« 「デクノボー」ー田中利典著述集281229 | トップページ | 「日本文化の再生」ー田中利典著述集290101 »

SMAP解散の真実!

161226_top

「SMAP解散の真実!」

3日遅れでスマスマの最終回の録画を見た。スマスマの最終回というより、事実上のSMAPの解散である。

以前にも書いたが、今年1月12日にスポーツ新聞が報じた「SMAP解散」に揺れたこの1年だった。ファンもファン以外の人もいろんな憶測に杞憂したことだろう。そしてこの年末にSMAPは別れも言わず、静かに解散した。つくづく「諸行は無常」だなあと感じている。SMAP解散の真実とはまさに「諸行無常」という事実しかあるまい。

「諸行無常」とはこの世の理。…この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、永久不変なものなどないという『涅槃経』等に説かれる仏教の真理であるが、わかっていても切なくて儚いモノである。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」・・・という平家物語の一節が思わず心に浮かんでいる。

「祇園精舎の鐘の音は、世の中に不変はないと言っているように聞こえる。沙羅双樹の花の色は、盛んな者は必ず衰えることを表している」というような意味であるが、国民的グループもまたその理からは免れることがないのだ。

そういうことを学んだ1年だったと言えるのではないだろうか。

いや、ひとりのファンとしては歳衰えた醜態を見せず、解散をする美学をたたえてあげたいと思う。

それにしてもスマスマの最終回はなんともいえない後味を残して、SMAPを伝説の向こうに押しやったような気がする。

伝説と成って消え去る方が、これ以上仲間割れの醜態を見せるようにも、美しいのである。

« 「デクノボー」ー田中利典著述集281229 | トップページ | 「日本文化の再生」ー田中利典著述集290101 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「デクノボー」ー田中利典著述集281229 | トップページ | 「日本文化の再生」ー田中利典著述集290101 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ