「覚醒の日々でした・・・」

「覚醒の日々でした・・・」

Dsc_0505


12294


46915740_1924152304370408_881803773

22日のダライ・ラマ法王の博多ご新教随喜、24日の東大寺ザ・グレイトブッダ・シンポジュウムでの、狭川宗玄東大寺長老とのコラボ、そして昨日のグロービスG1経営者会議での出合い。久しぶりに怒濤の日々でしたが、めちゃめちゃ覚醒した毎日でした。

もちろん、83才でも世界の指導者として現役で第一級の活躍をされるダライ・ラマ法王様の生き様には、側でご一緒するだけで、ただただありがたく、矜恃を正すところです。また御年97才にして、未だあらゆる事に興味津々で闊達として活躍される狭川長老さまには、法王様同様、僧侶はこうでなくてはならないと改めて、恐れ入ると共に、ご一緒出来た光栄に感謝いたしました。

そして昨日の東京麹町で開催されたグロービスG1経営者会議では分科会のパネリストをつとめたことより、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の髙橋則広理事長や水野弘道CIO、魚谷雅彦資生堂社長、そしてグロービス経営大学院大学堀義人学長らのESG(環境・社会・ガバナンス)に関するお話しにがつんと刮目し、なによりREADYFOR株式会社の代表取締役社長である米良はるかさんや、東芝に入られた独シーメンス日本法人専務執行役員の島田太郎さんとの出合いは、刺激的で、久しぶりに自分の中でなにかが覚醒をしたような気がしました。

日本で一番最初にクラウドファンティングの会社を立ち上げたという才女の米良はるかさんは、なんと私の娘と同い年で、しかも誕生日も4日違い。映画「かぞくわり」(来年1月公開)でクラウドファンティングというシステムにお世話になっただけではなく、なによりも、自分に置き換えての、親和性を感じました。

それから島田太郎さん・・・。いわば彼は、もうほとんど日本の希望を一人で背負っているような人。考え方も素晴らしく、一目で惚れてしまいました。人はこういう生き方をしないといけないと思い直しました。

今生に生まれて来た意義を改めて問い直せと教えられた、ここ数日間だったように思います。

*写真は堀学長の進行により行われた最終の合同討論会と、過去にご一緒したグロービス知命社中のみなさんの記念写真。島田太郎氏もいます(背がずぬけて大きい真ん中の方)。島田さんだけでなく、みなさん、日本の近未来を背負って立つ極上の企業人やグロービスの方です。ちょぼい私が、恥ずかしい・・・。
・・。

新型CR-V納車・・・別名、火の車号(笑)

今週はじめに車を乗り換えました。
長年乗り慣れたホンダエリシオンから、新型CR-Vです。

Dsc_04712

契約を終えてから、8月末に出たばかりの新型CR-Vの評判の悪さに辟易して、そうとう後悔をしましたが、せっかくの車だから、楽しく乗りたいと思っています。

前車がエリシオンプレステージだったので、やはり車格が違うのと、運転席まわりの豪華さが違うので、違和感があります。こんどのCR-Vはマスターピースという、サンルーフ車です。貧乏くさい運転席まわりの割には、値段が高く、また、出たばかりで値引きも小さく、いろいろ患いました。世間や評論家の評判の悪さは車の出来自体ではなく、値段設定の高さが一番の原因のようです。

それとエリシオンからダウンサイズしたいと思っていたのに、車幅が大きくなってしまって、そこも結構取り回しで苦労しています。日本の駐車場は概ねせまいので、とても止めにくく、買ってすぐに、買い物中の駐車場でとなりの車に傷をつけられたしまいました。まあ、車は少々傷がつくのは仕方がないですが、初日はきついですねえ(笑)

田舎暮らしですから、車は必需品。これから5年ほど、ローンに苦しむことになります。別名「火の車号」と呼んでいます(笑)

いろいろ評価の低い車ですが、2016年には世界で一番売れた車ですし、USAでは毎日1000台売れたそうですから、まあ、ホンダ製の外車を買ったと思って、大事に乗ります。

「さらば、エリシオン号!」

「さらば、エリシオン号!」

2008年2月からもう10年以上、ホンダのエリシオンに乗っている。とても気に入っている。車格はトヨタのエスティマよりもあって、かといってアルファードほどはでかくなく、大きい割には取り回しもよくて、値段もホンダの車にしてはリーズナブルだったと言える。最近のホンダ車は高いけど・・・。ホンダにはステップワゴンーステップワゴンーオデッセイとここ20数年乗りついだ。

その中、お気に入りの初代エリシオンは2014年7月に16万5千㌔で引退。冬場に塩カリをまいた高速道路や吉野の山道を走行することが多いため、車体の下側がかなり塩害をうけていたので、やむなく乗り換えた。当時、エリシオンはすでに製造中止になっていて、2代目は6年落ちの無限仕様の中古車であった。

この2代目もすでに14万㌔の走破を越え、そろそろ各所にガタが来始めているが、エリシオンにはともかくもの凄い愛着があった。で、来年3月に車検が来るので、もう一度受けて、乗りつぶそうと思っていた。だがしかし、ディラーさんに強く買い換えを勧められていた。このところ、ちょっとずつ不具合も出てきていたし、タイヤも買い換えの時期だったし、言われるとおり、遠出をするといろいろ心配もある。いろいろ考えるうちに、とうとう勧められるままのなりゆきで、思い切って、長年乗ったエリシオン号と突如、お別れをすることになったのである。

足かけ、11年。走破距離は2台併せて、30万㌔をすでに越えている。ながらくの私のお気に入りの足であった。良い車だったし、まだまだ名残惜しい車でもある。私は「名車」だと思っているが、あまり売れなかったのも事実で生産中止となったわけ・・・。ま、それはそれで走っている同車も少なく、希少価値もあったのだが。

ただ家族構成もこの10年の間にずいぶん変わった。母が亡くなり、子どもたちも次々と家から旅立ち、7人乗りの車はもう必要ではなくなって久しく、ガタイの大きいワンボックスは、還暦を過ぎた私にはいささか大きいのも事実。

で、もう卒業なのである。あぁ、なんか寂しい。さらば~友よぉ、さらば~、エリシオン♪ …どこかで聞いたようなセリフだ(^_^;)

10441276_696806867051972_5606266357

Dsc_0454

*写真は初代白と2代目黒のエリシオン号。

追記 さて、次はなにに乗り換えるのかは・・・来週のお楽しみ、です。

「林南院開山45周年記念大祭無事終了しました」

「林南院開山45周年記念大祭無事終了しました」

45342072_2203994219666555_637732680


45412374_2203994422999868_649078943


45516027_2203995602999750_746918007

11月3日に開催しました自坊林南院開山45周年記念大祭無事終了しました。

当日は絶好の大祭日和に恵まれる中、先週、八千枚大護摩供修行を終えられたばかりの五條良知管長猊下にもご帰山いただき、法華三昧法要と採灯大護摩供のお導師をおつとめいただき、盛大に行うことが出来ました。お弟子さんをはじめ、多くの法友のみなさまにもお手伝いいただき、慶賀の歳にふさわしい法要となりました。

父得詮住職が昭和49年に開山以来、足かけ45年となります。ちょうど日本がオイルショックで大不況に陥る中での建立だったため、たいへん苦労をしたようですが、なんとか法統を保ち、45周年を迎えることができました。心より御礼を申し上げます。

父と違って不徳の身ゆえ、寺門の興隆もままならず、父の代のような盛大さはありませんが、なんとか多くのみなさんのお助けを得て、継続させて戴いております。

昨日一日後片付けに右往左往しました。なかなか大変です。ようやく一段落をしております。

 

「八千枚大護摩供結願座前行」

「八千枚大護摩供結願座前行」

Img20181007063943594485

今年で金峯山寺の八千枚大護摩供は3年目。行者の五條良知猊下は結願座を前に、前行に入られて久しいが、私も昨日・今日・明日と助法の前行として朝夕に金剛蔵王権現供養法を行じている。

大護摩当日は供え行として、大護摩壇脇で、私は行者さんとともに、毎座、蔵王権現供養法を行じることになるので、その前行として、3日間を発願したのである。

昨日からここ丹波地方もすっかり朝夕に秋が深まり、寒ささえ感じる。本番の吉野は26日午後から27日お昼までの一昼夜。夜中はそうとう冷え込みそうである。

行者さまの無事満行と、「とも祈り」の成満を念じてやまない。みなさんも是非、吉野山蔵王堂にお出かけ下さい。

「祝!誕生日」

「祝!誕生日」

人間は生まれた瞬間から、誰でも、死ぬまで生きる。

今日で私はなんと63回目の誕生日を迎えた。

確実に死に向かって歩みを始めて、もう63年・・・。長い63年。短かったかもしれない63年。いずれにしろ、ホントにありがたい63年である。

「お誕生日には親に感謝を言いましょう。親がすでにいない人はお墓に言いに行きましょう・・・」とは誕生日の人に対して、ずっと私が伝えてきた言葉である。そんなわけで、私も今朝はまず、父母のお墓へ行ってきました。

で、もうすでに朝から大変たくさんの方々に、お誕生日祝いのメールや書き込みをいただきました。厚く厚く厚く御礼を申し上げます。

還暦を過ぎて、このところ、体調が悪かったり、肺炎や怪我をして不具合だったり、その都度、なにやかやと心が折れたりして、まあ、ろくでもないような時間を耐えていますが、だからこそ、ありがたいと思えることや、申し訳ないと気づくことが多くて、それはそれで人生の中で、大切な時間を過ごさせて頂いていると思っています。

「こんな人間なのに・・・」と今までの自分を省みて、己のことを知れば知るほど、本当に周りの人たちには感謝と懺悔しかありませぬ。敵も味方も、「みんな大好き!」です。

で、で、こんな人生を誰が予想したのでしょうか・・・
そして、これからの人生を誰が知っているのでしょうか・・・
などと、今さらながら思い煩う毎日なのです。

でも、ともかくも、63回目の誕生日に、あらためてみなさんの交情と友情に深く感謝をします。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。。

【拡散希望!】許せん、郵政省・・!!

Imgmain

【拡散希望!】許せん、郵政省・・!!

この6月にまたまた料金の改定が密かに行われたようで、今日、郵便局に「ゆうメール」を持って行ったら、定型封書が1通84円になっていた。定型封書って普通に出したら82円。それが、料金別納の手続きをして、料金別納のハンコと、ゆうメールのハンコまで押して、数もきちんと記入して、そこまで手間をかけて、なんで2円高いねん。

きけば改訂前は78円だったとか。その前はもっと安かったはず。それって詐欺じゃん。どういうこと?郵便局。

って文句を言ったら、0120-23-28-86 に電話しろ!って言われた。
みなさん、知ってましたか?

企業によってはわざわざ料金別納と、ゆうメールを印刷した封筒まで作っているはず。定型で50gを越えたら、料金があがるから、84円でもゆうメールの特典はまだあるけど、50g以下なら、2円損しますよ。

だっふんだ!!

知人友人探訪の第26回目

28942471_1528648570565668_840133465

「知人友人探訪の第26回目/渡邊恭章泉涌寺執事・神仏霊場会事務局長編」         

一昨年から、定期で収録してきた「知人友人探訪」最後のゲストは、薬渡邊恭章泉涌寺執事・神仏霊場会事務局長さんでした。昨日からYouTubeにもアップされています!

今回は3月23日放送分(奈良は1月16日)の渡邊恭章さんの回がアップされました。以下、です・・・。

○りてんさんの知人友人探訪/第26回です。長く続きました。ありがとうございました。

 →https://youtu.be/Lwd-fYXr-bE

*聞いていただいた方、よろしければご感想もコメント下れば幸甚です。

なお、過去、25回分の放送は以下にアップされています。

 →https://www.youtube.com/cha…/UC7QVbr1Vj7sbtHdYECt6Ufw/videos

でも今後もときどきは特別編で続けて行ければと希望しています。

「たなかりてんのとれたてワイド763」最終回

28947563_1834050403327607_517788965

明日はいよいよ2年にわたって出演させていただいた、地元綾部のFMいかるのお昼の帯番組「たなかりてんのとれたてワイド763」の最後の日です。

メインのコーナーの、「ここから始まる綾部学」は黒谷和紙の里から、⿊⾕和紙協同組合理事⻑の林伸次さんをお迎えします。知る人ぞ知るー綾部の和紙の歴史など、いろいろと伺います。午後12時半過ぎからの放送です。

もう一つの名物コーナ、ならどっとFMとの共同企画「りてんさんの知人友人探訪」には、神仏霊場会事務局長の渡邊恭章泉涌寺教学部長をお迎えします。

「知人友人探訪」午後1時過ぎ放送です。先日奈良で収録した分ですが、聞き逃したみなさん、お聴き下さいませ。

「とれたれワイド」の放送時間は正午から午後2時半まで。生放送です。
放送は

http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru 

こちらでリアルタイムにに聴くことが出来ます。

吉田拓郎さんの歌はお別れにちなんで「外は白い雪の夜」。哀しい名曲です。
そして2曲目は「明日に向かって走れ」です。・・・しんみりと、ちょっとセンチになったあと、でも、ぐずぐずせずに、顔をお上げ、明日に向かって歩みたい、という思いでリクエストしました。

番組の最後には「りてんさんの神と仏のオープンカレッジ」もあります。これも最終回です。一年間、好きにお話をさせていただいたコーナーですが、これもまだまだいい足りませんが、一応の区切りになります。新刊の告知もします。

まあ、最終回といっても、FMいかるの一員としてこれからも、機会があれば、番組には呼んでいただきますし、出演もしたいと思っています。

「知人友人探訪」のコーナーや「綾部学」のコーナーもまだまだやり残した、面白い企画はありますからねえ。

ともかく昨年傷めたノドの具合が悪く、こんながらがら声では申し訳ないので、しばらくおやすみをいたします。

写真は2年間、お世話になり、名コンビだった光枝明日香さんです。

「林南院の節分会」

「林南院の節分会」
27746173_1759872310745417_169630281





昨日、金峯山寺の節分会が終わりました。いよいよ次の節分会に向けての準備です。
 
ま、節分というのは立春の前日ーつまりおおむね2月3日に決まったものなので、次の節分会というのもへんなことなのですが、私は毎年、節分会法要を2度行っています。次は自坊林南院の節分会です。
 
Ccf20180131


今年の林南院節分会は2月11日(日)。
 
以下の日程で行います。
 午前10時半より 日数心経(全員でお唱えします) 
  ▽住職講話[今年の運勢のお話]
  ▽景品付き「脳天飴」を配布します
 正  午   昼食(田舎五目ご飯弁当)
 午後1時   幸せを呼ぶ星供採灯護摩供厳修
       …護摩中、参拝者全員に特別加持します
 引き続き、古札発遣・古札焚き(境内外の浄壇で梵焼)
 午後3時頃  お札授与、甘酒接待 
 
よろしければお出かけください。
少々、雪が心配ですけど、たぶん大丈夫です!!

より以前の記事一覧

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ