« 「紀伊山地の霊場と参詣道はグローバリゼーションとローカリズムが出会った聖地」 | トップページ | 紀伊山地三霊場フォーラム「紀伊山地の霊場と参詣道で行じる(歩く)こととそこへ至る魅力」 »

「瓜二つ・・・??」

Dsc_4335

「瓜二つ・・・??」

昨日の南都和唱会で、元興寺の辻村泰源和尚とご一緒した

実は私は辻村和尚さまによく間違えられる。いつぞやなどは、薬師寺のK師に出会って、隣におられた奥様に「元興寺の辻村さんです・・・」と紹介されたことがあるほどだ...

とまあ、そういう話をすると、「いやいや、私もよく間違えられますよ。いつぞやなどは、新幹線で、田中利典さんですね、と声を掛けられましたし・・・」と切り替えされた。

学識ある辻村和尚に間違えられるのは光栄なことだが、私如きと一緒にされてしまうのは、いかにも辻村和尚には気の毒をしているなあと思っている。

めったいに行かない奈良の某所で、なんどか鉢合わせもしたことがあり、ご縁があるだけに、笑い事ではない話である。

で、昨日は懇親会でご一緒したので、ついでに自撮り写真を撮ってきた。見比べると全然違うのであるが、坊主頭、丸いメガネ、強烈な笑顔などなど、パーツとしては要素が一緒なのかもしれない。やっぱり違いがわかる髭があった方がよかったかなあ。

そんな昨日の写真です。

« 「紀伊山地の霊場と参詣道はグローバリゼーションとローカリズムが出会った聖地」 | トップページ | 紀伊山地三霊場フォーラム「紀伊山地の霊場と参詣道で行じる(歩く)こととそこへ至る魅力」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「紀伊山地の霊場と参詣道はグローバリゼーションとローカリズムが出会った聖地」 | トップページ | 紀伊山地三霊場フォーラム「紀伊山地の霊場と参詣道で行じる(歩く)こととそこへ至る魅力」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ