« 「新たなる挑戦へ・・・『修験道あるがままに』を発刊!」 | トップページ | 「講演のことなど・・・」 »

「ダイアローグ」

「ダイアローグ」

昨年10月、アユルベーダ学会の講演で訪れた金沢で、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(於 金沢21世紀美術館)が開催されていた。そこで、偶然にも私は参加する機会を得たのだった。

ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、完全に光を遮断した暗闇の中で、視覚以外の感覚やコミュニケーションを楽しむソーシャルエンターテインメント施設。施設では視覚障害者が案内役を担って、参加者は暗闇の世界を体中で体験する。1988年にドイツの哲学博士、アンドレアス・ハイネッケ氏が発案し、世界41カ国以上で開催、日本には99年に登場し、これまでに21万人以上が体験したという。

実はこのダイアログ・イン・ザ・ダークを主催されている志村真介・季世恵夫妻は東京で開いている誇り塾でご一緒しているご縁があった。ただ「ダイアローグ」とはどんなものなのか全く知らないまま、たまたま志村氏のフェイスブックで金沢での限定的な催しが開いているを知り、申し込んだのだった。それで、私をアユルベーダ学会に誘ってくれたT氏をともに、私たちは参加させて頂くことになった。

いまも、あのときの、案内役のみきティとのひとときが忘れられない。みえない世界を通じて、たくさんのことを学ぶことが出来たし、その体験はとても大事なことを思い出させてくれたように思う。多くをここでは書かないが、是非、みなさんもこの「ダイアローグ」を体験されることをお勧めする。

で、そのご縁は広がり、「ダイアローグ」のラジオ番組「DIALOGUE RADIO -IN THE DARK-」(J-WAVE)に出演させていただくことになった。来週、東京で収録する。

この番組は第2日曜日の深夜1時から2時までの1時間番組。あえてこの時間に放送している理由は、週末のプライベートの立場、そして月曜日からの社会的な立場の狭間で唯一ただの自分でいられるときを選択している、ということだ。

番組のサイトは以下。

https://www.j-wave.co.jp/original/dialogue/index.html?fbclid=IwAR26dkcxVp0EpncqKnwxwqXxQDWUm2Y8vvwDYe5pVF4XuDLfxalt6LX1FIM

日曜の深夜。全てのしがらみから離れて本当に「独り」になっている特別な時間。人は誰もが不安や悩みを持っているはず…。この番組は、自分の心と対話することの大切さを伝え、明日への活力を求める人への応援メッセージを発信するラジオ番組。(サイトから引用)

過去に茂木健一郎さんや広末涼子さん、為末大さんをはじめ、そうそうたるみなさんが出演されていて、わたしなんぞが出て良いものか、さすがに躊躇したが、なんでも断らない良い?性格の私は厚かましくもスタジオに出向くことになったのである。

放送日はまたご案内をします。さてさて、どうなることやら。

また収録後、編集され音楽が挿入され放送(音楽のセンスはかなりいいです)、放送後には聴覚障害者の方にも番組の内容がわかるように全文テキストでHPにアップされます。ラジオ、テレビの中で新しい取り組みだということです。

 

« 「新たなる挑戦へ・・・『修験道あるがままに』を発刊!」 | トップページ | 「講演のことなど・・・」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新たなる挑戦へ・・・『修験道あるがままに』を発刊!」 | トップページ | 「講演のことなど・・・」 »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ