« 「天狗と山伏」① | トップページ | 「天狗と山伏」③ »

「天狗と山伏」②

【天狗と山伏】② 講師/金峯山寺長臈 田中利典

・・・昨日の続き。

最初のカテゴリーは、原型ですね。先ほど紹介しました中国で流れ星を天狗とした。そういった考えが日本書紀に書かれているように直輸入で入ったと見て取れる。原天狗というべき天狗です。しかしながら、今言いましたようにそのあと奈良時代には天狗という言葉見いだせず、平安時代になってから天狗という言葉は妖怪として表れた。

妖怪として表れた天狗もいくつかに類型化されます。まず夜叉としての天狗。仏教は朝鮮半島を経由して、西暦538年とか、552年(6世紀)に我が国に伝わったとされていますが、広く広まっていくのは平安時代以降になります。その仏教が広がると同時に表れてくるのが、仏法の妨げをする存在=いわゆる邪神として天狗、夜叉としての天狗です。妖怪として表れてくる最初の形です。

これは特に平安時代のいろんな説話集が登場していますが、その説話集の中でとりわけ際立つのが今昔物語。今昔物語は全二十巻からなります。その最後二十巻目の十一に天狗の説話が出て参ります。この中で天狗は羽根を生やした物怪(もののけ)であり、仏教に敵対し妨害する存在であるとして登場する。天狗は妖怪や妖術を使い、仏教の修行僧であっても、天狗にとりつかれる様などが描かれています。

ただ、仏法の大切さ有難さを説く仏教説話の性格が強い説話集に登場してくる天狗ですから、最後はお坊さんにやっつけられる。そういう存在として天狗が描かれているのです。そういった夜叉としての類型がまず妖怪としての天狗であった。今昔物語の中にある鳥の姿をした、みなさんが想像する山伏のような恰好の天狗になる前の姿であります。

04022thumb600x24228 

 

続いて、山神としての天狗です。仏教が日本に定着するようになると、当初、蘇我氏と物部氏、崇仏派と廃仏派で争いになって、神様と仏様は争いがあったと言いますが、それ以降、千何百年間、神様と仏様はじつは仲良くして参ります。いわゆる神仏混淆、神と仏が混淆して信仰されている。これは山岳信仰の中で行われることになるのです(神様と仏様と山で出会うというのは山折哲雄氏の説)が、山岳信仰の中で神仏習合というのが広がって、その影響もあって、山神としての性格の強い天狗が現れてくるようになります。

いわゆる、よくご存知の鼻の高い、羽根の生えた天狗さん。画像は日本三大天狗ですが、これも調べると面白いのです。日本三大天狗は、そのひとつに数える沼田の弥勒寺という所からしか、出てこない。有名な高尾山の天狗や鞍馬山の天狗の方からは日本三大天狗とは言わないみたいで、沼田の弥勒寺からのみ、日本三大天狗が出てくるとようです。後で詳しくこの天狗のことは申し上げますが、こういう皆さんが想定する山神としての天狗が、平安から中世にかけて天狗信仰に繋がるような存在として出て参ります。

1 20170813kuramatengu Qu6h7gb9_t

さらに厄介な存在なのは飯縄三郎と呼ばれる天狗さん。飯縄山の修験者は飯縄の法と呼ばれる方術を駆使する事で知られていますが、この飯縄の法とは荼吉尼天法とも称される外法で、これは荼吉尼天の眷属たる野干、あるいは管狐その他の霊獣を使役するとされる邪法なのです。この荼吉尼天と同体とされるのが飯縄権現なのですが、飯縄三郎はこの飯縄権現そのものであるともされます。飯縄権現は図像的にも荼吉尼天・不動明王・天狗が習合したものと考えられています。すると稲荷=狐=仏教の鬼神たる荼吉尼天=飯縄権現=飯縄三郎=天狗と展開する事が可能となるわけです。

このようにして見てゆくと、もう、天狗への信仰というのは、狐や稲荷信仰に極めて近いものでもある事をうかがうことができるわけで、天狗への信仰は、管狐やイヅナなどの憑物の信仰とも関わり、極めて複雑怪奇な様相になっていきます。
 
ちなみに、飯縄権現は火伏せの神としても有名ですね。信濃飯縄山をはじめ、静岡の秋葉山、武蔵高尾山などに祀られて、江戸の秋葉原の地名の語源となった秋葉神社の祭神もこの神と同体なのです。(以下続く)

« 「天狗と山伏」① | トップページ | 「天狗と山伏」③ »

コメント

≪…眷属…≫で、自然数を・・・

自然数は、[絵本][もろはのつるぎ]で・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天狗と山伏」① | トップページ | 「天狗と山伏」③ »

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ