「悠久の聖地~吉野へのいざない」

Dsc_4852

「悠久の聖地~吉野へのいざない」      

明日から実はドトウの日々。

17日 大阪 信貴山管長祝賀会...
18日 奈良 ならどっとFM生番組
19日 自坊ー東京 朝から脳天護摩供、そして上京
20日 東京・浅草寺誇り塾研修
21日 舞鶴 月参り法要
22日 大津 東南寺説法随喜
23日 東京 まほろば館講座「悠久の聖地~吉野へのいざない」  
       +東京in吉野の集い

というような毎日となります。病み上がりの身なので、重々用心しながら過ごします。

で、今日のうちには東京での講座のパワポを制作しておかないとやばいので、昨日から頑張っていました。ようやくできました。
今回は過去に講演会では使ったことのない秘蔵の映像もご紹介します。

乞う、ご期待ですが、残念ながら、すでに半月前から受講は満席です。ありがたいことです。

「ゴルゴ13と国際宗教同志会講演録」

「ゴルゴ13と国際宗教同志会講演録・・・」

国際宗教同志会の70周年記念として刊行された講演録記録誌が手元に届きました。

実はこの国際宗教同志会に私が正式に入会したのは昨年のことなのですが、2005年に本会主催による「愛・地球博」でのシンポジュウムにお声がけいただき、基調講演をさせていただいたという古いご縁があります。今回お送りいただいたのは、そのときの講演録が所収された記録誌で、過去に出演されたまさに日本を代表するようなそうそうたる講師陣に肩を並べて、載せていただいたのでした。

恐れ多いことこの上ないと、今さらながら、私の厚顔無恥にあきれる思いでいます。

ところでこのときの講演発題は私にとっても、数ある講演録の中でも極めて大きな意味を持つものとなっています。とりわけ以下の部分がのちのち、大きく世に伝わることとなりました。

・・・今回の愛知博『こころの再生・いのり』館出演に際しましては、三輪隆裕先生(日吉神社宮司)と三宅善信先生が先般、吉野にお出でになり協力依頼の要請があり、私ども金峯山寺とご縁ができたことがきっかけです。そのご縁で、本日発題者としてこの場に出させていただくことになりました。

そのご来訪の折、三輪先生から、ご自身が10数年前に上梓された『国家神道の成立とその背景』という論文を頂戴いたしましたが、私はその文中に驚異の数字を発見しました。それは何かと申しますと、明治期に『神仏分離令』というものができ、あろうことか、明治5年には『修験道廃止令』まで布告となり修験道は禁止となりましたが、その『修験道廃止令』により職を失った修験者(山伏)の数が、なんと17万人だったそうです。これは、実はすごい数字なんです・・・

引用部分の最後、「明治に職を失った山伏の数、17万人」というのは、このときの講演会で初めてお話をしたのでした。そしてこの「17万人」という数はその後、盟友である正木晃先生をはじめ、いろんな方によって徐々に世に紹介されることとなりました。調べていただければわかりますが、三輪先生の論考以外で、2005年のこの講演録以前に、「17万人の山伏」という文言はほとんど使われていなかったのでした。

この数字はその後一人歩きをし出したのです。またそれを通じて、修験道廃止の、ことの大きさについて、多くの方に知っていただくことにもなったのです。

あまりに広がったので、ちょっと怖くなって、三輪先生にあらためて出典を確かめたくらいです。しかも先生もその出典先を失念されていて、大探しをした経緯があります。見つかりました。中山太郎氏の著作『日本巫女史』(大岡山書店/1930年刊)でした。

Dsc_4614

ところで本稿の表題を「国際宗教同志会講演録とゴルゴ13」というミスマッチなものにしたのは、この17万人に由来しています。

いま、コンビニの書店コーナーに並んでいる漫画・ゴルゴ13シリーズのビックコミック版No196(7月13日号)に載っている「震える修験者」では、ゴルゴ13が右腕のしびれを克服するために、大峯山前鬼で修験者修行に入るという話が登場しています。

そのストーリーの中で修験道の説明がなされるのですが、ここでも「明治に17万人の山伏が職を失った」という話が出ているのです。ゴルゴ13と修験者という組み合わせにも唸りましたが、この17万人という数字がいかにメジャーになっているかをあらためて知った次第です。

実にそのきっかけが、この国際宗教同志会の70周年記念として刊行された講演録に載った私の講演だったのです。いやはや、なんだか、怖くなっちゃいました。

「能楽と田中利典さん」

「能楽と田中利典さん」

もともとは能楽にはあまり興味もなかったし、学もないのに、2001年に蔵王堂での「蔵王権現能」を企画や、大淀町の「ちびっこ桧垣本座」に関わったりして以来、能楽のみなさんとご縁が出来て、公演のリーフレットに原稿を依頼されたり、能楽関連のシンポジュウムに出たりと、厚かましいことに、ちょいちょいご一緒することが増えている。

Image

Image2




この秋・冬も能楽公演や講座に出演させていただく。秋は11月10日の東京・観世能楽堂での津村禮次郎さんの公演イベント。津村さんとは映画の上映会トークでご一緒して以来の2度目。「修験と巡礼」という表題でお話をします。

また来年1月20日には豊田市能楽堂での講座に呼ばれている。以下、告知チラシを添付する。よろしければお出かけください。

19001


19002

まあ、山伏の歴史からすると、能楽との関連はたくさんあるのだから、ありがたいことではあるが、肝心の私の知識が付け焼き刃なので、その辺がばればれ…、いささか恥ずかしいです。

根っからの馬鹿なんで、なんでも断らないから、こういうことになるのだろう。(^_^;)

  「綾部ロータリークラブ 卓話」

Dsc_4184


「綾部ロータリークラブ 卓話」

今日のお昼は綾部ロータリークラブの卓話に招かれて、京あやべホテルに行きます。写真は今日の卓話のパワポの表紙です。

ご存じのとおり、私は15歳で、綾部を出て、45年間、不在でしたので、綾部でのご縁が極めて少なく、そういう意味で昨年から地元のコミュニティラジオ「エフエムいかる」に出していただいたりして、綾部人を学び直しています。

実はロータリークラブは、NHK大阪放送局局長の依頼で出向した大阪ロータリークラブを始まりに、奈良ロータリー、奈良東ロータリー、橿原ロータリー、大和高田ロータリーなど、たくさんのロータリークラブに呼んでいただきました。

そんな中で、今回、地元の綾部ロータリークラブの卓話にお声がけいただいたことは大変名誉なことであり、嬉しく思っております。

幸い肺炎もほぼ治りまして、なんとか間に合いました。よかったです。

表題は「山伏、大いに語る」ですが、卓話は30分ですので、かすれ声でリハリビ中の私にはちょうどよい長さですね。

「紀伊山地の世界遺産と日本のこころ」ー修験道の世界からー

Ccf20170529

来月8日に四国に行きます。新居浜市仏教会におこえがけいただいて、仏教講演会に出向します。

まあ、さすがにその頃には祇園の舞妓ちゃんも先斗町の芸姑さんも、みんな悪い菌は消え失せてくれているでしょうから、無事につとめられると思います。

演題は「紀伊山地の世界遺産と日本のこころ」ー修験道の世界からーというまあ、ざぁっとして表題です。主催は新居浜市仏教会。実は新居浜ははじめての地。ちょっとわくわくです。

チラシはファックスでいただいたものしかないので、画質がわるくてすいません。

今年もやります「りてんさんといく蔵王堂夜間拝観と修験講座」

16788378_1265053140251076_145404655

今年もやります「りてんさんといく蔵王堂夜間拝観と修験講座」
・・・是非、ご参加下さい。

4月22日~23日にかけて、吉野山/金峯山寺蔵王堂・秘仏蔵王権現夜間拝観に参観し、田中利典金峯山寺長臈の修験講座や法話会を聞くツアーを募集します!30名限定ですので、ご希望の方はお急ぎ下さい。

*****************

本講座は田中利典長臈が関東のみなさんを中心に、広く一般の方々に呼びかけして、蔵王権現さまとのご縁を結んでいただこうということで開催されます。関西からの参加も大歓迎です。

内容は本年4月1日から開扉されている秘仏蔵王権現さまの夜間特別拝観に参加するほか、田中利典長臈の修験講座「蔵王権現入門」や本地堂特別法話会への受講、宿坊東南院での宿泊と研修ほか、3度の食事会と懇親会など、もりだくさんの日程で行われます。

*現地吉野山集合、現地吉野山解散。
*参加費は23000円(研修受講費、宿泊代・食事代3回・夜間拝観/日中拝観料、税込み)
*申し込み問い合わせは 
 Eメール yosino32@nifty.com

詳しくは直接田中利典までお問い合わせ下さい。(Facebookのメッセージでも可)
*最小催行人数(10名)に満たない場合は中止することがあります。

主催 東京行者講
協力 「なら縁巡プロジェクト」実行委員会

「8分間修験道入門」ー田中利典著述集290216

31908_461853723880622_1387733191_n

「8分間修験道入門」ー田中利典著述集290216

4年前の2月14日に、東日本大震災復興支援の企画(奈良県・観光庁共同)で、東大寺、薬師寺、法隆寺、興福寺、唐招提寺、西大寺をはじめ、春日大社、石上神宮など、奈良県を代表する寺社のみなさんとともに、当時金峯山寺の執行長だった私は、福島県郡山市での「祈りの回廊フォーラム」(会場:郡山市郡山公会堂)での講演に臨んだ。

そのとき私に与えられた命題は、修験道1300年の歴史をわずか8分でしゃべれと言うミッション。そのときに生まれたのが「8分間修験道入門」。

その講話草稿を、今日はアップします。

*******************

「8分間修験道入門」

○プロローグ

長いこと生きていると、ときどき、とんでもない無理難題に遭遇するものです。今日の講座では8分で修験道1300年の概要をわかりやすくお話ししなさいという命令を、奈良県さんと観光庁さんに命じられました(笑)。えらいことです。どう考えてもほぼ無理ですが・・・ともかく頑張ります。

○神と仏はほぼ同じ

神と仏というと、現代人は、どうしても別々に分けて考えてしまいがちです。しかし、私たちのご先祖は、神と仏を分けて考えたりはしませんでした。両者の距離は、現代人では想像もできないくらい、近かったのです。

日本に「仏」が、正式なルート(仏教公伝)で入ってきたのは六世紀半ばと言われています。今から1470年くらい前のことです。このとき日本人は、仏を神の一種として受け入れました。今まで拝んできた自分たちの神にたいし、外国から新しく入ってきた神という認識です。それは仏を「蕃神(あだしくにのかみ)」と呼んだ事実からよくわかります。

もちろん、争いが全然なかったわけではありません。教科書にあるように、排仏派の物部氏と崇仏派の蘇我氏が戦いました。しかし、戦いはこれっきりでした。崇仏派が勝利した後、1300年間はさしてもめることなく、仲良くやってきました。人間関係にたとえれば、蜜月状態といっていいでしょう。その原因は、仏教が急速に日本化したことにあります。

たとえば、伝来当初につくられた木製の仏像の多くは、クスノキを素材にしています。なぜクスノキかというと、クスノキが神の木としてあがめられていたからです。いわゆる霊木信仰です。このように、仏教は日本に入ってきた最初の段階から、もともとこの国にあった神信仰をとり入れ、神信仰と融合していくのです。

これに対して神信仰もまた、おおいに仏教の影響を受けました。そもそも日本の神信仰は、難しい教理的な操作とはあまり縁がありませんでした。宗教を哲学的に構築したり説明したりするために欠かせない教義も、ほとんどありませんでした。ですから、この領域における仏教の影響は絶大でした。神信仰に教義という発想を導入し、神信仰を体系的に整えさせたのです。その結果、誕生したのが神道です。造形面での影響も甚大でした。神社建築も神像造立も、大きく仏教の影響を受けています。

神と仏の仲むつまじい関係は、日本の宗教に、決定的な足跡をのこしてきました。神と仏が、争わず、互いを敬い祀りあう関係こそ、日本の宗教の特質と言っていいのです。

私の課題「修験道」というのは、その神の祈りと仏の祈りを併せ持った、そういう日本の宗教の土着的な特質の上に成立する信仰で、開祖の役行者以来、神と仏を分け隔てなく尊び、その結果、権現信仰のような神と仏を融合させたものさえ生んだ日本独特の民俗宗教なのです。

○修験道とは?

ではその修験道とは何かということになるのですが、私は三つの視点で説明をしています。

①まず第一は「山の宗教」―いわゆる「山伏の宗教」ということです。山に伏し野に伏して修行するから山伏というわけです。

その山伏はどこで修行するかと言いますと、これは山林であります。つまり大自然が道場なのです。

我々山伏修行では少々の雨、風があっても、決められた所をひたすら歩いて行きます。一日に約十~十三時間にもわたり歩くこともあります。それもただ歩くのではなくて、まさに木を拝み、岩を拝み、お日様を拝み、大自然そのものを拝みながら、祈りながら行ずるのです。自然というのは、山伏にとっては神、仏が在ます世界です。まさに神、仏がおられることを前提に修行を行います。

②二つ目は、宗派を超えた実践宗教であるということです。

実際に自分の身を使って行ずるのです。山林抖數の山修行だけでなく、滝に打たれることもありますし、托鉢や座禅をすることもあります。とにかく自分の体を使って行う実践的な宗教というわけです。しかも修験道というのは「道」ですから、あまり宗派宗義には拘らない。

実際、我々の山修行にはいろいろな宗派の方がお出でになります。禅宗の方もお出でになることもあるし、天台宗や真言宗の方が参加されることもある。神官さんも参加しています。このように宗派を超えて実践していく宗教が修験道と言うことができます。修験道とは実修実験、修行得験の道とも言われています。

③三つ目は、神と仏はほぼ同じで述べたように、神仏習合を基盤とする極めて日本的で、多神教的な宗教であるということです。

八百万の神々と八万四千の法門から生ずる仏達を分け隔てなく祀ってきたのが修験道なのです。

この東北の地では羽黒山に羽黒権現様がおられますが、本地(元の姿は)は観音菩薩。仏が羽黒の神となって祀られたのが羽黒権現なのです。吉野は蔵王権現、熊野は熊野権現、白山では白山権現、石鎚山は石鎚権現という風に、日本人は全国のあらゆる土地、霊山に神と仏の融合した権現神(仏が権化して現れた神)を祈り、祀ってきました。神も仏も祀るという多神教的で、しかも仏教と神道が融合し、まるで仲むつまじい夫婦が生んだ子供のような存在が権現信仰であり、修験道であると言うことができるでしょう。

○まとめ

明治に行われた神仏分離、修験道廃止の施策以降、わずか140年ほどで、儀礼の上でも信仰の上でも、神と仏の関係は多くが失われてしまった感があります。

しかし。吉野から勧請して山の名前が蔵王となった山形と宮城に渡る蔵王で行われる花笠音頭のように、まだまだ土着の信仰や多くの民俗行事の中に、権現信仰や、神と仏が融合した形がとどめられているです。

8分で全部をご理解いただくのは無理なのではありますが、私は時間通りに終わるという信条があり、ちょうど時間となりましたので、これで終わりたいと思います。ありがとうございました。 (了)

ー2013年4月14日、福島県郡山市「祈りの回廊フォーラム」基調講演から

**************

このとき、8分間で、修験道1300年を語ったので、これ以後、少々の無理難題を強要されても、わずかな時間で修験道論がこなせるようになりました。(笑)

*当時の「祈りの回廊フォーラム」でのイベントの写真。

大峯行者が語る修験道の世界~

D3b_2481140906webfin

来年1月はまほろば館に参上!!いつも満員にしていただきます。お申し込みはお早めに。

*************

連続講演「世界遺産『吉野大峯』の信仰と修行」(全5回)~第4回 大峯行者が語る修験道の世界~

...

平成29年1月20日(金)17:00~18:00

奈良県吉野山の金峯山寺をはじめとする文化遺産によって構成される世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」は、修験道などの儀礼や修行が今なお生き続けていることが世界遺産として大きな価値となっています。
本連続講座では紀伊山地の霊場と参詣道の信仰世界と修行の実態をご紹介し、吉野大峯の歴史や文化を体感していただきます。

1.日  時:平成29年1月20日(金)17:00~18:00
  2.講  師:田中 利典 師(金峯山寺 長臈)
  3.会  場:奈良まほろば館2階
  4.資料代等:無料
  5.定  員:70名(先着順)
  6.申込方法:
・ハガキまたはFAX
必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
   電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

7.主 催 :世界遺産吉野大峯活性化事業実行委員会、奈良まほろば館

詳しくはここへ→ http://www.mahoroba-kan.jp/course.html

今日は午後から福祉講演会です・・・

Ccf20161119

今日は午後から福祉講演会に招かれて、綾部で講演をさせていただきます。

ここ20年、JAXAや立命館大学、昭和女子大、朝日カルチャーセンターなどなど、いろんなところでの講演会に呼んでいただきましたが、地元での講演会はこの6月の京あやべホテルでの凱旋?講演会につづいて二度目です。

あまり地元では私のことを知っていただいていないんで、こういう講演会を通じて、たくさんの方々と出会わせていただけるのはありがたいことだと思っています。

地元の方にたくさんきていただければ嬉しいです。握手会もしますので・・・。 (^^;)

11~12月に開催する私の講演会

14484714_1174523469280307_377566260

この秋11~12月に開催する私の講演会、フォーラム、イベントのご案内です。

①11月19日:綾部講演会
あやべ限定情報・・・11月19日午後2時~3時あやべ松壽苑にて講演会をさせていただきます。よろしければ、おいでください。入場は無料。講演後には、握手会+著書サイン会も行います。

②11月21日:大阪紀伊山地三霊場会議フォーラム
紀伊山地三霊場フォーラム「日本の宗教と自然環境」
 …講師に仏教学者山折哲雄先生と金剛峯寺前座主の松長有慶猊下などをお招きし、
   日本の宗教文化と自然環境保全についてお話を伺います。
日時:11月21日(月)14:30〜17:00(開場14:00)
会場:あべのハルカス25F「大会議室」
入場料:1,000円 
基調講演1
「吉野の自然と土倉庄三郎・岸田日出雄」
講師:池田淳氏(吉野歴史資料館館長)
基調講演2
「役行者・空海・一遍と紀伊山地の自然〜環境保全と日本の宗教」
講師:山折哲雄氏
(宗教学者/一般社団法人自然環境文化推進機構代表理事)
対談「紀伊山地の宗教文化と環境保全」
山折哲雄氏、松長有慶前金剛峯寺座主(紀伊山地三霊場会議顧問)
〔司会〕田中利典金峯山寺長臈(紀伊山地三霊場会議顧問)
**ただし、もう申し込みはソウルドアウトしました。

③種智院大学講座 「寺院運営論」ゲストスピーカー
「修験道の世界①~修験道とは?」
日時:11月22日午後4時半~
会場:種智院大学
**ただし、一般未公開

④映画『躍る旅人−能楽師・津村禮次郎の肖像』関西上映会
京都シネマ12/3 上映後のトークイベント
12/4田中利典(修験僧)×津村禮次郎×三宅流
趣旨:
「津村禮次郎さんがバリのガムラン及びバリ舞踊とのコラボレーションを行ないました。10日間ほどかけて交流しながら創作しました。
能とバリ舞踊の持つ様式や身体性の差異と共通点、そしてガムラン音楽と能のお囃子の差異と共通点、互いにリスペクトし合い、その中で交感を深めていき、最後はあたかもそういう芸能が最初から存在したかのように、びっくりするほど融合していく姿は感動的です。また突然のスコールや停電、鶏や犬やとかげが稽古中にも紛れ込み、自然と人間の境界線が緩やかになっているのも魅力的です」
*詳しくは以下参照 http://www.odorutabibito.com/

⑤種智院大学講座 「寺院運営論」ゲストスピーカー
「修験道の世界②~山の行より里の行」
日時:12月6日午後4時半~
会場:種智院大学
**ただし、一般未公開

⑥誇り塾講話会
12月18日(日):東京国立博物館 黒田記念館 午後2時開講
(一部)田中塾頭講話 (テーマ)利典さんの仏教講座1 仏教とはなんぞや?
(二部)仏教学者正木晃先生講話 (テーマ)仮題:世界の中の仏教
(三部)田中vs正木座談会
会費:5000円 ・・・会員さん以外も体験的に参加できます。
   申し込みその他は yosino32@gmail.com までお問い合わせください。

***************

11月12月の時期はなにかと講演会などの依頼も多い。今年も過去の例年並みに、お声をかけていただいている。金峯山寺を勇退して、激減するかと思われたが、まあまあ、お声がけをいただけるのはありがたいことである。

種智院大学はこの5月から客員教授に招かれたが、今年はゲストスキーカーとして2講座を担当させていただいている。実に、金峯山寺時代よりははるかに時間はたくさんあるので、もう少しご依頼があればありがたい次第である。

より以前の記事一覧

本・著作

最近のトラックバック

Twitter

  • Follow me
  • Twitter
    TwitterPowered by 119
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ