« まだ間に合いますので・・・是非! | トップページ | 宇宙飛行士と山伏 »

百か日と父母恩重経

昨日は母の百か日。早いものである・・・。

もうささやかに、身内だけで、お勤めをした。

父の時は読まなかったが、母には読んでやりたいと思って、昨日の法要では父母恩重経を弟と息子と家内と弟子数人で唱えた。

恩重経は父母の恩徳について、きつい言葉で説かれているがその大半が母の恩である。

少し紹介すると

・・・・・一切の善男子(ぜんなんし)・善女人よ、父に慈恩あり、母に悲恩あり。その故は、人のこの世に生まるるは、宿業を因とし、父母を縁とせり。父にあらされば生まれず、母にあらざれば育たず。これをもって、気を父の胤(たね)に受け、形を母の胎(たい)に託す。

 この因縁(いんねん)をもってのゆえに、悲母の子を思うこと、世間に比(たぐ)いあることなく、その恩、未形(みぎょう)におよべり。はじめ胎(たい)に受けしより、十月(とつき)を経るの間、行・住・坐・臥(ぎょう・じゅう・ざ・が)、ともにもろもろの苦悩を受く。苦悩休(や)むときなきがゆえに、常に好める飲食(おんじき)・衣服を得るも、愛欲の念を生ぜず、ただ一心に安く産まんことを思う。

 月満ち、日足りて、生産(しょうさん)のときいたれば、業風(ごうふう)吹きて、これを促(うなが)し、骨節(ほねふし)ことごとく痛み、汗膏(あせあぶら)ともに流れて、その苦しみ耐えがたし。父も身心戦(おのの)き恐れて、母と子とを憂念(ゆうねん)し、諸親眷属(しょしんけんぞく)みな悉(ことごと)く苦悩す。すでに生まれて、草上(そうじょう)に墜(お)つれば、父母の喜び限りなきこと、なお貧女(ひんにょ)の如意珠(にょいじゅ)を得たるがごとし。その子、声を発すれば母も初めて、この世に生まれいでたるが如し。

 それよりこのかた、母の懐(ふところ)を寝床(ねどこ)となし、母の膝を遊び場となし、母の乳(ちち)を食物となし、母の情(なさけ)を性名(いのち)となす。飢えたるとき、食を求むるに、母にあらざれば喰らわず。渇(かわ)けるとき、飲み物を求めるに、母にあらざれば喰らわず、渇けるとき、着物を加えるに、母にあらざれば着ず。暑きとき、衣(きもの)を脱(と)るに、母にあらざれば脱(ぬ)がず。母、飢えにあたるときも、含めるを吐(は)きて、子に喰らわしめ、母、寒さに苦しむときも、着たるを脱ぎて、子に被(かぶ)らす。

 母にあらざれば養われず、母にあらざれば育てられず。その揺籃(ゆりかご)を離れるにおよべば、十指(じゅつし)の爪の中に、子の不浄を食らう。計るに人々、母の乳を飲むこと、一百八十解(こく)となす。父母の恩重きこと、天のきわまりなき如し・・・・・・・」

なんか釈尊に我が身を責められるような経文ではあるが、母への感謝を込めて読ませていただいた。
Dsc_0863 Dsc_0860

« まだ間に合いますので・・・是非! | トップページ | 宇宙飛行士と山伏 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に身につまされるお話です。それだけ親子、母親との縁は深いということがわかりました。

delicious父母恩重経~そういえば随分唱えていないことに気付きました。父母の命日には唱えよう。
去る14日午後、管長様と来訪いただきありがとうございました。小生の趣味ブログ「正見行脚」1/17と1/21に若干記しました。また最近、辰年にちなんで竜の口や龍王院のことなども書いてみました。
いっそうの御活躍をお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ間に合いますので・・・是非! | トップページ | 宇宙飛行士と山伏 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ