« 「今日はお護摩の日」 | トップページ | 「チベット旅行記」⑥ ー田中利典著述集を振り返る280905 »

「チベット旅行記」⑤ ー田中利典著述集を振り返る280904

Photo_51

「チベット旅行記」⑤ ー田中利典著述集を振り返る280904

10年前に綴ったチベット旅行記のその5です。

***************

「白居寺の感動」ーその1

今回のチベット巡礼で一番感動したのはギャンツェの街で訪れたパルコン・チューデ(白居寺)だった。白居寺は15世紀初頭の創建で、当初はサキャ派の寺院だったが、その後、シャル派、ゲルク派が相次いで入り、各派共存の寺として存続している。この寺で有名なのがクンブム。俗に八角塔と呼ばれる白い仏塔は十三層からなり、その高さは34メートル、基壇の一辺は52メートルに及ぶチベット最大の仏塔だ。クンブムとは百万の意味で、十三層の建物の壁には百万の仏像が描かれているという。同行の正木先生から「チベット仏教最高峰の仏画群です」と説明を受けたが、本当に素晴らしい壁画群であった。

その白居寺でまずはじめに感動したのは境内一杯にあふれる巡礼者たちだった。本堂前で五体倒地をする人、五体倒地をしながら境内を巡礼している人。ラサのジュカンでもたくさんの五体倒地者を見たが、ここではその数が数倍だ。そしてチベット第一の都市ラサを上回る巡礼者の熱気なのだ。いや、ギャンツェという田舎街だからこそ、中国ナイズされる以前の純朴なチベットが、ラサより遙かにここには息づいているという印象だったのである。

本堂に参観し、巡礼者が額づく御本尊御宝前で錫杖を振りながら声明と般若心経の勤行を行う。チベット滞在中は訪問した各寺院で団員一同が一緒にお勤めをさせていただいたが、この時の勤行ほど、唱えながら感激したことはなかった。遠く日本からなにか深い導きを得て、ここギャンツェで、この勤行の瞬間を迎えているっていう、天啓のような感動を覚えたのだった。

ー仏教タイムス2006年9月掲載「チベット旅行記」より

*写真は行く先々のチベット寺院で勤行する一行。

« 「今日はお護摩の日」 | トップページ | 「チベット旅行記」⑥ ー田中利典著述集を振り返る280905 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今日はお護摩の日」 | トップページ | 「チベット旅行記」⑥ ー田中利典著述集を振り返る280905 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ