« 「ア・センスオブホーム・フィルムズ」(上)ー田中利典著述集290530 | トップページ | 武田鉄矢の「三枚おろし」 »

「ア・センスオブホーム・フィルムズ」(下)ー田中利典著述集290531

「ア・センスオブホーム・フィルムズ」(下)ー田中利典著述集290531

過去に掲載した記述したものの中から、折に触れて本稿に転記しています。

今日はお約束通り、昨日に続きに「ア・センスオブホーム・フィルムズ」金峯山寺奉納上映会挨拶の(下)です。

**********************

映像作家の河瀬直美監督は、東京で(あの東日本)大震災に遭遇されました。揺れるビルの中で感じたことは、「息子のそばに帰りたい、故郷の奈良に帰りたい」という思いだったそうです。身に迫る危機を前にして、人は誰でも、愛する人に会いたい、故郷に帰りたいと思う。それは世界中のだれもがどこであっても、同じように感じる感覚だと思います。

河瀬監督は、東日本大震災に対し自分に何が出来るかを考え、その地震に遭ったときの思いをそのまま形にしようと思われました。そして世界中の映像作家に呼びかけて、今回の「ア・センスオブホーム・フィルムズ」…ホームという感覚…つまり家、故郷、国土への思いをテーマとした映画が紡がれることになりました。

私たち金峯山寺では大震災に対し、家を守る祈りを届けたいと思い、芸術家は家への思いを形にしたいと思いました。それは、宗教と芸術が別々の方法で互いに共有した、ホームすなわち家や国土へのある種の危機感だったのです。その二つの出会いが本日の上映会に繋がりました。

今、大震災から半年を経て、「あれはなかったことにしよう」というような、日本の風潮を感じます。東北で苦しむ被災者のことも、原発事故でどうにもならない事態に陥っている福島のことも、まるでよその国の出来事のように、どこかで忘れたい、豊かな元の生活を早く取り戻したいという世の中の流れに、私は大変な憂いを感じています。

まだわからないのか、と大自然が、権現様が、言っておられるような気がします。揺るぎのやまない国土、うち続くさまざまな災害はそのお叫びのように感じてなりません。

あの9.11以降世界は変わりました。そして3.11以降、日本は変わらなければいけないと思います。なかったことにしてはいけない。その感覚を今回の作品映像が、今に生きる我々にきっと伝えていただけると思っております。そして、後世の人々にも伝えなくてはならないものだと感じています。

地震による福島原発の事故や、うち続く災害でわかったことがあります。それは効率優先という名のもとの経済発展がもたらした、豊かさが持つ危さであり、自然への畏敬や大地への祈りと感謝を忘れた行為の愚かさでした。

私たちは大地とホームを今こそ、取り戻す、取り戻す方向に向かわねばならないでしょう。今夜の映画祭を、蔵王権現様とともに鑑賞することで、なにかが生まれることを期待してやみません。

最後に、今回の奉納上映会開催に当たり、意を尽くして奔走された「なら国際映画祭実行委員会」のスタッフをはじめ、遠く日本にお出ましをいただいたビクトル・エリセ夫妻ほか多数の製作監督、多方面にわたり惜しまぬ協力をいただいた地元吉野山や関係各位のみなさまに心より御礼を申し上げるものであります。        

合掌

ー2011.9.11「ア・センスオブホーム・フィルムズ」上映会 於金峯山寺

参考資料主催:NPO 法人なら国際映画祭実行委員会
参加監督:アピチャポン・ウィーラセタクン、アリエル・ロッター、イサキ・ラクエスタ、ジャ・ジャンク、カトリーヌ・カドゥ、桃井かおり、百々俊二、ジョナス・メカス、想田和弘、チャオ・イエ、西中拓史、ウィスット・ポンニミット、レスリー・キー、ポン・ジュノ、キム・ソヨン、山崎都世子、ナジブ・ラザク、ペドロ・ゴンザレス・ルビオ、パティ・スミス、スティーブン・セブリング、ビクトル・エリセ、河瀨直美

*********************

Img_7421

いまでも、涙が出るような挨拶ですね。私のとっては魂を絞りって、お話しした上映会のオープニングでした。

世界の河瀬監督にいろんな機会でご一緒させていただき、その後も、先日の「知人友人探訪」のような、とてもフレンドリーな間柄ですが、ほんとはとても私などでは到底かなわない、もの凄い人だとあらためて感じた上映会でした。

あれから6年。河瀬監督はあのとき以上にビックにおなりです。負けてられへんと、この挨拶を思い出し、気持ちを強くしております。・・・まあ、ともかく今は肺炎を治さなくてはねえ。

みなさん、河瀬監督の最新作「光」に足をお運びください。映画ってあっという間に上映会がなくなってしましますからね。

*写真は上映会当日、スクリーンの前に並んでオープニングの挨拶をする私と河瀬監督。

追伸 
「りてんさんの知人友人探訪」河瀬監督編のYouTube
まだの方は是非お聞き下さい。
 → https://www.youtube.com/watch?v=76HCaXqAk1s&feature=youtu.be

« 「ア・センスオブホーム・フィルムズ」(上)ー田中利典著述集290530 | トップページ | 武田鉄矢の「三枚おろし」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ア・センスオブホーム・フィルムズ」(上)ー田中利典著述集290530 | トップページ | 武田鉄矢の「三枚おろし」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ