« 人はなにかを失っても、なおなにかを求め続けるもの。命ある限り・・・ | トップページ | 東北にて・・・2 »

東北にて。

Dsc_1085 Dsc_1089

阪神淡路大震災では何度も炊き出しに出向いた。震災が起きた1月17日朝5時46分には、一周忌から13年間、毎年、神戸の街を慰霊行脚した。

そして東日本大震災。

この一年間、一度も救援活動には来れなかったが、震災の翌日から2時46分の祈りを行った。そしてまる一年が過ぎて、12日から東北入り・・・。大船渡、陸前高田、南三陸町、石巻、仙台と、宗門の関係する人々を見舞って回った。

その道すがら、甚大なる被災地のようすを目の当たりにして、心痛む以外はなすすべもなく、茫茫たる大地の上に立ち尽くし、ひとり般若心経と唱えていた。

被災当初はもっともっと悲惨な光景が繰り広げられたことは想像を超えているだろう。失われた命の悲しさに、空も海も大地もきっと満ちあふれていたに違いない。膨大な家や人の生活や多くの命が失われた大地に、北風がひゅうひゅうと、うなっていた。

でも人はまた生活をはじめ、前に進もうとしている。

もちろん目の前に広がる光景は神戸の震災時と比べると、一年を経てなお動いていないという実感がある。神戸の3ヶ月後のような、いやそれ以下のような、復興の軌跡。神戸と比べて、その被害も範囲も、規模が全く異なることを考慮にいれても、なお進まない行政の対応にいらだちは感じた。

しかし人は確実に歩みをはじめている。

今年2月からアーユス関西支部のご縁で、支援をさせていただいている石巻の丸平鰹節工場( 写真2: http://kibounowa.jp/seisan-maruhey.html )を訪ねた。被災を乗り越えて操業を開始した工場で、阿部専務さんら、被災当時の状況やその後の取り組みなどのお話を聞かせていただいた。突然の訪問だったが、親切に対応いただいた。

工場は2階の胸あたりまで津波が押し寄せ、干ものの製造など主要な機材は全滅したが、幸い3階で操業をしていた鰹節の製造ラインは無傷だったので、従業員を誰も解雇せず、多くの人の支援を得ながら、再開したとのこと。

そういう個々の努力、生きるための生業がこの土地を、この地に暮らす人々を復興に導くのだと、心からそう思った。ご縁で繋がった人々を少しでも支援出来たらと思っている。

昨日も日記に書いたが、個人的に懊悩する日々をここ数週間生きたが、改めて、大災害を前に、「風化しなければいけないこと、風化しては絶対いけないこと、そして風化の中で生きること」・・・生きて生かされていることを、東北の空が語りかけていてくれたような気がする。

きれい事のように聞こえるが、そういう所からしか、始まらないのだと私は思っている

« 人はなにかを失っても、なおなにかを求め続けるもの。命ある限り・・・ | トップページ | 東北にて・・・2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山人様、お久しぶりでございます!(^人^)
ご存知でしょうか?!
NHKの「ならナビ」で“空海育てた道吉野高野”というサブタイトルでなんか紹介してくれそうです!
どんなものか解りませんが、ちょっと観てみますね♪
ちなみに、本日午後6時からです!

ならナビは地震速報で延期になり、3月21日に放送されると聞いています。ご覧下さい。

ありがとうございます!m(_ _)m
必ず拝見させていただきます!
ちなみにあの日、18時53分まで地震情報とか観ていました( ̄∀ ̄)
翌日も…(笑)

オアズケ(笑)くうとますます楽しみです♪
そういえば、某民放の局アナさん達も
吉野目指して向かっていらっしゃるし、
今年の吉野のお山、要注意(笑)ですねー!(*^-^*)

BBさん、ホントにおひさですね。今年の上堂は5月25-27日です。予定よろしく。

>そういえば、某民放の局アナさん達も
吉野目指して向かっていらっしゃるし、
今年の吉野のお山、要注意(笑)ですねー!(*^-^*)

この意味がわからんのですが?????

夜分恐れ入ります。f^_^;
今年の上堂、5月ですか!
ありがたいことにセーフです!(笑)

どうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m


さて、“吉野のお山、要注意(笑)”というのは、
毎日放送の「ちちんぷいぷい」って番組で若狭の方から吉野まで
いろいろな街道などを歩いて行こう。というコーナーがありまして、局アナの河田さんとくっすんというタレントさんが
桜の頃の吉野のお山を目指しているんです!
もしかしたら、蔵王権現様の御開張のタイミングピッタリ♪
になるのではないかと思い、要注意(笑)と表現してしまいました!(≧∇≦)
だって、桜の吉野のお山に来るのに金峯山寺さんに寄らないわけは無いでしょう!!!!!
…って、私個人は思っているわけです(笑)
というわけで、要注意!と思っているのは私だけかもしれません!(笑)( ̄∀ ̄)
どうも失礼いたしました~!!(^人^)

山人様、おはようございます!(^人^)
補足ですが、
「ちちんぷいぷい」という番組は
月曜から金曜まで放送していて、
木曜午後5時頃からの“昔の人は偉かった”というコーナーなんですけど、
ゴール地点の吉野を目指して歩いているんです。
ただ、山人様がご覧になったら、キー!!!(≧ヘ≦)
ってなりそうな人がいるので(笑)
お疲れの時は
無理してチェックなさらない方がよろしいかと…f^_^;

〈月刊大和路ならら〉は
県外でも置いている書店ありますよ~!
大阪の紀伊國屋書店さんとか八尾のミヤコ書店さん、
なぜか近鉄鶴橋駅(ヤスケンさ~ん♪笑)でも販売しているらしいです!(笑)
京都や名古屋でも販売しているらしいし、意外に他府県の方でも入手できそうですね♪
もしかして、蔵王堂で平積みしてたら
バカ売れするかもしれませんよ~!(^w^)

「ならナビ」拝見させていただきました!
田中利典師、おいしいトコでしめていらっしゃいましたよね~♪(*^-^*)

きちんと整備された空海さんの道を通って
吉野のお山と高野山を多くの方々が行き来するようになったら素敵ですね~♪
(*^-^*)
私も水洗トイレが設置されたら行ってみたいです!(ぉぃぉぃ笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人はなにかを失っても、なおなにかを求め続けるもの。命ある限り・・・ | トップページ | 東北にて・・・2 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ