« 言葉を重ねる① | トップページ | 言葉を重ねる③ »

言葉を重ねる②

言葉を重ねる・・・パート2です。

「私はできるだけ正直に生きたいと思っている。しかし正直に生きれば生きるほど自分だけでなく、回りの人々も傷つけてしまう。それがなによりつらい。」

「普通に生きて普通に死ぬことはそうたやすいことじゃない」

「一升の瓶には一升の水しか入らない。無理するなよ。そういう一生でいいじゃないか」

「ひたすら感謝。ひたすら懺悔」

「雨音を聞いている。地球が潤っている。土も潤っている。潤っている音が聞こえている。春の雨はすべてに優しい。」

「人生にチャンスはそう何度もない。かといって一度きりというわけではない」

「人間はいづれ土になる。どうせなら、いい土になりたいね。」

「人間は不幸になりたがる。不幸になりたがる人間は不幸にしかならない。幸せになろうとしなければ幸せにはなれない」

「どんなに辛くても希望を失うな。希望だけが君の可能性を鼓舞してくれる」

「なんのために働くの?それはお金のためです。生活のためであります。生きるためなのです。いえ…本当は自己満足のためです。」

「なんのために働くの?生かされている命を大切に使わせてもらうためです」

「すっごい後悔をするのに、また同じあやまちをくりかえす。人間なんだなあ」

「どうしてもそれじゃないといけないことなどないのに、どうしてもそれじゃないといけないと思うのが人間だよ。」

「みんな、心の中に宝物を授かっている。大事にしようね」

「身体が病むと心が病む。心が病むと身体も病む。凡人だからしょうがない」

「生きていくのはみっともない日々の積み重ね…。でもそういう自分が愛おしい」

「自己否定からはなにも生まれない」

「生きるだけでも意味はある。でも出来るなら自分の思い通りに生きたいと思うのが人間で、思いどおりに生きられないのも人間である」

「気のあう人々と仕事をするのは気持ちがいい。気のあう人々に出会えるのはその人の福徳なのかも知れない」

「今日もまた大切な命をいただきました。大切に一日使わせていただきます」

「人が人を思うことは、人が人とつながっているからこそであり、人は人との繫がりの中で生きていくしかない」

「人はなにかを失っても、なおなにかを求め続けるもの。命ある限り」

「人を思うことは自分を思うこと。人と人の中でしか、私は生きられない」

「大きく息をすってごらん。心の中に大きな力が湧いてくるよ」

「過去は幸せを呼ばない。未来に幸せは待っている。そう思って生きないと、もったいない」

Hydrangeas

« 言葉を重ねる① | トップページ | 言葉を重ねる③ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉を重ねる① | トップページ | 言葉を重ねる③ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ