「つらつら思うに・・・」

「つらつら思うに・・・」

私は2歳の頃に肺炎で死にかけた・・・。この話は何度か講演でお話ししたり、ものの本にも書いたりしている。それが縁で、山伏に導かれたようなものである。

そして今回の肺炎罹患。還暦から数えると、生活をリセットしてやはり2歳の歳。あらためて人生二度目の肺炎なのだと気づいた。死ぬような病状ではなかったが、1ヶ月以上患うといろいろと気づくこともある。体以上に心がへばっているしね。

昨日の夢もなにか符合するような気がして、新たな思いで、今の自分を考えている。

でも、まあ、ここしばらくは安静安静・・・。

幸い今日の病院での検査結果は上々の内容だった。あいかわらず夜中の咳はひどいが、肺炎の炎症は回復基調にあることがわかり、安心した。これで病状まで悪化していたら、本気で長期入院するはめになってしまうに違いない。

空室がなく、入院せずに、また先月よりも重篤ではないので、しばらくは自宅での養生生活となった。もう少し我慢ですね。

夢のお告げ・・・

咳のおかげか、夕べは小さなまどろみを何度も繰り返す長い夜を過ごしたせいで、沢山の夢をみた。そのほとんどを覚えているが、最初の夢はショートショートの小説にしたいくらいの、奇妙きてれつな夢だった。そして、最後のみた夢の二つがとんでもなく、心を揺れ動かしてくれた。

最後から二番目の夢と最後の夢には父と、父と同じくらいお世話になった師が出てこられた。父はいまの私の体を心配してくれているのだろうと思う。昨日の法事のお礼のつもりなのかもしれないが、そのわりには母は来なかった。二人はあの世では一緒にいないのかなあと、わけのわからない、少なくともどっちにしろ、仏教的ではない考えで、そのことを受け止めていた。

最後の夢は、大きな意味を夢の中で、伝えていただいていたように思う。目が覚めて、思い出すほどに、私にはその意味がもの凄くよくわかった。夢の中で大きなものを授けられていた。

いづれも妄想とかたづけてしまえば、それだけのことである。
それも含めて、体の養生につとめなさいとの、たくさんの方からの夢のお告げだったと思っている。

「善と悪」ー田中利典著述集290617

「上求菩提下化衆生」ー田中利典著述集290617

 
過去に掲載した機関誌「金峯山時報」のエッセイ覧「蔵王清風」から、折に触れて本稿に転記しています。
 
肺炎罹患で、しばらく休んでいましたが、久しぶりのアップです。
 
*******************
 
「善と悪」
 
仏教、仏の教えとは何か?という問いに対して、有名な七仏通戒偈を以て「諸悪莫作、衆善奉行、自浄其意、是諸仏教」(諸の悪をやめ、善をなし、自らの心を浄化の努めること、これが時空を越えた仏の教えである)と明快に仏教では答えることは出来る。ではその仏教におけるとは、善とは何か、悪とは何かいうと、これがなかなか難しいが、実はこちらこそが重要なことなのである。
 
大乗仏教者における「善」とは菩薩道の実践である。つまり「上求菩提下化衆生」。この上求菩提下化衆生の精神に叶うことが善であり、それに反することが全て悪なのである。上求菩提下化衆生とは上には自分自身の菩提を求め、下には衆生を共に救うべき働きをすることである。
 
しかもこの上求菩提と下化衆生は別個のものではなく、即でないといけないという。まず自分が救われてから人々を救おうというふうに別々に考えるのは菩薩道ではないのだ。私も未だ救われていないけれども、私が高まることが衆生を救うことになるし、衆生のために働くことがすなわち自分自身の上求菩提の修行になる…そういうものでないといけないというのである。
 
そりゃあそうだ。自分が救われてから、人を救うなど、一生救われない身なるが故に、結局、いつまでもなにも出来ないということになる。
 
筆者は上求菩提下化衆生を、「上求菩提が下化衆生になり、下化衆生が上求菩提になる」と読み替えて、説明している。それが菩薩行なのである。自分が救われていなくても、人のためになにかをすることが自分をも救うことなんだ、という生き方である。
 
19149213_1472289712837013_821493220
そう考えると何が善で、何が悪のなのか、明確になるだろう。たとえばモノを盗んだり、人を傷つけたりすることで、自分が高まることはないし、人を導くことにもならない。だから悪なのである。またたとえば和顔愛語を実践することによって自分のこころも修行し、他人をも幸せな気持ちにする。だから菩薩行の善なのである。
 
われわれ行者の使命は菩薩行である。是非、善と悪とを、そういう上求菩提下化衆生に照らして考えてみて頂きたいと願う。人々のさまざまな懇請に対して、菩薩行として行うとき、それは全て善であり、自分の金銭的欲求や目先の欲で関わるのなら、それは悪業を積み重ねることになる。毎日の宗教活動、護摩修法や加持作法、それぞれの場面、それぞれの実践の場に即して、自らの心根を計っておきたいモノである。
 
ー「金峯山時報平成14年7月号所収、蔵王清風」より
 
*****************
 
さすがに15年前の記事です。青いなあと思います。でもここ、私の原点かもしれません。なかなか実践には結びつかないし、言ってるような生き方が出来てはいないのですが・・・。
 
*写真は役行者神変大菩薩(金峯山寺蔵)。私はその弟子としての子菩薩でありたいと思います

なにわともあれ、健康が第一

先月の今頃から今回の肺炎に罹患して、ほぼ一ヶ月になります。先月20日にあまりにシンドイので病院での診察を受けましたが、診断は気管支肺炎。

それから月末までの予定を全部キャンセルして養生につとめて、お蔭様で一時はレベル2(最悪の状態をレベル5とするなら・・・)まで回復しました。ところが、6月頭から仕事に復帰して、たちまちレベル4まで逆戻り。慌てて、実は4-7日の予定はキャンセルして、養生につとめ、再度レベル2まで回復しました。

しかしそこから、四国ー大阪ー神戸ー京都ー岐阜とキャンセル出来ない予定が続き、またまた昨日あたりからレベル3.5乃至4のレベルまで落ちてしまいました。外に出てもなるべく安静にし、家に帰れば寝てばかりの生活をしていますが、やはり出歩くのは体に障るようです。免疫力も衰えているのですね。気合いだけではどうしようもないみたいです・・・。

...

今日の講演会はなんとかやりおえ、明日と明後日は東京です。そこはなんとかやりきり、19日の父母の合同年回忌法要以降の予定をしばらく白紙に戻して、綾部に引きこもり、養生をしようと思います。

実は月末までほとんど全日にわたって予定が入っています。でも、ここで休まないと、月末に困ったことになるのがわかりました。ま、心を鬼にして断ろうと思います。みなさん、ごめんなさい。

親しい漢方医の先生から、再三、ともかく安静にしなさいといわれ続けてきましたし、多くの方から、長引くとはお聞きしていましたが、言われていたとおり、長引くし、安静にしない限りは病状が回復しないことが身に沁みてわかりました。

あと3日。なんとか乗り切ろうと思います。

なにわともあれ、健康が第一。ほんまにそう思います。

今日は清水寺へ。

「今日は清水寺へ」

 

今日は清水寺へ。
 
毎月やっています綾部のコミィニティラジオFMいかるの第4金曜日正午~2時半の番組「たなかりてんのとれたてワイド763」で、メインのコーナ「りてんさんの知人友人探訪」・・・。今月は奈良局での収録ではなく、京都の清水寺に伺い、森清範貫主さまにご出演いただきました。
 
Dsc_4251_2


まだ私の声は完治していませんが、なんとか30分弱のインタビューを終えることが出来ました。とても優しくわかりやすく、いろんなお話をお聞き出来ました。ご期待ください。
Dsc_4243_2


 
放送は6月23日正午から2時半までの番組の中、だいたい午後1時過ぎの予定となっています。
 
サイマルラジオで、どこでもリアルに聴けます
綾部→http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru
 
*写真は収録の様子と、大修理中の清水寺の大舞台。
Dsc_4260_2


武田鉄矢の「三枚おろし」

ネットをはじめてもう20年にはなる。最初はパソコン通信からはじめた。

いちりんさんとか北川さんとか菱村さんとか塙さんとか、ホントにながいつきあいをさせて頂いている。

さてそんな長いネット生活で、さんざん聞いてきた朝鮮や中国の反日思想については、多岐にわたってネット上ではいろんな情報や論議が展開されているが、なかなか、それは表のマスメディアには出てこない。

...

たとえば「○×言って委員会」でもちょこっとは出てもなかなか、その本質について、多くを語られているのを私は知らない。

それをラジオで正面から語り、YouTubeにもアップされているのを今日知った。武田鉄矢である。これ、面白い。

D48297842410691

いい悪いとか、悪意を招くとか、そういうことではなく、こういう見方もあることがなかなか言えない状況を自覚出来るだけに琴線にふれるものがある。よく言ったという感じである。

わかりやすいし、そんなに難しくなので、是非、聞いて頂きたい。ご紹介したい。

中国・韓国論
 → https://www.youtube.com/watch?v=b8WDxy_wDAc 

こちらの日本人論も面白い!両方聞くのがよいと思う。
 →  https://www.youtube.com/watch?v=TOIRbXmaG2U

「りてんさんとあのカンヌの河瀬直美監督」

「りてんさんと河瀬直美監督」
 
カンヌ映画祭で、河瀬直美監督の「光」が脚光を浴びているそうです。とても嬉しい。
あのキムタクの「無住の住人」は上映会が終わって、5分間のスタンディングオベーションがあったと報道されていましたが、「光」はなんと10分間のそれがあったと報道がありました。ジャ○ーズ事務所が力を上げて、いろいろ情報を流しているのでしょうけど、それを上回る拍手というのは、なんだか誇らしいですね。
 
まあ、河瀬監督は今年で8回目のカンヌ。ホームグランドみたいなものですからねえ。でも今年の作品の招待が決まったときには号泣したと新聞記事で知りました。映画作りってほんとに大変ですからねえ。簡単なことじゃないんだなとあらためて尊敬しました。
18052559_1226246820805846_485118048


 
さて、河瀬監督の新作「光」は今月27日から日本全国でロードショーが始まります。「無住の住人」も見ましたが、試写会で「光」もすでに見せていただきました。フランスでの評価は当然だと思いました。
 
さてその新作「光」の話も含めて、河瀬監督の映画作りについて、先日ラジオにお招きして、「りてんさんの知人友人探訪」でいろいろお話をお聞きしました。りてんさんとなおみさんの仲のよさも伝わってくるお友達トーク全開です。
 
「知人友人探訪」はすでに今月で16回続いていて、そのうち第1回~第3回まではYouTubeにアップしていますが、なかなかアップしきれていません。
 
いま、ちょうど河瀬監督の話題が盛り上がっているので、過去のものを置いておいて、先に4この月に放送した第15回「河瀬直美監督編」をアップしてもらいました。なおみちゃんはトークの達人です。めちゃ、面白いですよ。よろしければ是非お聞き下さい。
18072417_1226246837472511_102094032
 ↓
 
そして映画「光」にも行ってくださいね。27日からです。

明日は第二回目の「たなかりてんのとれたてワイド763」




明日は第二回目の「たなかりてんのとれたてワイド763」・・・

明日はお昼から、地元綾部FMいかる「たなかりてんのとれたてワイド763」に出演します。昨年4月からはじめました毎週水曜日のコメンテーターを卒業して、新年度からは月一回(毎月第4金曜日に固定)のパーソナリティとして、この番組をやらせていただくことになってまして、その2回目。

明日のお相手も光枝明日香さん。放送は今まで同様に、正午から午後2時半までの生放送です。よろしければ、お聞きください。

新番組からメインのコーナーが二つになっていて、ひとつは新企画の「ここから始める綾部学」。今回は綾部文化協会の木下和美会長様です。12時半頃からの放送です。

また、以前から続けている、ならどっとFMとの共同企画「りてんさんの知人友人探訪」には東大寺第221世別当で、現在東大寺長老の筒井寛昭さまを迎えて、お友達トークを繰り広げます。

18578841_1253970944700100_100795407

ただし、ご存じのように、気管支肺炎がまだ完治してないので、声が50%です。お聞き苦しいところは明日香ちゃんに助けて貰おうと思っております。

ラジオ放送は http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru ←こちらで全国どこでも、リアルタイムにに聴くことが出来ます。

*写真は「りてんさんの知人友人探訪」筒井長老編収録の様子。

「今夜の一言特集・H29年2月~4月編」

「今夜の一言特集・H29年2月~4月編」

ツイッターやフェイスブックで書き綴ってきた「今夜の一言」。これってその日、その夜、つれづれに自分の心に浮かんが言葉を吐露したもので、まあ、人前に出せるほどのものではないですが、オリジナル名言(迷言かなあ…)です。パクリはありませんが、パクった場合は出典を載せています。(^^;)

●29.3~
今夜の一言「大きいことは半分できても大きいぞ、小さいことは全部できてもしれたものや」 ~智信尼語録「慈聲」から

今夜の一言「感謝の気持ちが大きい人は心穏やかである。なにかと喧しい人は不平不満に心が占領されている。」

今夜の一言「自分の力などたかが知れてて、何事も周りの力のお陰である、ということに気づかないと、人はその先を前に進むことが難しくなる」

今夜の一言「今夜はありがたや、ありがたや、ありがたやと三度呟いて寝ることにします」

今夜の一言「体を大事にしましょう。そのためには日頃から心を安らかに清らかに整えておきましょう。」

今夜の一言「事件は現場で起こっているというが、突き詰めると、事件は自分の心が起こしているものとも言える」

今夜の一言「友達の数だけ幸せ度が上がる」

今夜の一言「人は誰でもいつかは死ぬ。だから生きている間は一生懸命生きていよう」

今夜の一言「もったいないと思うから、ありがたいのが身にしみる」

●29.3~
今夜の一言「人生の成功者の多くは運のお陰だと言う。運は実力なのである」

今夜の一言「思うようにならないのが人生、なるようにしかならないのも人生。情けない自分を受け入れるしかないのも人生」

今夜の一言「願いは10回言うと叶う。口に十で叶う。なるほど!」

今夜の一言「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せになるのである」

今夜の一言「腹が立つから怒るのであるが、腹が立ってもじっと我慢すれば怒りは起きない。怒らなければ、怒りはおさまるのである」

今夜の一言「天につば吐けば、おのれに帰る。それだけのことである。気づくも気づかぬも、おのれ次第と知るべし」

今夜の一言「今生きている有り難さや不思議さに思いを致たそう。文句など、言えようか」

Yjimage

●29.4~

今夜の一言「恩きせがましい生き方は品がない」

今夜の一言「あんなにしてあげたノニ、あんなに頑張ったノニ、というノニ病を直しましょう」

今夜の一言「失敗を犯すのが人間であり、失敗は愚かなことではない。愚かなことはその失敗をいつまでも悔いることにある」

今夜の一言「お前は無能か!」

今夜の一言「人には優しく、自分に厳しく、それが出来たら良いのにね」

今夜の一言「罰当たりの人生だと自覚するから、感謝と懺悔で生きていかなければと思う」

今夜の一言「人は自分の業を生きている。」

今夜の一言「怒りは不幸を招き入れ、笑いは幸せを呼びこむ」

今夜の一言「いつか幸せになりたいという人は今の幸せに気づけないまま、幸せになることなく、いつか死んで行くだけである」

今夜の一言「生きるとは繋がりである

今夜の一言「人が人であるために、言葉を大事にするのである」

今夜の一言「優しい言葉を使わなければ優しい心は育まれない。人は言葉に支配されるものである」

今夜の一言「はい、と、素直に言えない人間は出来損ないである」

どれかお気に召すの、ありましたかしら??

*写真は憧れの坂村真民さんの色紙。しんみんさんはいいなあ。

明日の、ならどっとFM「タイム784」/「りてんさんの知人友人探訪」のゲストは、東大寺長老筒井寛昭さんです!

明日の、ならどっとFM「タイム784」(毎月第3金曜日午後3時~4時)/「りてんさんの知人友人探訪」のゲストは、東大寺長老筒井寛昭さんです。

筒井さんは元華厳宗管長。1946年奈良県のお生まれで、1955年に東大寺に入寺し、68年甲南大学文学部社会学科卒業。2007年東大寺執事長・華厳宗宗務長に就任後、2013年5月~2016年4月まで第221世別当(住職)、華厳宗管長をつとめられる。独自の視点を交え、華厳経の教えや大仏にまつわる逸話を説く講話会も行っておられます。

18052869_1226246824139179_123366358

奈良局での収録では過去、興福寺副貫首の森谷英俊猊下や岡本彰夫元春日大社権宮司さまはじめ、薬師寺の村上太胤管長さまなど、多彩な方々に出て頂いて、毎回好評を得ています。先月はカンヌ映画祭グランプリ監督の河瀬直美さんでした(写真)。お友達トークで盛り上がりましたが、筒井さんともお友達トークをしたいと思います。

明日は午後3時から4時、是非、奈良の方はどっとFMで聞いてください。
   ↓
http://www.jcbasimul.com/?radio=narafm

奈良市以外の方は、サイマルラジオで全世界で聞けます→http://www.jcbasimul.com/?radio=fmikaru 

なお、過去の収録分は順次、私の新しい公式サイト→ http://www.tanakariten.com/ やYouTubeで順番にアップさせていただいています。

より以前の記事一覧

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ