« あなたの一票がこの国の未来を決めます??? | トップページ | 今年ラストです! »

「衆議院選挙、徒然に・・・」

「衆議院選挙、徒然に・・・」

思った通りというか、まあ当然のように自民党の圧勝でしたね。

投票率が低かったのは残念ですが、私も含めて、日本の今の民度と、候補者の資質と、今回の争点を考えるとこれも結構当然の結果のように私は感じています。
...
だいたい3年前に自民党は負けすぎたわけで、その後の、民主党のていたらくを考えると、ふつうはこうなるでしょう。一度は国民が否定した、自民党政治に戻りたいっていうわけでは決してないようにも思います。

第三極が勝てなかったのは、投票率も関係してるかも知れませんが、選挙直近でのどたばたの感が、国民に期待感をもたせなかったのでしょうね。

そういう意味ではノダ総理の逆噴射解散は、小沢を葬り、石原・橋下を伸ばさせなかったという結果と、民主党の惨敗だけを残したみたいですね。あの人、歴史上、どういう評価になるのでしょうか。鳩山以下、菅以上・・・っていうくらいになるように感じます。

まあ民主党って、この党を作った鳩山と小沢がすでにいなくなっている段階で、ノダさんと輿石さんはあの党を終わらせていたのだから、自民党が一人勝ちするのはしかたがないでしょ。前の選挙も、自民のちょっと負けが大敗に繋がったことも含めてね。

二大政党政治って、この国には合わないっていう、今回の選挙結果でしたね。ずいぶん時間をかけてやってきたけど・・・・。

私は谷垣元自民党総裁の選挙区・・・。選挙区は谷垣さんにいれたけど、比例区は自民党にはいれなかったのでした。

もう、誰もがわかっているように、原子力発電はリスクが多すぎて、撤退するべきだけど、その撤退への設計図を責任持って書いてくれる党がわからない。自民党に期待するしかないとするなら、本当に国民が政治に目覚めて、監視しないといけないが、それって、どうなの・・・ってやっぱり思うわけです。

近代主義の洗脳に、はまっているように思えてなりません。

でも近代に生かせていただいているのだから、それを含めて、自分の出来ることを頑張ってやっていきたいと思います。
この国の形、次の参議院選挙で問われます。ここが、とても大事になっています。ひしひしと感じますね。

・・・・まあ、選挙速報を聞きながら、つれづれに書きました。
522569_431845980214730_1354352057_n
続きを読む

« あなたの一票がこの国の未来を決めます??? | トップページ | 今年ラストです! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山人先生、お言葉ですが…また「近代主義」のせいにするのは、些かお門違いかと。
薩長このかた、「近代」ならぬ「似非近代」、「和魂洋才」ならぬ「無魂洋才」で、農・工・商のみ肥え太らせてきた帰結が今の亡国日本の姿なのではありませんか?
…若造ゆえの過ぎた言葉をお許し下さい。

今まで自民党も好き勝手にやってきた訳ですが、民主党のここ3年数ヶ月は余りにも酷い状況だったと思います。人間的、信条的にも国家観をもったのがいませんでしたよね。2度目の安倍政権の真価が問われます。昔ながらの進歩的文化人、朝日など反日マスコミのネガティブキャンペーンを撥ね返すだけの胆力も必要でしょうヽ(^。^)ノ

高野若さん、読み違いですよ。っていうか私の言葉不足なのですが・・・。

もう15年くらい、近代との戦いを標榜してきましたが、今年、内山節先生とお話をして、また少し近代に対する見方が深くなりました。

近代とは国民国家、資本主義、市民社会が三点セットでやってくる。その中の国民国家が第一義だそうです。

でね、それが人類の歴史的発展の中で生まれて来たというのが今までの神話だったのでしょうが、
それ自体が怪しいとも思うわけ。

ただまだうまく私の中で、言葉に出来ていません。バージョンアップの作業中です。

あなたの一票がこの国の未来を決めます・・・っていうのがねえ。国民国家の、罠かなあ。
最近その呪縛をうまくいえなくて、ジレンマがあって、ああいう、言葉にしてしまいました。

まあ国民の約半分(投票率59.04%)しか選挙に行かなかったのに、自民党が大勝ちしたのも、私達の一票が決めた日本のかたち。

・・・・でも、これでも、私は安倍さんに大いに期待をしています。

ともかくこれで参議院選挙を自民党が勝たないと、また政治は酩酊するから、そこのところ、国民みんなは責任を負うべきでしょうね。

山人先生、私ふぜいが、言葉が過ぎたことは謝罪致します。ごめんなさい。<(_ _)>

ただ、内山先生の「近代」概念自体が彼の先生独特のものですし(大好きですけどね…空論ではなく、ちゃんと土の匂いがするところが)、
国民国家・資本主義・市民政府が発展史観的に成立するなどという、大昔のヘーゲル教徒のようなオメデタイ信仰は、
当のヘーゲル教徒さんたち自身によってさえ半世紀以上も前に完全否定されているわけですから、今更疑問に思うまでもないような気がします。
もっとも…そうしたオメデタイ信仰が産み堕とした人類史上最大最悪の実験の悲劇が、我が国の極めて身近で未だに二匹ばかり息をしているわけですから、
これらを完全に叩き潰して初めて、理論上の破綻が現実世界でもやっと証明され得るのだとは承知しておりますが。

ついでまでに申せば…安倍さんには、彼が世に初めて認められた原点に立ち戻って、北朝鮮による拉致被害者全員無事奪還だけでも成し遂げて欲しい。
…たとえ、問題の源にある上記オメデタイ狂信徒の根絶には至らなかったとしても。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたの一票がこの国の未来を決めます??? | トップページ | 今年ラストです! »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ