も破損したそうでお見舞い申し上げます。
こちらでは未だ時折強い雨が打ち付けますが、そちらでは雨はもう上がったのでしょうか?
国宝の内部まで被害が及びませんよう、これ以上日本各地で被害が広がりませんよう
微力ながら祈るばかりです。

◎中村総長様

おとといは足下の悪い中ありがとうございました。不出来な講演で恥じいるばかりです。
今後ともよろしくお願いを致します。


◎山桜さま

ありがとうございます。蔵王堂の破損はわずかなのですが、場所が一番高い大屋根の
上なので、修復作業がかなり手間にはなります。でも、熊野三山や十津川などの被害
からみたら、ほんとにわずかなので、ご心配には及びません。

それにつけても奈良県南部地域や熊野が心配ですねえ。

被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は嵐山で第13回斎宮セミナ-に出演 | トップページ | お見舞い 御礼 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ