« 蔵王堂秘仏ご開帳夜間拝感・・・今夜がラスト | トップページ | 「木曜スペシャル 探訪!京都巡礼団2~朝廷vs武家 時の権力者たちが信じた秘密の力」 »

「慈母の如き人を悼む」

今日、午後から東南院の親奥様の本葬儀が東南院鳳凰殿で執り行われる。
朝から吉野山は、奥様のご逝去を悼むかのような雨が降り続いています。慈雨とも思うべき、雨の朝であった。

奥様には若い頃より本当に大変お世話になった。少し、文章を書いてみました。

***************

「慈母の如き人を悼む」

私は比叡山高校に入る前、十五才のときに第二十八世金峯山寺管領の故順教猊下のもとで得度受戒し、その後、夏になると猊下ご自坊の東南院にお手伝いに上がった。あの頃の東南院は林間学校の生徒で一杯で、連日とても忙しかったことが懐かしい。高校卒業後は一年間、東南院で随身し、その間に四度加行も履修させていただいた。一年後には龍谷大学に入ったが、夏になるとやはり東南院の手伝いに帰山した。私にとっては東南院はまさに第二の故郷であり、事実、東南院に戻る度に奥様からは「おかえりなさい」と言っていただいていた。その奥様が先月逝去された。九十二才の生涯を閉じられたのである。またひとつ故郷を亡くしたような、漠々たる寂しさを禁じ得ない。

私は今でも東南院のお内仏に、ことある度にお参りさせていただいている。縁あって弟が東南院の住職に就いたことも関係なくはないが、それよりも私自身が長く東南院での随身生活を送り、このお寺で僧侶にしていただいたという思いがあるからである。その随身生活にはいつも奥様がおいでになった。奥様に物心ともにお世話になったお蔭で、今の私があるのは間違いない。故に、なにほどの恩返しも出来ないまま、今生の別れとなったと思うと、ただ寂しいだけではなく、申し訳ない思いで胸が一杯になる。

奥様は南満州でお生まれになり、終戦を経て、満州からの引き上げ後は、神職をされていた父君とともに、橿原神宮、丹生川上中社と居を変えられた。そんな中で、五條順教猊下とご縁を得られ、東南院に入られたのである。以後、六十数年、東南院の護持経営にその身を尽くされ、また順教猊下を支え宗門の発展にも大いに力を果たされた。

私のこと、弟のことを思うにつけ、私どもと東南院さまとのご縁は深いが、そこにはいつも奥様の存在があった。優しい眼差しの奥にある真実を見通す目、その慈母の如き慈しみに満ちたご尊顔。順教猊下の恩徳とともに生涯忘れずに感謝申しあげたいと思っている。

 
****************

寂しいお別れであるが、しっかりとお弔いをさせていただきたい。

« 蔵王堂秘仏ご開帳夜間拝感・・・今夜がラスト | トップページ | 「木曜スペシャル 探訪!京都巡礼団2~朝廷vs武家 時の権力者たちが信じた秘密の力」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ