« 托鉢です。 | トップページ | 綾小路麗華 »

回転焼きと母・・・

「回転焼きと母」という題で、地元の新聞に駄文を投稿した。先月末に掲載されたので、紹介したい。母のことであるが、少し落ち着いたら是非書きたいと思っていた思い出である。書きながら自分で少し泣いたりした。・・・まあ、ともかく読んで下さい。

*****************

「回転焼きと母」

母が十月に亡くなり、今月末に満中陰を迎える。早いものである。
 
母は今年一月に危篤になり、医者からも余命一週間と宣告されたが、その後、治療加療のおかげで、一時期は車イスに乗って病院の食堂で食事が出来るくらいまで回復した。闘病生活九ヶ月。その間、今まで、あまり母のことに気をかけなかった息子にとって、母を病室に見舞うことで、親孝行のまねごとをさせてもらった貴重な時間だった。

少し元気になった頃、何が食べたいってきくと、「回転焼き、買ってきてんか」と言った。それから、病院に行くときは、アスパの近くにあるかどやさんの回転焼きを持参した。あまりたくさんは食べられないので、毎回、一個だけを注文したが、いつ行っても、かどやさんは面倒くさがらずに、快く、一個の回転焼きを売っていただいた。母が美味しそうに食べていたことが今でも思い出される。

お葬式の朝、回転焼きのことを思い出した。棺にいれてあげようと思い、かどやさんに寄った。普段は一個しか頼まないが、その日は母が好きだった三つの味の回転焼きを三つ全部注文した。いつも一種類の一個しか頼まないので、いぶかしく思われたのか、「今日は三つなのですね?」とお店の方に声をかけられた。「はい‥、母が好きだったので、いつも買わせていただいていました。その母が亡くなり、今日はお葬式なので、いっぱい食べさせてやろうと思って‥」というと、「お金はいらんから」と言われて、暖かい三つの回転焼きを渡していただいた。優しさに、思わず涙が出た。

母のことばかりを思ってはいられないが、でも、かどやさんの前を通るたびに、美味しそうに回転焼きをほおばっていた母の顔が思い出されて、心がちくっとする。母の思い出が嬉しくなる、かどやさんの親切に今でも感謝、である。

*****************

以上です。たあいのない文章ですが、なんと、掲載された次の日、文中で紹介した「かどや」さんの女性主人からお礼の手紙が届いた。恐縮した。

でも喜んでいただけたなら、母への供養にもなるような気がする。書いてよかった。

« 托鉢です。 | トップページ | 綾小路麗華 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山人様…、へなちょこ山伏とかおっしゃいながら、
お強い方ですね!
私だったらとてもとても…(T_T)
書くだけ書いて、お蔵入り(笑)になりそうです。
大切なお母様の思い出のお話に心が温まりました!(*^-^*)
どうもありがとうございます!(^人^)

佳いお話、ありがとうございます。

ホントに他愛のない文章なのですが、今回、いろんな人に泣きました…って声をかけて頂きました。母の供養になりました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 托鉢です。 | トップページ | 綾小路麗華 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ