「祝!誕生日」

「祝!誕生日」

人間は生まれた瞬間から、誰でも、死ぬまで生きる。

今日で私はなんと63回目の誕生日を迎えた。

確実に死に向かって歩みを始めて、もう63年・・・。長い63年。短かったかもしれない63年。いずれにしろ、ホントにありがたい63年である。

「お誕生日には親に感謝を言いましょう。親がすでにいない人はお墓に言いに行きましょう・・・」とは誕生日の人に対して、ずっと私が伝えてきた言葉である。そんなわけで、私も今朝はまず、父母のお墓へ行ってきました。

で、もうすでに朝から大変たくさんの方々に、お誕生日祝いのメールや書き込みをいただきました。厚く厚く厚く御礼を申し上げます。

還暦を過ぎて、このところ、体調が悪かったり、肺炎や怪我をして不具合だったり、その都度、なにやかやと心が折れたりして、まあ、ろくでもないような時間を耐えていますが、だからこそ、ありがたいと思えることや、申し訳ないと気づくことが多くて、それはそれで人生の中で、大切な時間を過ごさせて頂いていると思っています。

「こんな人間なのに・・・」と今までの自分を省みて、己のことを知れば知るほど、本当に周りの人たちには感謝と懺悔しかありませぬ。敵も味方も、「みんな大好き!」です。

で、で、こんな人生を誰が予想したのでしょうか・・・
そして、これからの人生を誰が知っているのでしょうか・・・
などと、今さらながら思い煩う毎日なのです。

でも、ともかくも、63回目の誕生日に、あらためてみなさんの交情と友情に深く感謝をします。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。。

【拡散希望!】許せん、郵政省・・!!

Imgmain

【拡散希望!】許せん、郵政省・・!!

この6月にまたまた料金の改定が密かに行われたようで、今日、郵便局に「ゆうメール」を持って行ったら、定型封書が1通84円になっていた。定型封書って普通に出したら82円。それが、料金別納の手続きをして、料金別納のハンコと、ゆうメールのハンコまで押して、数もきちんと記入して、そこまで手間をかけて、なんで2円高いねん。

きけば改訂前は78円だったとか。その前はもっと安かったはず。それって詐欺じゃん。どういうこと?郵便局。

って文句を言ったら、0120-23-28-86 に電話しろ!って言われた。
みなさん、知ってましたか?

企業によってはわざわざ料金別納と、ゆうメールを印刷した封筒まで作っているはず。定型で50gを越えたら、料金があがるから、84円でもゆうメールの特典はまだあるけど、50g以下なら、2円損しますよ。

だっふんだ!!

知人友人探訪の第26回目

28942471_1528648570565668_840133465

「知人友人探訪の第26回目/渡邊恭章泉涌寺執事・神仏霊場会事務局長編」         

一昨年から、定期で収録してきた「知人友人探訪」最後のゲストは、薬渡邊恭章泉涌寺執事・神仏霊場会事務局長さんでした。昨日からYouTubeにもアップされています!

今回は3月23日放送分(奈良は1月16日)の渡邊恭章さんの回がアップされました。以下、です・・・。

○りてんさんの知人友人探訪/第26回です。長く続きました。ありがとうございました。

 →https://youtu.be/Lwd-fYXr-bE

*聞いていただいた方、よろしければご感想もコメント下れば幸甚です。

なお、過去、25回分の放送は以下にアップされています。

 →https://www.youtube.com/cha…/UC7QVbr1Vj7sbtHdYECt6Ufw/videos

でも今後もときどきは特別編で続けて行ければと希望しています。

「たなかりてんのとれたてワイド763」最終回

28947563_1834050403327607_517788965

明日はいよいよ2年にわたって出演させていただいた、地元綾部のFMいかるのお昼の帯番組「たなかりてんのとれたてワイド763」の最後の日です。

メインのコーナーの、「ここから始まる綾部学」は黒谷和紙の里から、⿊⾕和紙協同組合理事⻑の林伸次さんをお迎えします。知る人ぞ知るー綾部の和紙の歴史など、いろいろと伺います。午後12時半過ぎからの放送です。

もう一つの名物コーナ、ならどっとFMとの共同企画「りてんさんの知人友人探訪」には、神仏霊場会事務局長の渡邊恭章泉涌寺教学部長をお迎えします。

「知人友人探訪」午後1時過ぎ放送です。先日奈良で収録した分ですが、聞き逃したみなさん、お聴き下さいませ。

「とれたれワイド」の放送時間は正午から午後2時半まで。生放送です。
放送は

http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru 

こちらでリアルタイムにに聴くことが出来ます。

吉田拓郎さんの歌はお別れにちなんで「外は白い雪の夜」。哀しい名曲です。
そして2曲目は「明日に向かって走れ」です。・・・しんみりと、ちょっとセンチになったあと、でも、ぐずぐずせずに、顔をお上げ、明日に向かって歩みたい、という思いでリクエストしました。

番組の最後には「りてんさんの神と仏のオープンカレッジ」もあります。これも最終回です。一年間、好きにお話をさせていただいたコーナーですが、これもまだまだいい足りませんが、一応の区切りになります。新刊の告知もします。

まあ、最終回といっても、FMいかるの一員としてこれからも、機会があれば、番組には呼んでいただきますし、出演もしたいと思っています。

「知人友人探訪」のコーナーや「綾部学」のコーナーもまだまだやり残した、面白い企画はありますからねえ。

ともかく昨年傷めたノドの具合が悪く、こんながらがら声では申し訳ないので、しばらくおやすみをいたします。

写真は2年間、お世話になり、名コンビだった光枝明日香さんです。

「林南院の節分会」

「林南院の節分会」
27746173_1759872310745417_169630281





昨日、金峯山寺の節分会が終わりました。いよいよ次の節分会に向けての準備です。
 
ま、節分というのは立春の前日ーつまりおおむね2月3日に決まったものなので、次の節分会というのもへんなことなのですが、私は毎年、節分会法要を2度行っています。次は自坊林南院の節分会です。
 
Ccf20180131


今年の林南院節分会は2月11日(日)。
 
以下の日程で行います。
 午前10時半より 日数心経(全員でお唱えします) 
  ▽住職講話[今年の運勢のお話]
  ▽景品付き「脳天飴」を配布します
 正  午   昼食(田舎五目ご飯弁当)
 午後1時   幸せを呼ぶ星供採灯護摩供厳修
       …護摩中、参拝者全員に特別加持します
 引き続き、古札発遣・古札焚き(境内外の浄壇で梵焼)
 午後3時頃  お札授与、甘酒接待 
 
よろしければお出かけください。
少々、雪が心配ですけど、たぶん大丈夫です!!

「人間国宝大倉源次郎さん、YouTubeに登場!」

「人間国宝大倉源次郎さん、YouTubeに登場!」

26982040_1474932089270650_266243801

人間国宝にして、能楽師の小鼓方宗家大倉源次郎さんがYouTube/「りてんさんの知人友人探訪 第24回」 に登場です!

現在、綾部のコニュニティラジオ「FMいかる」と奈良市のコニュニティラジオ「ならどっとエフエム」で、レギュラーでパーソナリティーをつとめていますが、その中の名物コーナー「りてんさんの知人友人探訪」をYouTubeに順次、あっぷしてもらっています。

...

この1月26日放送分(奈良は1月19日)の大倉源次郎さんの回がアップされました。以下、です・・・。よろしければ人間国宝さんとの、お友達トークをお聴き下さい。

○りてんさんの知人友人探訪/第24回人間国宝大倉源次郎さん

→ https://youtu.be/ljrxPrOkVy4

*聞いていただいた方、よろしければご感想もコメント下れば幸甚です。

なお、過去、23回分の放送は以下にアップされています。

→   https://www.youtube.com/cha…/UC7QVbr1Vj7sbtHdYECt6Ufw/videos

ドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞い」

ドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞い」

Dsc_6058_3

ドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞い」のパンフレットに、実は私の一文が掲載されている。

本編の監督溝渕雅幸さんとは、3年前に取材を受けたNHKEテレの「こころの時代~花に祈る、山に祈る」で出会った。溝渕監督があの番組の回の、監督を担当をされていて知り合い、取材後も知友が続いた。

その監督のドキュメンタリー映画が新作「四万十~いのちの仕舞い~」。あろうことか、パンフレット掲載用の一文を依頼され、更に、2月には神戸と大阪で開催されるロードショーで、監督とのトークセッションも仰せつかっている。ありがたい御縁である。

その一文を以下、紹介する。ちょっとだけ、パンフレット掲載文とはいじっているが…。

****************

「自然の摂理の中で生きている」             金峯山寺長臈 田中利典

命は循環する。「自然の摂理」である。それを私は美しいと考えている。

この映画に登場する高知の四万十川…。その四万十の恵みである鮎も、ゴリも、そして春の桜も夏の蛍も、循環する美しい自然の一部として映し出される。

なにより主人公の、訪問在宅医療に生涯をかけ従事する医師小笠原望も、医師の訪問を受け在宅で人生の終焉を迎える患者さんたちも、その同じ命の循環の中で訥々と紹介されていく。それら全部が、たおやかな流れに身を横たえる四万十川流域の、自然の大きな営みの一部でしかないのだ。そう教えてくれているのではないだろうか。

だからこの作品を観賞する私たちは、人生の終焉の苦しみとか、訪問医療の大変さとか、在宅看取りの困難さとかに立ち尽くすのではなく、命を精一杯生ききって、自然の摂理に身を任すことへの「救い」を見いだす。

人は生きて、死ぬ…。小笠原医師でもどうすることも出来ない命の終焉。その命の終焉=「仕舞い」の現場で、懊悩することなく、自然のままに、命を全うする患者と、それに寄り添い続ける訪問医の日常。小笠原医師の活動は菩薩の如く清浄しいが、たんたんと映し出される終末医療の生々しい現実に、命のはかなさと、たった一つしかない自分の命の、かけがえのなさが描き出される。何より、看取られて逝くばあちゃんたちの息づかいが、強く私の心を打つのだった。

「自然の摂理」と書いたが、この自然は欧米世界がいうところのnatureではない。人間に隷属する環境自然のnatureではなく、「おのずからあるもの」として存在する自然である。「おのずからあるもの」が日本人の自然なのだ。人の生も「おのずからあるもの」であるなら、人の死もまた「おのずからあるもの」である。人生の終焉とは「おのずからあるもの」に帰って行くだけなのだ。

以前は日本中がそうだった。自然豊かな田舎が自然から疎外された大都会に変わり、物質文明の過度な発展の中で自然環境の破壊が急進して、自然へのまなざしも今は変わった。自然を畏怖する心も消えた。そしてそれにつれて命の終焉の場面やその様相も大きく変化して行ったのかもしれない。

しかしながら大自然の循環と恵みが希有な形で今に残る四万十川と、その流域に生きる人々。そして慈悲深き訪問医の活動を通じて、忘れかけていた何かを思い出すことになるだろう。「自然の摂理」として人生の終焉を迎え入れることの大いなる救いとして…。

*************

私のこの一文を通じて、少しでもこの映画の素晴らしさが人々に届けばと切に願うものである。

上映会情報は以下の公式サイトをご参照のこと。
→https://www.inochi-shimanto.com/

なお、関西での上映会でのトークショー出演は以下の通りです。なま監督、なま利典さんに出会いますよ(笑)。

2月14日(水)午後3時~ 神戸は元町商店街の中にある元町映画館、
2月20日(火)午後3時~ 大阪は十三第七藝術劇場

「たなかりてんのとれたてワイド763」の放送日です

今日は、お昼から地元綾部のFMいかる「たなかりてんのとれたてワイド763」に出演します。

27048747_1474932102603982_177728601

メインのコーナーの、ならどっとFMとの共同企画「りてんさんの知人友人探訪」には、なんと人間国宝で能楽師で小鼓方宗家の大倉源次郎さんをお迎えします。

大倉さんとのお付き合いは10数年になり、お友達トークを繰り広げます。お互いだじゃれ大王ですからねえ。明日の午後1時過ぎ放送です。先日奈良で収録した分ですが、聞き逃したみなさん、是非。ビックは?対談をご期待下さい。

「とれたれワイド」の放送時間は正午から午後2時半まで。生放送です。

放送は http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru ←こちらでリアルタイムにに聴くことが出来ます。

写真は大倉さんとの収録風景です。

「心外無別法」

「心外無別法」

Images12

人生では、なんども他人からひどい目に遭わさせることもある。

あるいは、友人と相克したり、家族でもめたり、息子や娘が思うようにならなかったり、身の回りでは不具合なことは常から起こるが、そういうときは、必ず、人のせいにしないで全部自分が悪かったからだ、と思うようにしている。自分のせいでうまくいかなかったのだと、思うのである。

反対に自分の力では到底なしえないことが出来たり、事業がうまくいったり、素敵な人物に巡り会ったり、他人の大きな力添えをもらっえたりしたら、神仏のおかげ、世間のみなさんの支えのおかげで、そうなったのだと思うようにしている。自分の力などたかがしれているのであるから。

こういうと、エライりっぱな人に聞こえてしまうかもしれないが、いつもいつもそう思えるというわけではない。所詮は煩悩多き凡人である。でも、でも出来るだけそういう風に思おうとはしている。

「心外無別法」とは華厳経に出る聖句であるが、実はそういうことを言っているのではないだろうか?

自分を取り囲む世のことは、全て自分の心が作っていることで、自分の心以外に全てをおさめるすべはないのだ。ただし仏の聖句はいつも「それがそうできない人間の心」の裏返しを教えているのだから、なかなかむつかしいものだとは思うのだけれど。

*写真は華厳経の教主摩訶毘廬舎那仏(東大寺大仏)。

「初仕事?」

「初仕事?」

Kimg0786

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。。

今朝は朝8時から、林南院の新春修正会で法華懺法を修法し、境内各所を巡拝(・・・っていうほど広いわけはないですが)して、年賀を家族でお祝いして、なんと、FMいかるのお正月番組に乱入してきました。

毎月第4金曜日に出演している「りてんさんのとれたてワイド763」で一緒にMCをしている明日香ちゃんが、いかるの井関社長と一緒に新春番組をしているので、明日香ちゃんから「よかったら来て下さい」とお誘いをうけるまま、乱入、出演してきました。

...

なんだか今年は忙しくなりそうな、そんな予感をさせるラジオ出演でした。

*写真は井関社長とツーショット。

より以前の記事一覧

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ