« 永遠の嘘をついてくれ・・・ | トップページ | ぼくらの智慧の果てるまで・・・ »

石巻・門脇町

ご案内頂いたSさんの実家もそこにあり、お母さんが津波で亡くなったと言っておられた。津波後、10日以上たって遺体を探し出したのだというお話しだった。

おかあさんが津波にさらわれたであろう、自宅の玄関先で、同行した行者とともに般若心経をお唱えした。

もちろん拠点がないうちのお寺では、被災復興がまだまだ進んでいない石巻で、慰霊のための大護摩供法要をおこなうことはそうとう難しいっていうことは改めて実感したが、昨日、あの場所に再度立ったことだけでも本当に意味が深いと感じた。

門脇町の真ん中あたりに更地となった広場があり(周囲全部が更地8なのだが・・・)、そこの献花台にたくさんの人が訪れて献花していた。その前でも般若心経と念仏を唱えしたが、唱え終わって、後ろを振り返ると通りかかった人たちが、何人か一緒にお参りをしていただいた。

私にしか出来ないこと、私だから出来ること…そんなたいそうなことではないが、昨日は改めて、自分の思いを大事にしようと思えた一日だった。

« 永遠の嘘をついてくれ・・・ | トップページ | ぼくらの智慧の果てるまで・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宮城県在住です。
有り難うございます。(ひとりの宮城県人として)
復興も必要ですが『こころを、思いを傾けてくださっている』と感じられる時に
虚無の闇から救われる気がいたします。

田中さん、レスいただいてありがとうございます(私も田中ですが…(^_^;))。

本当の意味で、被災された皆さん方のお心に寄り添うことは、被災をしていない我々には出来ないのかも知れませんが、今でも毎日の勤行で、蔵王堂では大震災の被災された皆様方のために、祈願の想いをご本尊に申し上げ、念じさせて頂いています。

お体を大事になさって下さい。少しずつでも元気になっていただければと思います。

有難うございます。深謝いたします。
是非、またお越しいただけますよう。。。

ありがとうございます。
私の実家は門脇小学校のすぐそばです。
両親も、近所のおじさんおばさんも、たくさん亡くなりました。
悲しみの多い場所ですが、更地しかないのですが、それでもなぜか実家に行きたくなりますし、行くと心がほっとするのです。

お経と唱えてくださいまして、本当にありがとうございました。

コメントありがとうございます。

胸が痛むような茫茫としたあの場所の様子が今も脳裏から離れません。
またお祈りに足を運ばせていただければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠の嘘をついてくれ・・・ | トップページ | ぼくらの智慧の果てるまで・・・ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ