« 映画かぞくわり-舞台挨拶で、MC | トップページ | 「愚者は常に過去を怨み、賢者は常に未来を計る」 »

「人生は旅である。そしていつか旅は終わる。新しい旅立ちのために…」

「人生は旅である。そしていつか旅は終わる。新しい旅立ちのために…」

Dsc_2298

人生を旅に譬えることは多い。
 
「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」とは、俳聖芭蕉の辞世の句。芭蕉のように人生を旅に生き、旅に病んだ人間でなくとも、誰にとっても、山有り谷有りの人生は、まさに長い旅路に似ている。

雨風に打たれる場面もある。悲しみにうちひしがれる時もあるし、天国のごとき息をのむ美しい場面や景色に巡り会うこともある。途中下車で、あてもなく時間を過ごすときもあるだろう。はたまた、人の裏切りや、逆にその温かさに涙することさえある。

そして、その人生という長い旅も、いつかは終わる。この世に生まれてきた者で、誰一人死ななかった人などいないのだから…。

その旅もまた、終われば終わったで、冥土への旅、来世への旅が始まる。死んでみないと本当のところはわからないが、日本人はそう信じて生きて来た。

そう思えば、今生の旅の道すがら、それぞれの場面、それぞれの場所を楽しもうではないか。

「一期一会」というが、そのときの縁、そのときの出会い、そのときの自分を大切にしていたい。

いずれの旅も、つまりは、長い長い魂の旅の、夢の途中なのであるから。

******************

久しぶりの書き下ろしである。少しずつですが、徒然に、いま自分の目の前に映る風景を言葉にしてみようと思います。

写真はイメージです。

追伸 書き下ろしというのは正確ではない。FBのために書いたモノではないからだ。某紙から連載の依頼を受けたことがあり、数編の短編をしたためた。しかし、企画自体が没になり、今日のこれは日の目を見なかった文章なのである。

でもときどきいまも書きためている。文才がないので、あまり日の目を見そうにないものばかりだが・・・。

« 映画かぞくわり-舞台挨拶で、MC | トップページ | 「愚者は常に過去を怨み、賢者は常に未来を計る」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画かぞくわり-舞台挨拶で、MC | トップページ | 「愚者は常に過去を怨み、賢者は常に未来を計る」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ