« 青の吉野山、青の蔵王権現 | トップページ | 朗読劇「額田王と吉野」 »

ウルトラトレランマウントフジの前夜祭

02
急遽決まったのですが、世界的なイベントになりつつある、ウルトラトレランマウントフジの前夜祭懇親会で、大会参加者の安全祈願勤行に参戦することになりました。

弘法大師の道などのプロジェクトでご一緒して以来少し親しくしていただいている鏑木毅さんが委員長を務めておられるがご縁で、今夜、富士山麓河口湖に山伏が参戦します。

ただ安全祈願のお手伝いをするだけで、私が走るわけではありません。
...
ウルトラトレランマウントフジは以下↓

http://www.ultratrailmtfuji.com/


私と鏑木毅さんとの「弘法大師の道」対談は以下↓

http://www.pref.nara.jp/nanbu/kobodaishi/koubou_01.html
Kb_01_top_06zu1

« 青の吉野山、青の蔵王権現 | トップページ | 朗読劇「額田王と吉野」 »

コメント

登詣は1合目から神仏や眷属さんに挨拶をしながら2合目、3合目と歩き神仏や眷属さんが顕れる合目まで進み、
神仏や眷属さんが顕れなかったら、それ以上は登ってはならないと行者さんに常々御教えを承けています。
行者講では行者さんの袖の下に入っているから奥駈けなどできるが、行者さんに見離されていれば畜生が山野を
駈けることと一緒で「人」とは神仏は認められないとのことでした。
蔵王堂をはじめ神社仏閣の屋根に鳥などが糞尿をかけて罰があたり死ぬことはないです。また人間が不敬をはたらいても罰が当たらないのは神仏は「人」と認めていないのです。
トレイルランナーが顕れた神仏に挨拶をして駈けられているのなら別ですがただ走るだけなら畜生と一緒です。
行者さんの弟子である修験者であれば諌めることが本来の姿であると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青の吉野山、青の蔵王権現 | トップページ | 朗読劇「額田王と吉野」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ