« ケント・ギルバートさんと綾部 | トップページ | 「PVシリーズ番外②:エフエムあまがさき「8時だヨ!神さま仏さま」 »

「インタビュー:修験道と現代日本」

1453883224018

UBrainTVの「インタビュー:修験道と現代日本」が本日付けで、配信停止になります。

大変残念なお知らせです。所謂、UBrainTVのJapan支社の閉鎖にともない、サイトの公開も今日まで。

私的にはいろいろなインタビューを受けた中でも、秀逸のできだっただけに、とても残念です。

...

まだご覧になっておられない方は、お急ぎ、視聴ください。約15分の映像です。今の時点ではまだ見られますので・・・。

« ケント・ギルバートさんと綾部 | トップページ | 「PVシリーズ番外②:エフエムあまがさき「8時だヨ!神さま仏さま」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

修験道と現代日本、おかげさまで見ることができました。素晴らしい内容でした。
特にも、共生は共死である、との最後部分は感銘を受けました。山の神仏達と私たちは一体であって、その関係は切れることがないのだということは、我々の一挙手一投足が山の神仏の行為となることでもある。その重さを改めて感じさせてもらいました。

ありがとうございました。今日で公開がされなくなるのはとても残念なことです。。

ほんと。残念ですね。で、観れなくなる前に、最後の部分、メモさせてもらいました。
「自然が壊れるとお前が思うことはおこがましいことだ。なぜなら、自然というのは常に人々とともにあるし、人々が壊して自然が壊れるなら、ともに死んでやる。よく共生ということがいわれますが、共生は共死をともなう。ともに生きるということはともに死ぬことなんだ。我々が思わなければならないのは この地球、周りの自然、これは人間が生まれて以来常にそのなかで生かされてきて、しかも壊し続けたことによって環境問題は出てきているんですが、人間存在というのはたぶんそれは永遠の宿題みたいに背負っているものなので、我々が生きてきたということは自然とともに生きてきたし、自然が死ぬということは我々も死ぬことなんだ、それが実は我々と自然の関係の普遍性なのかな。」

人と共生共死する自然。いつでも潔く死ぬ覚悟が定まっているとき、愛情も惜しむことなくそそぐことができるのでしょう。自然とは人間の厳父であり慈母であるのですね。

おはようございます。今朝ままだインタビューが観れました。ありがたいことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケント・ギルバートさんと綾部 | トップページ | 「PVシリーズ番外②:エフエムあまがさき「8時だヨ!神さま仏さま」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ