« 蔵王堂での東日本大震災三回忌法要 | トップページ | 東日本大震災物故者慰霊三回忌法要 »

東大寺お水取りと蔵王権現

Page001


今日は311.思えば二年前のこの日、東大寺では修二会お水取り行事の最中だった。
この行法、今年で1262年間、不退の行法として続いている。また関西に春を告げる行事としても名高い。

さて、この東大寺修二会(お水取り)では、三月一日から十二日まで毎夜「神名帳」という、全国の神様の名前を読み上げ、二月堂道場にお迎えする儀式が行われている。
あまり知られていないが、その時呼ばれる一万三千七百余座の神様の中で、最初に読み上げられるのが「金峯大菩薩」、つまり、金峯山寺のご本尊である金剛蔵王権現である。

... お水取りはあと二日。

蔵王権現さまのお力と練行衆の行力で、この世の平安が保たれんことを念じてやみません。

写真は神名帳。

« 蔵王堂での東日本大震災三回忌法要 | トップページ | 東日本大震災物故者慰霊三回忌法要 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵王堂での東日本大震災三回忌法要 | トップページ | 東日本大震災物故者慰霊三回忌法要 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ