« 経歴を書いてみました・・・ | トップページ | 「蔵王権現の祈り」~田中利典著述を振り返る280220 »

「志と大きく持ちなさい」~田中利典著述を振り返る280218

「志と大きく持ちなさい」
 ~田中利典著述を振り返る280218

私は15で得度を受けて僧侶になりました。ですから前の管長様には15の時からお仕えしました。あんまりいろんなことを細かくは教えていただかなかったんですが、一番最初に言われたことが「志を大きく持ちなさい」という言葉でした。

で、その後こうしていろんなことをさせていただくようにはなるんですけれども、最初に管長様にそう教えられたことが私の大きな支えになっています。

金峯山寺は平成16年に〈世界文化遺産〉に登録をされましたが、この時も金峯山寺を世界遺産に登録出来ないかということで、ちょうど平成11年の12月25日、…金峯山寺は昔からなぜか12月25日が一山の納会(忘年会)なんですね。

で、この忘年会の日に管長様に「金峯山寺の世界遺産登録の運動を始めたいのですが」と申し上げたら「やってみろ」ということでね。そこから始めるのですけれども、それも「志を大きく仕事をしなさい」っていうことをずっと言われていたので、ほんとはなるかどうか分からないけれどもともかくやってみようということで始めたのでした。まあ、ほんとはなかなかそんなに簡単にいかないはずなんですが、ところが結構簡単にいったんですよ・・・中略・・・

その後、今度は登録が叶っただけではなくてそのことを始まりとして、世界遺産は自然と文化を二つながら保護・保全していこうというのが本来の目的ですから、熊野と高野にお声掛けして「紀伊山地三霊場会議」という、登録資産を持っている者同士の連絡協議会をつくりました。

紀伊山地の三霊場というのは道も登録されていますし、三つの霊場が大変広く、1万3千ヘクタールという日本で一番広大な広がりがあります。その分、いろんなことが起こるじゃないですか。ですからやはり皆で考えていこう、次の世代に伝えられるように、守っていくためには単に文化振興とか、観光振興とかではなくて、守っていくための手立ても考えようという取り組みを始めます。

現在は高野山の松長有慶座主猊下に総裁を務めていただいて、年に一回守るための会議を開催しています。そういう大きな活動を進めて来られたのも、若い頃に管長猊下に「志を大きく持ってお坊さんになりなさい」という教えをいただいたお陰と思っています。

38年間お務めして管長様は先年お亡くなりにはなるのですけれども、今でも管長様の墓前に行くと、自分に「志を大きく行動しているか。これで間違いがないか」と、いつも自問自答しています。ほんとにあまり細かいことはおっしゃらなかったのですが、最初にそういうことを言うていただいたことが、後々の自分をつくっていくのに大きな力になった、と思っています。

大変、私にとってありがたいことですね。そういう意味では単に世界遺産になったことをゴールとせずに、なったことから始めるということで次の世代につなげていく、そういう志を継ぐ人をお寺の中に、あるいは地元の人の中につくっていくことも、管長様の「志を大きく持ちなさい」とお教えていただいたことを、若い人たちにつなげていくことになるのではないかなと思っているところです。

ー『ちょっといい話 第11集―ABCラジオ 各界名士によるこころ洗われるお話』新風書房刊-2013年8月-より
http://www.shimpu.co.jp/bookstore/item/itemreco/1549/

************

本稿はABCラジオ「ちょっといい話」(12・12・30 放送)に出演したときの話を、本にした文章です。もう3年以上前になりますね。

同じ話を読売新聞でもしたことがありますが、いわば私の活動の原点となった、師から頂いたお言葉でした。

今も忘れてはいけないと自戒しています。

« 経歴を書いてみました・・・ | トップページ | 「蔵王権現の祈り」~田中利典著述を振り返る280220 »

随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経歴を書いてみました・・・ | トップページ | 「蔵王権現の祈り」~田中利典著述を振り返る280220 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ