« JR東海の金峯山寺キャンペーン | トップページ | 幻の昼ご飯最終日 »

今日のNHK奈良ナビ…ちちんぷいぷい

今日の吉野山は良い天気のようです。まだまだ桜の見頃が続いていますのですごい人手かも・・・。私は19日までいませんが。

JR東海キャンペーンの力もあって関東の来山者が多いようです。首都圏の方にお知らせです。今週土曜、東京の朝カル新宿教室で講座をします。まだ席に余裕があります・詳細 http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=157909&userflg=0

今日は午後にMBSテレビの有名番組「ちちんぷいぷい」の取材があります。ずーーと桜の吉野山を目指して連続で番組つくりがされていたようで、最終地としておいでになります。吉野山は花盛り。いいタイミングになりました。残念ながら私は不在ですが、蔵王権現様がお待ちになっていると思います。

先日は雑誌の取材で浅野温子さんがおいでになりましたが、やはり留守でした。どうも留守の時にばかり巡り合わせが回っています。・・・ま、これ以上目立つこともないですが(^_^)v

それから奈良県限定ながら、今夜の、NHK総合の夕方のニュース番組ならナビ(午後6時10分~50分)で、先日の金峯山寺の花供会式が紹介されます。花供のご接待の席から直行で取材を応じたので、少々酔っぱらいの私が花供の解説をさせられています。ろれつが回っていないかも。奈良のみなさん、ご覧下さい。但し苦情は受け付けませんので(^_^)v

562118235

« JR東海の金峯山寺キャンペーン | トップページ | 幻の昼ご飯最終日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日の「ならナビ」を拝見しました。
本当は取材で15分くらいお話をされたかもしれないのに
もっとお話しが聞きたかったです。

私と金峯山寺の縁は今年の節分前夜祭でお父ちゃんがお世話になって以降のものです。
あの節は本当にご迷惑をおかけしました。
今でも身が縮まる思いです。
あの時おとうちゃんのオデコを抑えて下さったのは
田中先生だったのではないかしらと
今月の「ならら」の吉野修験道特集を見て思っています。
先生の自坊「林南院」には首から上の病気を治す仏様をお祭りされているそうで
助けて頂いたと感謝しております。

奈良市に住みながら花盛りの吉野山を体感した事が無いのが残念でなりません。
でもあの一件以来権現様に導かれ吉野の高い峰々の上を歩いている夢を何度となく見ております。
あっっ! 女人禁制でしたね。

私もならナビ拝見させていただきました♪
白昼堂々出来上がっていらっしゃる田中利典師(笑)を期待していたんですが、
事前にうかがっていなければ、
お酒をきこしめして(笑)いらっしゃる
っていう感じではなかったですよ~?(⌒~⌒)
普段取材慣れしていらっしゃるから、意識不明でも(ぉぃぉぃ笑)すらすらお話しなさるんでしょうね~?(^w^)

それにしても、ぷいぷいご一同様(笑) 昨日到着だったんですね!
田中利典師がお留守の時にゴールなんて…!(≧ヘ≦)
ちょっと残念です!f^_^;
今日あたりだと思っていたので狙っていたんですけど(笑)
ひとり淋しくお参りさせていただきます!( ̄∀ ̄)


あ、ついでに(ぉぃぉぃ笑)
例の入会金振り込ませていただきますね!o(^-^)o
何卒よろしくお願いいたします!(^人^)

山人様、大変です!
本日、高城山の展望台付近、桜の気配もございません!f^_^;
枝の先に葉っぱになるのか蕾になるのか
わからないようなのがついている…って感じで、
吉野のお山では
まだしばらく桜が見られるかもしれませんね♪(*^-^*)

ちなみに今朝、以前テレビで紹介されていた空撮写真家(?)さんらしい方が
パラグライダーで吉野のお山を飛び回っていましたよ!
せっかくなので、ケータイで写真撮ってみたんですが
逆光なのでわけのわからない写真になっております( ̄∀ ̄)
いつかまたテレビで吉野のお山の事を紹介されるといいですね~♪(^-^)

結局一睡も出来ず思い切って一人で吉野山を目指しました。
真夏でも無く、真冬でも無く
桜の花盛りで、人で埋まった吉野山を初めて体感して参りました。

ツイッタ―(?)で見た蔵王堂で渡された袋を使用する事無く綺麗なまま持ち帰りました。
良い記念になります。
お堂の中で並んで蔵王権現様の御前に障子で作られた小さな区画に入れて頂き
しっかり記帳もさせて頂きました。
全てが初めての事で他のお参りの方々に教わりながらでしたが
とても充実した一日となりました。
どなたかが話しをされていた絵本も購入しました。
行者様は知能がスーパーなお方だったのでしょうね。
現代にお生まれになられたらアインシュタイン氏(IQ200)、ビルゲイツ氏(IQ180)のように
世界を股に掛ける人物のライバルになるようなお方だったのでしょう。

お堂の中でお手伝いをされている年配の奥さんは大島紬の作務衣をお召しでとてもお似合いだったので、いつか私も大島紬の作務衣が似合う日が訪れたらいいなとただ今妄想モードw

なんだか突然変なのがわいて来たねと噂になったらどうしましょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR東海の金峯山寺キャンペーン | トップページ | 幻の昼ご飯最終日 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ