« 2017年6月 | トップページ

神宮寺の機関紙「遊行帳」

松本の高橋卓志和尚さまから神宮寺の機関紙「遊行帳」最新号(42/69特集号上巻)が届きました。

Dsc_4633

おもえば20年近く前になりますが、全日本仏教青年会の全国大会メインイベント「葬式仏教をぶっとばせ」というフォーラムで、ひろさちやさんvs高橋卓志さんたちとのトークバトルのコーディネーターを私が務めさせていただいて以来のお付き合いがあります。

そのときは、高橋さんのスーパースターぶりをトークの中で賞賛して、こっぴどくひろさんに怒られたことがありました。懐かしいです。実は、あれ以来ひろさんの勘気をいただき、没交渉となりました。昨年ひさしぶりに奈良県宗教者フォーラムでおであいしましたけど、ひろさんはあいかわらず評論家無責任主義で、元気溌剌でした。

それはともかく、本書を一気に隅から隅まで読ませていただきました。特集「42/69」では高橋さんの父上の明治の神仏分離以降衰退した神宮寺再建のご苦労と、神宮寺ルネサンスの道筋が詳しく書かれていて、とても感動をしました。「修験道ルネサンス」を提唱している私としては、なんだか言うだけでなかなか行動や実績がともなっていない自分の活動を反省してしまいました。

またもう一つの特別記事、「SOGI」編集長の碑文谷さんとの対談(私もSOGIの取材をうけたことがあります・・・)も核心をついた内容で、葬祭仏教にはほとんど関わらない私ながら、たいへん興味深く、読ませていただきました。

次号ではきっと高橋さんのスーパースターぶりが詳しく報告されると思いますが、期待しています。ひろさんは高橋さんのスターぶりを賞賛した私を叱責し、いささか高橋さんを揶揄されていましたが、ひろさんが言うように、私もみんながスーパースターになれなくても、ぜんぜん問題はないと思っているし、逆にそれをお手本に、それぞれの場面でそれぞれば頑張ればいいのです。そして、だからこそ、スーパースターの存在がものすごく大切だと思います。たとえば高橋さんだけではなく、私は新潟の小川英爾和尚や大阪の秋田光彦さん、釈徹宗さんなどとも御縁がありますが、そういういわばスーパースターのお坊さんが若い人からもどんどんでれば、仏教会全体がもっと活性化するのは間違いありません。

そんなことを思いながら、読ませていただきました。

42/69特集号下巻の.次号ではきっと高橋さんのこれまでのスーパースターぶりが詳しく報告されると思いますが、期待しています。

TBS テレビ番組、スーパードクターズ 放映日決定。 




19961199_1504977602901557_6852463_2


実は昨日、スーパードクター木原俊壱先生の診察を受けてきました。かなり重篤な脊椎の狭窄症だとわかりました。そんなつもりで伺ってなかったので、仰天してしまいました。

その木原先生をご紹介いただいた、NYの名倉さんが、木原先生のテレビ出演をブログで紹介されています。以下、添付します。

*************

TBS テレビ番組、スーパードクターズ 放映日決定。 

今回の投稿は珍しく一般公開をさせて頂いてます。 

シェアして頂ける方がいらしたら感謝です。 ...
いいねを押していただくだけでも結構です。 

少しでも多くの方に医学博士であり、京都脊椎脊髄外科院長である、木原俊壱ドクターのこと、木原ドクターの手術法を知っていただき、首、背中、腰の違和感、痛み、手足の痺れの悩みの解決になればと願っています。  

医学博士、京都脊椎脊髄外科院長、木原俊壱ドクターが密着取材されているスーパードクターズの放送日の詳細をお知らせします。 

放送日
平成29年7月24日(月曜日) 20時00分〜23時00分

TBS テレビ
「スーパードクターズ」

小生は普段はニューヨークに住んでいます。1991年からアメリカで会社を経営しています。 

木原俊壱ドクターとは、昨年の秋、京都の「京の酵素浴」の栗林保利オーナーの紹介で会食したのがきっかけで、以後親しくさせていただいております。 

今までに、首、腰、背骨等の痛み、手足の痺れ、違和感があった小生の知人50人余りの方が診察を受けました。そのうち数名の方に重症が見つかり現時点で3名の方が手術を終え健康なライフスタイルを取り戻しました。 一般診療での手術の待ち期間は数年待ちですから、すぐに手術をしたがる暇な医者とは異なります。

老化や姿勢、生活習慣と密接にかかわる脊椎脊髄疾患、老化や姿勢、生活習慣と密接にかかわる脊椎脊髄疾患、特に首の異常に伴う問題は深刻です。

手足の痺れや痛みを自覚しながら放置して生活している間に、運悪く打ちどころが悪いと、そのまま一生車椅子や寝たきりになる危険もはらんでいます。取り返しのつかない状態や手遅れになるのを防ぐためには、肩こりや首の痛み、手の痺れなどのサインを感じたら専門医に検査を依頼し、必要ならば手遅れになる前に手術などの適切な治療を受けることが肝要です。

日本では首や腰の手術、特に首の手術は手術をしても良くならない、或いは手術を失敗すると車椅子や寝たきりになってしまうという恐怖心や先入感が強いため、避けたり逃げたりしている間に転んだりぶつかったりして車椅子や寝たきりになってしまう場合が多々あります。 

車椅子や寝たきり予備軍の人々を救い、ひいては地域や社会の健康寿命を延ばすことにつながるというこれらの木原ドクターのミッションに小生は賛同しました。

つまり、小生は木原ドクターとなんら利害関係もありません。 

小生の知り合いの方、またその知り合いの方で、悩まれている方がいらしたら、少しでもお役に立つことがないかと考え、情報提供のお手伝いをしているだけです。 

池に石を投げれば波紋ができます。 

頚椎手術の歴史を変えた方法を開発し7000名以上の患者を手術実績があるドクターです。 

新しいことをする人に対してのやっかみ、嫉みは、どの業界でもあります。 

木原ドクターについてではありませんが、ネット上で何事にも誹謗中傷をしている人をよく見かけます。 

そういう方々の特徴は、ルーザーメンタリティで、いつも負け犬メンタリティで考えます。 
当事者に会ったこともないのにデマをばら撒き、否定的なコメントをします。 
ネット上は嘘の情報が多いので、でどころをきちんと確認してください。 

木原俊壱ドクターのことをどうのこうの言う前に、気になる方は一度会ってみてください。 

小生のお知り合いの方またそのお知り合いの方でしたら、特別に小生から木原ドクターへ紹介も可能です。 お気軽にご連絡ください。 

まずは、 TBSテレビ番組、「スーパードクターズ」 平成29年7月24日(月曜日) 20時00分〜23時00分 を観てください! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、以下、木原俊壱ドクターの紹介をします。 

木原ドクターは、約22年前のアメリカ留学中にK-method(低侵襲頸椎椎弓形成術)を考案。

帰国後、約18年間で7000例以上の手術実績があり、合併症はほとんどありません。
K-methodとは、皮切範囲は3cm程度で手術時間も従来の手術より短いため低侵襲(身体に負担の少ない)で安全な手術です。 

K-methodの論文が世界的に認められ、米国の医療論文雑誌「NEUROSURGERY」に掲載。また、2006年12月には週刊朝日の手術数でわかる「いい病院」の頸椎手術編で大津市民病院(木原俊壱所属当時)が全国1位にランキングされました。当時、大津市民病院の頸髄症の手術件数の7割は、K-methodにより、木原俊壱が執刀されていました。

木原俊壱ドクターは、2013年4月8日に京都市南区の世界遺産「東寺」の東門前に脊椎専門の病院「京都脊椎脊髄外科・眼科病院」を開設し、理事長・院長に就任。

患者は、北は北海道、南は九州・沖縄まで全国からK-methodを求めて受診されています。 最近では、日本国内のみならず、海外(アメリカ・ベルギー・スペイン・フランス・シンガポール等)からも多くの患者がK-methodの手術を求めて来院され、絶大なる支持を得ています。 

その他、詳細につてはホームページをご覧下さい。

木原俊壱ドクターホームページ:http://k-method.info

京都脊椎脊髄外科眼科病院ホームページ:www.kyoto-shinwa.com

(木原ドクターのホームページより一部引用)

#首の悩み #頚椎 #脊髄 #首の痛み #手足の痺れ #木原俊壱 #頚椎手術 #京都 #スーパードクター  #シェアしてください #拡散希望 

Approved by Dr. Kihara

*写真は昨日購入させて頂いた、木原先生のご著書です。

「忍びの国」

「忍びの国」

27年に吉野を下山して以来、少し時間的に余裕があるので、最近は月に1-2回は封切り上映映画を見に行っている。

ところが5月からの肺炎罹患で、安静生活が続き、思うように映画館巡りが出来なかった。それでも5月6月で、「ワールドスピード」と「無限の住人」は見た。「美女と野獣」も見たかな。

Dsc_4618_2

昨日は、脊椎の病院に行った帰り、ちょっと凹む気持ちもあって、映画館に足が向いた。見たのは「忍びの国」。嵐の大野クンが主役の忍者戦国映画である。

で、評価は4点、かな。同じジャニーズ映画の、キムタク主演「無限の住人」がゲロくて、期待ハズレだった(評価は3点)のに比べると、なかなか面白かったと言える。大野クンの良さも感じた映画だった。

「無限の住人」が唯一勝っていたのは、ヒロイン。杉咲花ちゃんのかわいらしさに比べて、石原さとみはイマイチだったねえ。惜しい。談春さんもイマイチの演技だった。伊勢谷くんはなにをやってもかっこいいねえ。

「引きこもり生活4日目・・・得詮大僧正17回忌」

「引きこもり生活4日目・・・得詮大僧正17回忌」
 
なかなかやっかいな病気なんだと、つくづく思う肺炎生活。熱も出ないし、いっときのような地獄の咳連発もないのだが、まだ、妙な痰と咳は切れない。
 
今朝もリハリビをかねて朝から散歩をしたが、あまり過激な運動も出来ず、ぼつぼつと生きている。養生一番である。
 
サナトリウムのような保養所にいくほど、贅沢が出来る身分でもなく、ただただ、自坊に引きこもる毎日。
 
さて、今日は父得詮大僧正17回忌。すでの先月、弟ほか身内を集めて、父母合同での年忌法要は終えているが、今日がホントの父の祥月命日なので、朝から年忌の法要を行った。
 
ちょうど、昨日、中外日報から「父母への追慕抄」を紹介いただいた記事が送られてきた。17年忌に符合したように、父のことをきちんと書いてもらっているので紹介したい。
  ↓
Ccf20170712
 
追伸
 
その記事も素敵だが、宛名がすごい。これ、けっこうお気に入りである。
 
宗務総長を辞してから、「りてんさん」という呼び名でどこにでも通用をするような生き方が出来ないかと思ってきたので、その瑞兆になるような宛名書きかもしれない・・・。写真2枚目、参照のほど。笑うでしょ。
 
武田君、ありがと。。




Dsc_4615

 

「ゴルゴ13と国際宗教同志会講演録」

「ゴルゴ13と国際宗教同志会講演録・・・」

国際宗教同志会の70周年記念として刊行された講演録記録誌が手元に届きました。

実はこの国際宗教同志会に私が正式に入会したのは昨年のことなのですが、2005年に本会主催による「愛・地球博」でのシンポジュウムにお声がけいただき、基調講演をさせていただいたという古いご縁があります。今回お送りいただいたのは、そのときの講演録が所収された記録誌で、過去に出演されたまさに日本を代表するようなそうそうたる講師陣に肩を並べて、載せていただいたのでした。

恐れ多いことこの上ないと、今さらながら、私の厚顔無恥にあきれる思いでいます。

ところでこのときの講演発題は私にとっても、数ある講演録の中でも極めて大きな意味を持つものとなっています。とりわけ以下の部分がのちのち、大きく世に伝わることとなりました。

・・・今回の愛知博『こころの再生・いのり』館出演に際しましては、三輪隆裕先生(日吉神社宮司)と三宅善信先生が先般、吉野にお出でになり協力依頼の要請があり、私ども金峯山寺とご縁ができたことがきっかけです。そのご縁で、本日発題者としてこの場に出させていただくことになりました。

そのご来訪の折、三輪先生から、ご自身が10数年前に上梓された『国家神道の成立とその背景』という論文を頂戴いたしましたが、私はその文中に驚異の数字を発見しました。それは何かと申しますと、明治期に『神仏分離令』というものができ、あろうことか、明治5年には『修験道廃止令』まで布告となり修験道は禁止となりましたが、その『修験道廃止令』により職を失った修験者(山伏)の数が、なんと17万人だったそうです。これは、実はすごい数字なんです・・・

引用部分の最後、「明治に職を失った山伏の数、17万人」というのは、このときの講演会で初めてお話をしたのでした。そしてこの「17万人」という数はその後、盟友である正木晃先生をはじめ、いろんな方によって徐々に世に紹介されることとなりました。調べていただければわかりますが、三輪先生の論考以外で、2005年のこの講演録以前に、「17万人の山伏」という文言はほとんど使われていなかったのでした。

この数字はその後一人歩きをし出したのです。またそれを通じて、修験道廃止の、ことの大きさについて、多くの方に知っていただくことにもなったのです。

あまりに広がったので、ちょっと怖くなって、三輪先生にあらためて出典を確かめたくらいです。しかも先生もその出典先を失念されていて、大探しをした経緯があります。見つかりました。中山太郎氏の著作『日本巫女史』(大岡山書店/1930年刊)でした。

Dsc_4614

ところで本稿の表題を「国際宗教同志会講演録とゴルゴ13」というミスマッチなものにしたのは、この17万人に由来しています。

いま、コンビニの書店コーナーに並んでいる漫画・ゴルゴ13シリーズのビックコミック版No196(7月13日号)に載っている「震える修験者」では、ゴルゴ13が右腕のしびれを克服するために、大峯山前鬼で修験者修行に入るという話が登場しています。

そのストーリーの中で修験道の説明がなされるのですが、ここでも「明治に17万人の山伏が職を失った」という話が出ているのです。ゴルゴ13と修験者という組み合わせにも唸りましたが、この17万人という数字がいかにメジャーになっているかをあらためて知った次第です。

実にそのきっかけが、この国際宗教同志会の70周年記念として刊行された講演録に載った私の講演だったのです。いやはや、なんだか、怖くなっちゃいました。

「引きこもり3日目」

「引きこもり3日目」

肺炎の完治を目指して、今週は自宅に引きこもっています。

それこそ、誰にも会わず、どこにも出かけず、ひたすら自宅でごろごろとしていますが、まあ、だからといって、目に見えて回復しているという感じではなく、ぼつぼつという回復度。お酒もまだ停止中。50日を越えて、節制をするのは2年前の蔵王供修行以来の快挙?・・・です。

漢方の先生から「昔、労咳という病気があったでしょ。ともかく体に負担のならないようにじっとしている以外は、肺炎の治療もないのですから、安静にしていなさい」と言い渡されて、引きこもっている毎日です。

ほんとに、なんというか、実にたよりない毎日です。

この際、原稿書きでもしようと思うところもありますが、まあ、根を詰めて仕事をしてはいけないというお達しですから、差し迫った宗報原稿の整理とか、必要最小限以外のことはやめて、休養に専念をしています。とほほ・・・。

19983377_1502285019837482_862628024

*写真は朝の月。そんな穏やかな今日の生活です。

「能楽と田中利典さん」

「能楽と田中利典さん」

もともとは能楽にはあまり興味もなかったし、学もないのに、2001年に蔵王堂での「蔵王権現能」を企画や、大淀町の「ちびっこ桧垣本座」に関わったりして以来、能楽のみなさんとご縁が出来て、公演のリーフレットに原稿を依頼されたり、能楽関連のシンポジュウムに出たりと、厚かましいことに、ちょいちょいご一緒することが増えている。

Image

Image2




この秋・冬も能楽公演や講座に出演させていただく。秋は11月10日の東京・観世能楽堂での津村禮次郎さんの公演イベント。津村さんとは映画の上映会トークでご一緒して以来の2度目。「修験と巡礼」という表題でお話をします。

また来年1月20日には豊田市能楽堂での講座に呼ばれている。以下、告知チラシを添付する。よろしければお出かけください。

19001


19002

まあ、山伏の歴史からすると、能楽との関連はたくさんあるのだから、ありがたいことではあるが、肝心の私の知識が付け焼き刃なので、その辺がばればれ…、いささか恥ずかしいです。

根っからの馬鹿なんで、なんでも断らないから、こういうことになるのだろう。(^_^;)

今日は金峯山寺の伝統行事「蓮華会蛙飛び行事」。

今日は金峯山寺の伝統行事「蓮華会蛙飛び行事」。心配された雨もいまのところはなくて、奇跡的な、梅雨の晴れ間となっています。

Dsc_4551

私も行事に式衆として随喜出仕いたします。暑いだろうなあ・・・。

「父母追慕抄」・・・

「父母追慕抄」・・・

6月19日に父の17回忌、母の7回忌法要を合同で執り行いました。その記念に上梓したのが「父母追慕抄」。親族をはじめ、親しい方々にもらって頂きました。

まあ、私の自己満足で作った冊子です。父や母のことがなにかの形になればと思いました。

Ccf20170705

少々、父母のことについては、デフォルメしているところもありますが、故人を追慕して褒めることが追善になるというか、浄化の作用があるのではと思っています。まったく、仏教的ではないのですが。

実は金峯山寺で10数年前に「蔵王権現能」という企画を催行して以来、なにかと、能楽の方々とご一緒する機会が出来ました。能をテーマにしたシンポジュウムにも何度か出演し、国立能楽堂の機関紙に原稿を書かせていただくなど、学もないのに能楽との関わりが増えました。大倉流宗家の大倉源治郎さんや他の能楽師のみなさんとも、なにかと親しくさせていただいて、今秋11月には東京で、来年1月には愛知の豊田市での能楽講座にも出演させていただきます。

そんな中で学びを得て、浄瑠璃や能楽の、あの情念の世界は故人に対する魂の浄化なのではないか・・・と、そういうふうに感じることがあり、そしてそれは能楽だけではなく、文章を綴る上でも、そういった魂の浄化というのがあるのでは、という思いを持ちました。

書くという行為が書く人自体の浄化であるとともに、書くことで書かれる側にも浄化の効用があるように思います。

それで、生前、十分に親孝行をしてこなかった懺悔と、その追善にああいう形で文章にしたものをあらためて冊子に組み直してみたのでした。

幾人かの方から、あの本を読んで、あらためて親孝行や、親の供養を考えたというご意見もいただきました。そういう機会にしてもらえたとしたら、それはたいへんありがたいことです。
                                                               、
ただ、書名についてた「父母への追慕抄」ではなく、「への」を取って単に「父母追慕抄」の方が良かったのではないかというご意見も、2、3の方にいただきました。私も出してからそう思いました。気づきが遅かったです。

意味があるのかないのか、人生2度目の肺炎に罹患して、さまざまな思いを巡らす62度目の夏です・・・。父母への思いも人生の一コマだと感じています。

*写真は今日のあやべ市民新聞で紹介された「父母追慕抄」の記事。

堤未果さん・・・

昨日、新著の企画打ち合わせで、以前から知り合いの扶桑社の方と出会った。その席で、堤未果さんの『増補版/アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)』を頂戴した。おととい、本書のイベントが京都であったようで、わざわざ私の名前入りサイン本をいただいた。

Dsc_4547


Dsc_4544

夜中、寝られなかったので、一気に読んだ。日本でも共謀罪法案の成立をめぐり国会論議が行われたように思うが、本書を読んで、アメリカで起こっていることが確実に日本ででも進んでいるということだとわかる。

それにしては野党もマスコミも問題の核心を突かない論議ばかりで、ホントにこの国、大丈夫なのかと、空恐ろしい気持ちになった。

なんで、どうでもいいようなカケ・ソバ問題などに狂騒せずに、こういう国民の利益に直接繋がることへの、まともな論戦が行われないのだろうか?野党はどこをみているのだろうか?

寝られない夜が、ますます寝てられない夜となった一冊である。

ノンアル生活・・・

Dsc_4538


昨日は月例の護摩を終えて、京都へ。六僧会という、六人のお坊さんの集いでした。
昨年の七月に結成して、1周年。その間、4回の集まりがありましたので、かなり、頻繁にやっている感じがあります。

残念ながら、まだ体調が十分でない私はノンアルコールでおつきあい。ここ1ヶ月半、お酒を飲まない宴会は8回目。普段大酒飲みである私にとっては、かなりの修行です。

ノンアルコールビールも昔から比べるとかなり美味しくなったとはいえ、そんなには飲めない。それで黒酢の水割りを持ち込んだり、ノンアルのウメッシュでごまかしたりしては長い宴会を乗り越えている。

昨日はさすがに、黒酢もノンアルビールも飽きたので、頂き物の、秘密兵器「生姜みつ」という蜂蜜ドリンクを持ち込んで、水割り、お湯割り、炭酸割りで、3時間の宴会をお付き合いした。

あぁ、早くちゃんとしてものを飲めるようになりたい。いつになったら完治するのでしょうか・・・。とほほ(^_^;)

*写真は生姜みつドリンクです。ずいぶん減ってますね。

ブックレット『神仏和合で日本の自然は守られてきた』

ブックレット『神仏和合で日本の自然は守られてきた』

先月末に上梓された、ブックレット『神仏和合で日本の自然は守られてきた』(紀伊山地三霊場会議刊)は、私にとって、ある種の集大成のような本です。

平成11年末に吉野大峯の世界遺産登録活動を思い立ち、なんと5年たらずで、世界遺産に登録され、その後も、紀伊山地三霊場会議などを立ち上げて、吉野大峯の、世界遺産登録の意義を世に問い続けてきました。

Dsc_4537

その紀伊山地三霊場会議の活動のひとつとして、毎年、紀伊山地三霊場会議フォーラムを開催してきましたが、昨年は宗教学者の山折哲雄先生と、元紀伊山地三霊場会議総裁・高野山金剛峯寺座主の松長有慶猊下をお迎えして、お二人の対談を中心にコーディネートをさせていただきました。

その対談内容は本当に素晴らしく、ある意味、私にとっては長年続けてきた世界遺産活動の集大成に位置づけられるものでした。

今回ブックレットとして販売することにしたのは、そういう思いをもっての企画となりました。幸い、金峯山寺はじめ紀伊山地三霊場会議の加盟寺社のみなさまの賛同を得て、この6月27日に発行致しました。

販売価格は1部600円(税込み、送料別途)です。

金峯山寺をはじめ、紀伊山地三霊場会議加盟寺社でも販売をして頂くことになっています。また紀伊山地三霊場会議の事務局である金峯山寺にお申し込みいただければ、郵送も承ります。

金峯山寺 http://www.kinpusen.or.jp/

一般書店には流通していませんが、加盟寺社にお立ち寄りの際はお探し頂き、よろしければどうぞお手に取ってください。

« 2017年6月 | トップページ

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ