「しししのはなし」

「しししのはなし」

51uewhiedml

私には悪い癖がある。なんでも安請け合いをしてしまう癖である。そのためにえらいことにたびたび出会っている。

過去に、JAXA(宇宙航空研究開発機構)や愛・地球博で講演したことなどはその見事な一例である。なんでも頼まれると身の程をわきまえず、受けてしまうのである。

実は今回も、来月開催される自殺防止学会といういささか重たいテーマの研究会での、特別講演を受けてしまった。その事務局から、講演の趣旨を書いてくれと言われて、今日、ともかく書いて出した。以下である。

***************

「生と死・・・修験道に学ぶ」

私は19歳の時と、その19年後の38歳の時の2度、親友を亡くしました。一人は大学時代に知り合った友で、知り合って1年足らずの頃、彼は自殺しました。二人目は中学時代からの親友で、突然の事故死でした。

私が生まれた時にはすでに祖父も祖母も亡くなっていたし、親しくしている親戚もなかったので、身近な人の死を目の辺りにしたのは親友の死が初めてでした。

「死」は「生」の裏返しであるとは世間でよく言われる言葉ですが、私にとって二人の突然の死を考えることは、その後の私自身の生と向き合うことでもありました。また私が自分の生と向き合うことで二人の友人の死がいまなお、私の中で生き続けているともいえます。

さて、私が属する修験道という宗教は、日本古来の山岳信仰に、神道や外来の仏教、道教、陰陽道などが習合して成立した我が国固有の民俗宗教でありますが、ひたすら実践主義を貫き、千年以上にわたり、大自然や山中での実践修行を重んじてきました。修験とは「実修実験」「修行得験」という意味でもあります。山に伏し、野に伏して修行する山伏の宗教で、その山の修行で「験力」(超自然的な神仏の力)を得たものを修験者というのです。

修験の教えはたくさんあります。そのひとつ、山での修行の心得として、「擬死再生」=一度死んで生まれ変わるという教えがあります。山での難行苦行の果てに、死を疑似体験し、そして神仏に浄化されて、ふたたび生まれ変わって山から出てくるといえばわかりやすいでしょうか。実際に山中では死ぬほどの苦しい体験もしますし、また儀礼的として「胎内くぐり」であるとか、捨身修行の行場も用意されています。

5歳のとき、山伏であった父に初めて山の修行に導かれ、それからかれこれ60年近く修験道の教えに触れてきた人間として、修験道を学んできた立場から、「生と死」について考えてみたいと思います。

*************

これを読むと、なんか、ものすごく面白そうな話が始まるみたいである。いや、私自身は講演会までにいろいろ調べて、今までとは違う視点で学び直そうと思っているのではある。で、安請け合いをするのである。

だがしかし・・・。そういいながらいつも大した下調べができないまま、当日が来てしまって、いつもの話で終始してしまうのである。

さきに書いたJAXAも愛・地球博の講演も、表題はかたや「宇宙飛行士と山伏」であり、かたや「水・森・いのち」というまったく違う表題であったが、内容はほぼご一緒。両講演とも講演録が出来たが、読み直してみると、ほんとに一目瞭然で、同じ話をしているのである。

今回の「生と死…修験道に学ぶ」は少しちゃんと下調べして、まともなものにしなくてはと思っている。

そんなときに、盟友を自他共に自認する宗教学者の正木晃先生から新著が届いた。これは本当にありがたかった。「生」と「死」をきちんと考え直す絶好の機会となった。

皆さんにもお勧めします。

「月刊大和路ならら」の今月号にて・・・

「月刊大和路ならら」の今月号にて拙著『よく生きよく死ぬための、仏教入門』(扶桑社新書)をご紹介いただきました。

ありがとうございました。

Ccf20180628

さすが世界の河瀨さんです!

親しくさせていただいている映画監督の河瀬直美さんが、昨日の産経新聞に拙著「よく生き、よく死ぬための仏教入門」の書評を書いてくれました。

https://www.sankei.com/smp/life/news/180617/lif1806170032-s1.html

扶桑社の担当編集長からメールが来ました。

「昨日の書評掲載の御蔭で、
アマゾンの総合ランキングが一時50,000位台から500位台まで(現下は700位台)、
書店のセールスも良化しました」

・・・ということです。さすが世界の河瀨さん、という感じでありがたいです。

512u4tm9zel__sx311_bo1204203200_

今日のお昼にAmazonを覗くと、

新書: 190ページ
出版社: 扶桑社 (2018/4/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4594079482
ISBN-13: 978-4594079482
発売日: 2018/4/29
梱包サイズ:  17.2 x 10.8 x 1.1 cm
おすすめ度: 
5つ星のうち 4.7
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 662位 (本の売れ筋ランキングを見る)  2位 ─ 本 > 新書 > 扶桑社新書
6位 ─ 本 > 人文・思想 > 宗教 > 仏教 > 仏教入門

・・・という素晴らしい成績です。ほんとうにありがたいです。
いまも877位という、私には信じられないレベルです。
まさに河瀬直美、恐るべし!です。

新著『よく生きよく死ぬための仏教入門』(扶桑社新書)発売!

512u4tm9zel__sx311_bo1204203200_

いよいよ発売となりました!!

新著『よく生きよく死ぬための仏教入門』(扶桑社新書)

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%8F%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%80%81%E3%82%88%E3%81%8F%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%85%A5%E9%96%80-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E5%88%A9%E5%85%B8/dp/4594079482/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1524360531&sr=1-1&keywords=%E3%82%88%E3%81%8F%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%88%E3%81%8F%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%85%A5%E9%96%80

かなり誇大広告とも思えるえるかもしれない表題ですので、レビューとかが怖いです。
『修験道入門』(集英社新書)などに続く、単著としては4冊目となりました。
まあ、こういう形で仏教を語るのも有りだとおもっていただいて、よろしくお願いいたします。

『大倉源次郎の能楽談義』

『大倉源次郎の能楽談義』

51ldfsbaq8l__sx350_bo1204203200_

今頃いうのも遅ればせながらなのですが、以前から親しくしていただいている大倉源次郎宗家が先月に「人間国宝」に認定されました。私より2歳年下なので、まだ今年で還暦という若さでの快挙。

その還暦祝いに、出版されたのが『大倉源次郎の能楽談義』(淡交社刊)。宗家から昨日贈られてきました。私も、内田樹さんや坂本龍一さんなど、著名人に肩をならべて、「私にとっての能楽」という連続コラムを執筆させて戴いているからです。

宗家とは、私が立ち上げから関係した、大淀町の「桧垣本座復興プログラム」でご一緒して、「紀伊山地の霊場と参詣道」登録記念の世界遺産広宣シンポジュウムなどで、トークセッションを何度かさせていただきました。

180センチの痩身の男前で、これで歌舞伎役者だったら、海老蔵でもメじゃないっていうくらいの伊達男。一緒にトークに出ると、バケモノと王子様くらいの違いを感じます。

また毎年の春の蔵王権現ご開帳前夜祭には、「ちびっこ桧垣本座」のみなさんと一緒に、奉納舞台を蔵王堂ご本尊ご宝前で、奉納いただいています。これも曲げて私からお願いして、来て頂くようになりました。

なにはともあれ、おくればせながら、知人の大慶事に、出版記念とともに、心よりのお祝いを申し上げたいと思います。

なお、私のやっているコニュニティラジオの「りてんさんの知人友人探訪」のゲストに、来年1月の出演(1/19)を快諾いただいています。乞う、ご期待下さい。

*ちなみに、私のコラムは167ページに掲載されています。

「よっぽどの縁ですね: 迷いが晴れる心の授業 (CDブック)」

「よっぽどの縁ですね: 迷いが晴れる心の授業 (CDブック)」大谷 徹奘 (著)

友人というほどのお付き合いはないが、なんどかご一緒したことのある薬師寺の若きエース大谷の徹っちゃん。携帯番号は交換したなあ。

昨日ローソンで、その大谷さんの新著を見かけたので、思わず買っちゃった。一法話分の、まるまるの法話録なので、いくら遅読の私と言え、さすがに買ったその日に一冊読んだ。良かったです。

51537lvfw0l__sx350_bo1204203200_

徹奘さんには到底及ばないが、私もそこそこ人前でお話はさせていただく。ただ、「りてんさんのは法話じゃないね…」とよく指摘を受けるが、大学の授業ともいえないし、講話とも言えないし、どこか説明調であり、とうてい、僧侶の法話としては、なりたっていないことは自覚している。漫談でもないのですけど。(笑)

その点、やはり、薬師寺のエースだけあって、まことに法話らしい法話。しかもありきたりの法話ではなく、型破りで、聞く者をぐいぐいと徹奘ワールドに追い込んでいく。引き込むというより、追い込むという感じ。そんな素晴らしい内容だった。

徹っちゃんはあの名僧高田好胤和上の直弟子。和上に憧れ、和上を目指して、日夜活躍をされている・・・という情熱を会えば感じるし、オーラもすさまじいが、本著でも、それは行間ににじみ出ている(なお、まだCDは聞いていない)。

髙田和上は私にとって、龍谷大学の直系の先輩だが、残念ながら、面識はない。

一時期、「金峯山寺を発展させるにはどうしたらよいか」と人に尋ね歩いたことがあった。そのとき、同じ答えを多くの人からいただいた。曰く「薬師寺の高田好胤さんのような人がお寺から出ることだ」といわれたのだった。

考えた末、「髙田好胤さんのようには到底なれないが、田中利典は田中利典にはなれる」という、いささか意味不明にして、無謀な考えを以て、40代から20年近くを突っ走ったことがあり、髙田和上は私にとっても憧れと目標の人である。

結局、言葉通りに、私は高田好胤さんのようにはなれなかったが、まあ、田中利典さんらしいものには、それなりになれて、60代を迎えることになった。

そんな和上のお弟子の徹っちゃん。彼もまた、髙田和上の模倣ではなく、平成に生きる髙田和上=大谷徹奘になっておられて、とても、気持ちよかった。私とは「よっぽどの縁」と、までは言えないかも知れないが、まあまあの縁をいただいている。

とはいえ、私には到底及ばないパワーと見識の傑僧です。本書、お薦めします。

「佐藤愛子著/私の遺言・・・」

「佐藤愛子著/私の遺言・・・」

佐藤愛子さんの『私の遺言』(新潮社/2002年10月刊)、本著の64頁に、先に逝去された北海道のくま先生=山口順昭大和尚のことが、実名で紹介されています。

すでに書きましたが、私は先生のご自坊新冠の馬頭観音寺に半年ほど寄宿していました。そのとき2度ほど、佐藤愛子さんの別荘に先生と共にお邪魔したことがあり、先生と佐藤さんとの交情を目の当たりにしました。文章の中に、その交情のほどを垣間見る気がします。

512xh4fv6yl__sx349_bo1204203200_


Dsc_5004

狐憑きのお祓いの話が載っています。「ヨシのキツネ」という短編小説になっていますが、そんなような場面は、新冠での半年の間で、私も何度が経験しましたし、その後の私の大きな力になりました。祈祷師/里山伏はそういうことを経て、一人前にしていただくわけですから…。

まあ、私はあまり得意な分野の活動ではありませんので、あらかじめ、そこのところは、お断りしておきます。くま先生とは違って、なにぶんともへなちょこ山伏ですからねえ。

アイヌのひとたちのことも含めて、北海道はまだまだ前近代的な精霊とか、動物霊や魔物との垣根が低くて、そういう世界が広がっていました。いわゆる霊媒体質ともいえる佐藤さんの本、面白いですね。

『聖の社会学』(イースト新書)読破!

『聖の社会学』(イースト新書)読破!

勝桂子さんの著書『聖の社会学』が手元に来て、9日がかりでようやく読み終えました。

いいわけなのですが、私はすんごい遅読です。それは読むのが遅い、というより、読みかけのままで、次々に新しい本を手にしてを読み出すという癖があり、つねに20冊くらいは併読をしています。それで、ついつい、1冊を読み終えるのに、時間を要してしまうのです。勝さんの本も、ものすごく読むほどに面白いと思いながら、9日も掛かってしまいました。

で、先にお詫びをしなくてはいけないです。

この「聖の社会学」を読み始めての感想をFBにアップしましたが、はしがきのところだけを読んで、インサイダー、アウトサイダーという違和感について綴りました。これは大きな間違いだと読み終えて、思っています。

最初に論評したFBでは、ひろさちやさんの評論無責任主義をアウトサイダーという、過去に行ったシンポジュウムでの批評を加えて、ひろさんのスタンスになぞらえている部分がありましたが、大きな誤りでした。ようは内外関係なく、いまの日本人の宗教事情についての。勝さんの憂いと提言が本書には満ちていることに気づきました。はしがきの印象だけで書いてしまったことをお詫びします。

本の中でも書いておられますが、内と外の間で、僧侶と一般の方の通訳をなさっているようなお立場に終始した著述でした。

それゆえに、読み進むなかで、「そうそう、そうなんだよ、その通りその通り」と思うことがたくさんありました。

とはいえ、「え・・・」とか、「うーん」とか「これは違うなあ」と思うこともありましたが、それと同じくらい、「凄いなあ」と思うことがたくさんあって、かなりジェットコースターにのっているような気持ちで読んだのでした。(笑)

51db0v1bgl

山折哲雄先生や小川英爾和尚や高橋卓志さん、井之上昭代さん、はたまた加藤悦子さんなど、本書に出てくる人間関係は私と重なり合うことも多く、出会うべくして出会った本だったと思いました。

昭和10年代から団塊の世代にかけての、敗戦の災禍がもたらしたあの時代人の精神文化の退廃も含めて、いまの「墓じまい」「寺院消滅」を推し進める流れは、もう何年も前から私もいろんな講演会などで警鐘を鳴らしてきていたので、本書の意図はよーくよくわかります。・・・ま、寺院消滅は言い過ぎで、淘汰されるだけでなくなりはしないでしょうし、たくさんの立派なお坊さんが黙っていませんから改革されて、消滅せずに見事に生き残るお寺はたくさんあるはずです。

もしかすると、それより心配なのは宗派消滅なのではないかと私は思っています。

ともかく大いに賛同することばかりでした。そりゃあ、いまの現状をみれば誰だってそうおもいますよね。

私のことをいうと、多くの方がご存じのとおり、奈良県吉野の総本山金峯山寺を中心とする修験教団「金峯山修験本宗」で45歳から60歳まで、あしかけ15年間は宗務総長という教団の重職を務めました。その間たくさんの教団改革を試みました。もともとうちはお檀家を抱える檀那寺が末寺には少なく、いわゆる祈祷寺や個人で活動をする行者さんの修験教団なのですが、それでも戦後の歩みの中で、いろいろ硬直化していることも多く、幸い若くして管長様から宗務総長を任じられたおかげで思い切りチャレンジ出来ました。60や70になってから教団のトップをやっても、なんにもしませんからねえ。

そういう身の上故に、なお、あえて言うなら、この本に書かれている内容を僧侶自身、宗門自身が声高に言わない現実を、ときには腹立たしく、ときには憂いを感じながら、読み終えたのが正直な気持ちです。

是非、なにはさておき、前線で活躍するお坊様方に読んでいただきたいと思いました。

神宮寺の機関紙「遊行帳」

松本の高橋卓志和尚さまから神宮寺の機関紙「遊行帳」最新号(42/69特集号上巻)が届きました。

Dsc_4633

おもえば20年近く前になりますが、全日本仏教青年会の全国大会メインイベント「葬式仏教をぶっとばせ」というフォーラムで、ひろさちやさんvs高橋卓志さんたちとのトークバトルのコーディネーターを私が務めさせていただいて以来のお付き合いがあります。

そのときは、高橋さんのスーパースターぶりをトークの中で賞賛して、こっぴどくひろさんに怒られたことがありました。懐かしいです。実は、あれ以来ひろさんの勘気をいただき、没交渉となりました。昨年ひさしぶりに奈良県宗教者フォーラムでおであいしましたけど、ひろさんはあいかわらず評論家無責任主義で、元気溌剌でした。

それはともかく、本書を一気に隅から隅まで読ませていただきました。特集「42/69」では高橋さんの父上の明治の神仏分離以降衰退した神宮寺再建のご苦労と、神宮寺ルネサンスの道筋が詳しく書かれていて、とても感動をしました。「修験道ルネサンス」を提唱している私としては、なんだか言うだけでなかなか行動や実績がともなっていない自分の活動を反省してしまいました。

またもう一つの特別記事、「SOGI」編集長の碑文谷さんとの対談(私もSOGIの取材をうけたことがあります・・・)も核心をついた内容で、葬祭仏教にはほとんど関わらない私ながら、たいへん興味深く、読ませていただきました。

次号ではきっと高橋さんのスーパースターぶりが詳しく報告されると思いますが、期待しています。ひろさんは高橋さんのスターぶりを賞賛した私を叱責し、いささか高橋さんを揶揄されていましたが、ひろさんが言うように、私もみんながスーパースターになれなくても、ぜんぜん問題はないと思っているし、逆にそれをお手本に、それぞれの場面でそれぞれば頑張ればいいのです。そして、だからこそ、スーパースターの存在がものすごく大切だと思います。たとえば高橋さんだけではなく、私は新潟の小川英爾和尚や大阪の秋田光彦さん、釈徹宗さんなどとも御縁がありますが、そういういわばスーパースターのお坊さんが若い人からもどんどんでれば、仏教会全体がもっと活性化するのは間違いありません。

そんなことを思いながら、読ませていただきました。

42/69特集号下巻の.次号ではきっと高橋さんのこれまでのスーパースターぶりが詳しく報告されると思いますが、期待しています。

堤未果さん・・・

昨日、新著の企画打ち合わせで、以前から知り合いの扶桑社の方と出会った。その席で、堤未果さんの『増補版/アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)』を頂戴した。おととい、本書のイベントが京都であったようで、わざわざ私の名前入りサイン本をいただいた。

Dsc_4547


Dsc_4544

夜中、寝られなかったので、一気に読んだ。日本でも共謀罪法案の成立をめぐり国会論議が行われたように思うが、本書を読んで、アメリカで起こっていることが確実に日本ででも進んでいるということだとわかる。

それにしては野党もマスコミも問題の核心を突かない論議ばかりで、ホントにこの国、大丈夫なのかと、空恐ろしい気持ちになった。

なんで、どうでもいいようなカケ・ソバ問題などに狂騒せずに、こういう国民の利益に直接繋がることへの、まともな論戦が行われないのだろうか?野党はどこをみているのだろうか?

寝られない夜が、ますます寝てられない夜となった一冊である。

より以前の記事一覧

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ