« 「書が日本を救う②」~田中利典著述集280302 | トップページ | 吉野、奈良・・・の日々 »

『月刊住職』3月号に吉野山人登場

10259940_1006879342711388_519393163

12495262_1006879379378051_4550523_2


『月刊住職』3月号に、大変、褒めていただいて、私のことを紹介して頂きました。
 
取材は昨年にあったのですが、ようやく、今月号で記載されました。
 
とても丁寧な取材で、記者のUさんが、わざわざ東京から綾部までおいでいただき、熱心にお話をきいていただき、また合計8ページにも及ぶ熱烈なる文章を書いていただきました。以前に取材でお会いした方でしたので、私も気さくにお話が出来ました。
 
「衰えかけた吉野山修験道を世界に知らしめた住職の粉骨砕身」ー明治政府により壊滅的に破壊された奈良の吉野山修験道だが、今やユネスコの世界文化遺産にも認定され日本文化の中心として世界中から注目を集めている。その立役者が金峯山修験本宗の元宗務総長でもある京都府綾部市の住職だ。修験再興への奮迅の軌跡をルポ。
 
・・・とまあ、少々というか、針小棒大にかなりな褒めすぎの内容ですが、よろしければ、書店で手にとって見ていただければと思います。
 
まあ、いないとは思いますが、私のファンなら、涙がちょちょぎれるような内容です。いささか恥ずかしいです。

« 「書が日本を救う②」~田中利典著述集280302 | トップページ | 吉野、奈良・・・の日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ