« 「志と大きく持ちなさい」~田中利典著述を振り返る280218 | トップページ | 「生まれて初めての面接」 »

「蔵王権現の祈り」~田中利典著述を振り返る280220

Photo

「蔵王権現の祈り」
 ~田中利典著述を振り返る280220

蔵王堂のご本尊は普通の仏さんと違って〈蔵王権現〉と呼ばれる、修験道という山伏の宗教独特のご本尊なんです。

役行者という方が祈りだしたと言われるご本尊なんですが、〈悪魔降魔の尊〉、つまり悪魔を〈降伏〉する大変恐ろしいお姿をなさっています。悪魔降伏ですから、悪魔を懲らしめるというお姿の中にはさまざまな意味があるのですけれども、左足でドカッと大地を踏みしめる意味は、大地の揺らぎを鎮めるということなんですね。

昨年の三月一一日に東日本で大きな地震があって、大きな津波がありました。その翌日から私たちは大地の揺らぎを権現さまの足で鎮めていただけるように、何とかこれ以上この日本の大地が揺るがないようにということで、お祈りを続けてるんですね。今も続けてるのですけれども。

震災が起こってから一月ちょっとぐらい経った時に、お勤めを終わって本堂を出ますと、知らない人から声をかけられたんです。

その人は私のことをよく知ってて、東京方面で年に数回講演をしたりするので、その講演においでになったことのある方のようで、

「実は私は東北出身ですが、今回の震災で身内も友人も実家も誰も大きな被害に遭わなかった。それを思った時に誰かにお礼を言いたい、感謝の心を捧げたい、とそういう気持ちになって思わず新幹線に飛び乗っていた。で、気がついたらこの吉野の蔵王堂に来てお参りをしていた。

お参りをしていると、この蔵王堂で東北の震災のこれ以上地震が起こらないように、また亡くなったたくさんの方々の御霊が鎮められるように、というお祈りを毎日していただいてることにたまたま遭遇して、とても感動した。これは帰って実家の東北の人たちに、遠い吉野でも私たちのことをお願いをしていただいてる、お祈りをしていただいてるということを伝えたい」ということをおっしゃっていただいた。

震災については救援活動とかいろんな支援の仕方があると思いますが、我々はまずご本尊に日々お祈りをして、そのお祈りを通じて何か出来ることはないだろうかという気持ちを持っていたのですが、お祈りをすること自体がこんなに人々を力づけることになってるんだ、ということを、その方を通じて教えていただいて、改めて「一生懸命にお祈りをすることの意味」を感じたんですね。

実は日本というのは、金峯山寺だけではなくて日本中のお寺で、例えば東大寺さまでも、春日大社さまでも、大阪ですと四天王寺さまでも、日々〈天下泰平〉〈風雨順次〉それから人々の安穏がずっと願い続けられている、そういうお祈りが続けられた一日が今日という一日なんだ、ということを私たちも自信をもって思わなければいけない。

そういうことが、出会ったその人を通じて、実になるんだとご本尊に教えられたような、そんな気持ちにさせていただいたことがあるんですね。

蔵王堂のご本尊はそれだけではなくて、お顔の色が青黒色という大変鮮やかな色をしておられます。こんなに色鮮やかな仏さまってあまり無いんですよね。顔は大変こわいのですが、その奥には仏さまの慈悲が込められている。そのこわいお姿の奥にある仏さまの慈悲はお肌の色に表れている。

仏教では「青黒は慈悲を表す」といいます。仏さまの慈悲があの青い色。我々はこれを〈恕の心〉と呼んでいます。「女」扁に「口」を書いて「心」。これは「お互いを許し、認め合い、慈しむ」ということなんですね。

権現さまのお姿はただこわいだけではない。悪魔を降伏するような大きな力がある。大地の揺らぎを抑えるような大変な力がある。でもその奥には人々を受けとめて、そして人々の安らぎを慈しんでやろうという、そういう大きな慈悲が感じられるのです。

日々のお勤めを通じて、いろんな出来事があるたびに、我々にとって大事なことは何なのかということをご本尊から教えられるようなことでした。ぜひ、たくさんの方においでいただいて、慈悲の心、お互いを認め、許し合うような、そういう大きな力のあるお祈りを感じていただけたらと思います。

ー『ちょっといい話 第11集―ABCラジオ 各界名士によるこころ洗われるお話』新風書房刊-2013年8月-より
http://www.shimpu.co.jp/bookstore/item/itemreco/1549/

************

本稿も一昨日に引き続き、ABCラジオ「ちょっといい話」(12・11・25 放送)に出演したときの話です。実はこのラジオ放送は、一度に2本取りをしました。だいたい、1回8分足らずの収録ですので、2本取りといっても、全部で30分もかかりませんでした。しかも、ぶっつけ本番で一発OKでしたし・・・。

一昨日の記事が2本目の収録で、今日の分が最初の話でした。

「ちょっといい話」という表題ですから、そういうような話を用意してきてほしいと言われて、スタジオ入りしました。果たして、制作者側の期待に応え切れたかどうかは、いささか自信はありませんが、東日本大震災でのお祈りと、この来訪者との話は、当時の私の心に強く残った出来事でしたので、紹介しました。

*写真は金峯山寺所蔵の蔵王権現立像

« 「志と大きく持ちなさい」~田中利典著述を振り返る280218 | トップページ | 「生まれて初めての面接」 »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「志と大きく持ちなさい」~田中利典著述を振り返る280218 | トップページ | 「生まれて初めての面接」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ