« 蔵王供正行21日目 「入我我入」 | トップページ |  蔵王供正行24日目  「煩悩・・・」 »

蔵王供正行22~23日目 「有り難い」

1432378109635

「有り難い」

蔵王供正行22日目(5月22日)。快晴。

今日の一日。

5時に起床。
5時40分、第43座目蔵王権現供養法修法 於脳天堂
7時、本堂法楽・法華懺法         於本堂 

9時、第44座目蔵王権現供養法修法      於脳天堂
10時20分、本堂法楽・例時作法      於本堂

12時半、水行              於風呂場
13時、法楽護摩供修法          於脳天堂
14時、本堂法楽・法華経読誦       於本堂
    
    参拝者3名。
    護摩の前に、東京から、友人S氏が奥様連れでお見舞いに来山。
    参拝者はミクシイ友だちと、宗務総長にお世話になった
    Kさんの二組。今日もいい天気だった。
    境内に黒い蛇が出て、大騒ぎとなった。

蔵王供正行23日目(5月23日)。。
日程同じ。45座、46座修法

    参拝者5名。
    護摩に併せて、名張より弟子の慧月くんが来山。
    東京から大橋さんという大学の先生もおいでになり、
    地元の信者さんも参拝という賑やかなお参りになった。

****************

「有り難い」

ありがとう、の反対言葉は、あたりまえ。

ありがとうは有り難いということで、希有なこと、不可思議なことでもある。

生きているのは奇跡であり、息をするのも、朝目が覚めるのも、元気で暮らせるのも、実は希有な毎日を生きている。生かされているともいえる。

そこを忘れると、当たり前のように、生きることになる。なんでもあたりまえ。息ができるのも、三度のおまんまが食べられるのも、朝目が覚めるのも、あたりまえ、っていうことになるわけ。

「おまえ、このところ、あたりまえに生きてたんじゃないの!」と、今日の蔵王さんは、いつも以上に厳しく私をみていてくださったようだった。

ここ10年、確かにいそがしくする中で、全部があたりまえのような、そんな我が物顔の私がいたのかもしれない。

昨日も今日も遠来の方々にお見舞いに来て頂く。ほんとうに有り難いことである、ありがたさを改めて、かみしめている。

写真は今日のお護摩。いままでいちばん火が痛い護摩でした。

« 蔵王供正行21日目 「入我我入」 | トップページ |  蔵王供正行24日目  「煩悩・・・」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵王供正行21日目 「入我我入」 | トップページ |  蔵王供正行24日目  「煩悩・・・」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ