« 蔵王供正行46日目 「見えた!・・・かな」 | トップページ | 蔵王供正行48日目  「たなかりてんと吉野山」 »

蔵王供正行47日目  「山を下りて、どうするの?」

1434439124215


1434439162639


1434439176090

「山を下りて、どうするの?」

蔵王供正行47日目(6月16日)。晴れ時々曇り。

今日の一日。

5時に起床。
5時40分、第93座目蔵王権現供養法修法 於脳天堂
7時、本堂法楽・法華懺法         於本堂 

9時10分、第94座目蔵王権現供養法修法  於脳天堂
10時20分、本堂法楽・例時作法      於本堂

12時半、水行              於風呂場
13時、法楽護摩供修法          於脳天堂
13時45分、法楽勤行          於本堂

参拝者4名。河内さんが行中7度目の助法。
そして今日も遠来の随喜者が3名。
一人は柏市から2泊3日でお越しいただいた
Hさん。東京の講演会などにもおいでの方。
でも、わたし的には今日が初対面です。
それから、奥駈仲間で智山派の安田さんと、高尾の
行者戸田さん。有り難い随喜をしていただいた。
いいお護摩でした。

****************

「山を下りて、どうするの?」

今日もとんでもない遠方からのお客様だった。

考えてみると、この47日間、ほとんど絶えることなく、参拝者、随喜の方々においでいただいている。奈良、大阪はいうにおよばず、福岡や東京、茨城・・・と、ほんとに、こんな不便な片田舎にお出まし頂いて、恐縮である。来た方の多くが「遠かった」と感想を述べられているが、ほんとの話である。

その中、今日のHさんや、一昨日の広島の若者?などはじめ、初対面の方に、たくさん来て頂いている。きっとこんなご縁がなかったら、一生、綾部なんぞにはおいでにならなかったであろう人々も多いはず。有り難いし、いかにも希有な出来事だと思っている。

「山を下りて、どうするの?」という命題を持った蔵王供修行であると、昨日の日記に認めたが、この遠来のみなさんのご参拝が、ひとつの答えでもあるように思う。

Hさんも、一昨日の広島の若者も、とてもいい護摩にお参りしたと言っていただいた。来た甲斐があったとも思っていただいたようだった。Hさんは何故か泣けた仕方がなかったともおっしゃっておられた(護摩の煙ではなく…(^_^;) )。奈良のMさんのように、二度も足を運んでいただいた方もある。本当に行者冥利に尽きるといえよう。

そしてなにより、この随喜の方のお蔭で、曲がりなりにも、全うに今回の修行が行えているのだと確信している。今まできていただいた人も含めて、みなさんに深く感謝申し上げたい。

残すところ、明日・明後日。3日後は満行である。いよいよ心を引き締めて、修行をやり遂げたいと思っている。

写真は智山派の名僧二人に随喜いただいた今日の護摩。わたし的にもいい感じの護摩だったといえる。もう一枚は遠来の随喜者Hさん・・・。

« 蔵王供正行46日目 「見えた!・・・かな」 | トップページ | 蔵王供正行48日目  「たなかりてんと吉野山」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵王供正行46日目 「見えた!・・・かな」 | トップページ | 蔵王供正行48日目  「たなかりてんと吉野山」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ