« 歳末助け合い托鉢行 | トップページ | 追悼・・・18代目中村勘三郎 »

奈良インターカルチャー12月講座

486188_427131820686146_1279528856_n

もう明日のことですが、12月5日の朝10時半から、東大寺二月堂参籠所で行う、奈良インターカルチャー12月講座のパワポつくりで徹夜中です・・・。

3月のあの、お水取り行事の神名帳で、うちの蔵王権現さま(金峯大菩薩です)が筆頭で呼ばれるという謎を語ります。謎は謎で終わるのだけど・・・・。

パワポはなんとか出来ました。

今月は20日に名古屋の中日文化センターでも講演会があります。あっちはまだ手つかずだぁ。

ともかくもう寝よう!!

« 歳末助け合い托鉢行 | トップページ | 追悼・・・18代目中村勘三郎 »

講演」カテゴリの記事

コメント

うわぁあ! 山人先生、今見ましたよ…orz
(どのみち今日はお邪魔できなかったか…。)
その「謎」、昔から気にはなっていて、当てずっぽうな推論は色々できるものの、本当のところをお聞きしたかった…ですね。
こうなったら、年内に無理矢理名古屋に里帰りしちゃおうかな…(^^;)

あのーー高野若さん。

謎は謎で終わっていて、答えを出せたわけではありませんので…(^_^;)

今、東大寺で使われている神名帳は、実忠さんがはじめた当時の原本ではなく、
平重衡に焼かれて以後に書かれたであろう、室町期の写本らしいので、
当初から筆頭であったかどうかは、考証できないそうです。。寺伝では当初か
らの内容として伝えていると聞いています。

第一番目に呼ばれるのは、東大寺と金峯山寺の関係がとても濃厚であったこ
とと、奈良期に金峯大菩薩自体の霊格が極めて際立っていたことなどをお話し
て、話は終わりました。さてさて・・・・

名古屋での話は違う話ですので・・・。

時間場所はまたアップします。

テーマ変われど、山人先生のお話にはハズレがないので、安心して聴ける…当然、常にそれを維持…いやさらに上向きを目指す凄さには、いつも感動してしまいます!
…あ、でもいつだったか、一度だけ完全に「このネタ嫌いや〜」って感じで反逆・抵抗の意志を前面に出しておられた時がありましたよね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歳末助け合い托鉢行 | トップページ | 追悼・・・18代目中村勘三郎 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ