« 「あとからくる者のために」 | トップページ | 「大峯山」 »

「山の論理と都会の論理」

10616015_725301464202512_7921948095


「山の論理と都会の論理」

最近、百名山登山とか、中高年の登山が流行っていますが、どうも私は無宗教です無信心ですといった日本人のカルチャー、一神教的な価値観に洗脳されて西洋人と同様に自然を物として見る、畏怖する心を忘れた、そういう心で山との関わりを持つことに、大変な危険を感じています。

日本人はもっと敬虔な思いで自然と関わってきたのであります。山にいくと山の論理に従うことを前提に体も鍛えたし、準備もしたわけでありますが、今は自分達の論理、都会の論理でそのまま入っていくから道に迷って遭難するわけであります。

山に入ると誰も助けてくれません。万一の山岳事故になって、助けようとすると(山岳救助隊や経費やらで)大変なことになるわけであります。そういったことがどうもおかしくなっている。

今の日本人はどこか一神教的な価値観の上澄みだけに侵されているところがあって、西洋的な急作りの自分達の勝手な価値観で何でも行ってしまう。

私達の先祖たちはそんなことはしてこなかったはずだと思います。たぶん100年前にこの日本山岳会が設立なった時の先人たちというのは、明治以前のカルチャーをたくさん持った人たちが日本的な登山の形を踏まえて試行錯誤しながらお作りになったんだろうと思います。

今は明治以前のものって本当に少なくなってしまいました。私は、修験の身でございますが、修験も明治に殺されながら、まるで天然記念物のようになりながらも、なんとか生きてまいりました。

そんななかで、今申し上げたような価値観が実は残されているのだということを申し上げているわけです。そういった意味で、これからの日本的な登山のありかたを創造するというのが、大変大事なのではないか、と思うわけであります。

  ー日本山岳会創立100周年、関西支部創立70周年記念講演会・田中利典「役行者と修験道」(平成17年11月 於高野山大学)より

« 「あとからくる者のために」 | トップページ | 「大峯山」 »

講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「あとからくる者のために」 | トップページ | 「大峯山」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ