« 「父母への追慕抄~父母の恩重きこと天の極まりなきが如し」 | トップページ | 「つらつら思うに・・・」 »

夢のお告げ・・・

咳のおかげか、夕べは小さなまどろみを何度も繰り返す長い夜を過ごしたせいで、沢山の夢をみた。そのほとんどを覚えているが、最初の夢はショートショートの小説にしたいくらいの、奇妙きてれつな夢だった。そして、最後のみた夢の二つがとんでもなく、心を揺れ動かしてくれた。

最後から二番目の夢と最後の夢には父と、父と同じくらいお世話になった師が出てこられた。父はいまの私の体を心配してくれているのだろうと思う。昨日の法事のお礼のつもりなのかもしれないが、そのわりには母は来なかった。二人はあの世では一緒にいないのかなあと、わけのわからない、少なくともどっちにしろ、仏教的ではない考えで、そのことを受け止めていた。

最後の夢は、大きな意味を夢の中で、伝えていただいていたように思う。目が覚めて、思い出すほどに、私にはその意味がもの凄くよくわかった。夢の中で大きなものを授けられていた。

いづれも妄想とかたづけてしまえば、それだけのことである。
それも含めて、体の養生につとめなさいとの、たくさんの方からの夢のお告げだったと思っている。

« 「父母への追慕抄~父母の恩重きこと天の極まりなきが如し」 | トップページ | 「つらつら思うに・・・」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「父母への追慕抄~父母の恩重きこと天の極まりなきが如し」 | トップページ | 「つらつら思うに・・・」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ