« 「イマドキ」 | トップページ | 「土と詩」  »

「菩薩の詩」 

20100828095959


私は講演会でときどき「菩薩の詩」というのを紹介する。
紹介するたびに、何人かの方から、全文を教えてくださいと言われる。

先日の三井記念美術館の法話会でも紹介したが、やはり聞かれた。
以前に本稿でも書いたことはあるが、再度紹介しよう。

***************

「菩薩の詩」 

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい・・・。

***************

これは「逆説の10カ条」といって、マザー・テレサがカルカッタの孤児の家の壁に書いたことで有名になり、マザーの名言として広く世間に流布しているが、 実はマザー・テレサ自身の言葉ではなく、アメリカ人のケント M. キースさんの作ったものらしい。

「菩薩の詩」というのも、私が勝手につけた題である。

ここ数年、考えられないような裏切りやひどい目に遭い、神も仏もないものか、と思うような世間の仕打ちにあってきたが、そのとき、この詩に私自身、支えられた。

菩薩の道というのは、こういうことだろうとそのときから思って、沢山の人に紹介をしている。人生の非合理を謳ったいい詩です。だからこそ、菩薩の道をゆくのだと思っています。

« 「イマドキ」 | トップページ | 「土と詩」  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

理解されるよりも理解することを…愛されるよりも愛することを…与えられるよりも与えることを…
大学時代から毎日祈る、私の大好きなマザー…
りてんさん、ありがとうございます。

コメントありがとうございます。いい詩ですね。り拝。

マザーテレサが愛した、平和の祈りの一部です(^^)カトリック教会のミサで歌が歌われることもある祈りです(^^)
私は妊娠で体調を崩すまで看護師をしていましたが、平和の祈りを唱えてから出勤していました(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「イマドキ」 | トップページ | 「土と詩」  »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ